メインメニュー

黄ニラと海老の春巻

黄色いにらは高級中国料理に使われる食材ですが、ご存じない方も意外と多いのでご紹介します。にらは、刈り取るとそのあとに残った株から再び新芽が出て来る、年に何回も収穫できる野菜です。黄にらは、青にらと別にあるのではなく、青にらを収穫した後の株に、黒いビニール袋をかけて日光や風をさえぎって白い色にさせたものです。だから、光の遮断に失敗すると、普通の青にらになってしまいます。ホワイト・アスパラと同じですね。味はほのかに甘くなって、香りは淡くて上品です。

さて、この黄色いにら。ニラですから、スタミナ食材に変わりありません。なのに、ニラ特有の臭みはなく、ニラが苦手の方でも、何の問題もありません。上品に美味しくて、しかも元気が出る食材、黄にらを是非お試し下さい。


(左から)黄にら、黄にらと海老の春巻

Posted at 2011年07月19日 08時19分26秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*