メインメニュー

横浜中華街食材探検ツアー 【粥菜坊パパのフロク】

2011年6月27日(月)

料理教室の生徒さん達と16名で、横浜中華街を歩きました。食材探検は今回で約5年ぶり3回目です。“食材探検ツアー”と命名している通り、食材店にどどっと入っていって、うちのかみさんがいろんな品を説明していきます。これは粥菜坊で使っているビーフンで他とはここが違うとか、前回の料理教室で使った笹の葉はここで買えるとか、腐乳はこういうポイントで選ぶとよいとか…。漢方を結構置いてある食材店もあるので、効能や飲み方を教えたりもします。決して、日本人一人では入れないような、地下にある物産店にも案内したりして。かみさんの説明を聞いているだけでも楽しいですが、皆さんの手荷物もどんどん溜まっているようでした。

何店か歩いて行くと気が付きますが、全く同じ品物でもお店で値段が随分違います。ものによっては、2倍3倍も違うのです。これには、皆さんビックリです。

途中で、ランチタイム。中華街の中でも、数少ない私達夫婦がお気に入りのお店、大珍楼さんに皆をご案内。食べ放題を選びますが、他店の食べ放題とは相当違います。伝統的な広東料理の作り方がされていて、かみさんはここのレストランだと広州に戻った気になるそうです。私は生ビールを3杯も飲んで、美味しい料理を腹いっぱい食べて、皆さんとの会話もはずんで、久しぶりに中華街を楽しみました。ごちそうさまでした〜。


(左から)店内で中華食材を説明中。皆さんで“ハイ、茄子(チエズ)”

Posted at 2011年06月29日 01時13分01秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*