メインメニュー

中華粽(ちまき)

中華の粽(ちまき)は、和菓子のような日本のものとは随分違って、点心あるいは食事のひとつです。また、中国の中でも、地方により相当な違いがあり、広東地方の粽は、シンプルな北方地方の粽に比べて味付けにこだわった粽です。

粥菜坊の粽は、もち米を笹の葉っぱで包み、しかも生もち米から作っているので、葉の香りが全体に行き渡っています。もち米以外には、緑豆、落花生、椎茸、大きな豚肉を入れており、緑豆をたくさん使うのが、広州の粽の特徴です。ぎっしり詰め込んだ中身を、糸でしっかり締めるので、見た目は小さくても、食べ応えは十分。緑豆は、熱中症の予防にも効果があるので、夏の体調維持にも有効です。是非、お試しください。

Posted at 2011年07月19日 08時16分34秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*