メインメニュー

宮城炊き出し行脚 (6)中休み編 【粥菜坊パパのフロク】

2011年6月21日(火)

前編シリーズは各編をクリック >(1)準備編 (2)出発編 (3)南三陸町歌津編
(4)NHK報道裏話編 (5)南三陸町歌津編2

●行脚四日目 6月10日(金) 中休み

日程のなか日であるこの日は、もともと何かのハプニングに備え、予備日で考えていました。ここまで順調であるし、同行してくれたメンバーも自分以上に動いてくれているので、しっかり休んでもらわないといけないし。そこで、一日まるまる休むことにしました。

朝、ゆっくり休んだ後、観光地探し。ありました。すぐ近くに、中尊寺金色堂。何とかなるさの勢いで、地図もなく出発。多少、道に迷ったものの、お昼前には到着。わんこそばの看板が目に入り、そういえば、ここはもう岩手じゃん、ということで先ずは腹ごしらえ。


放り込むわんこそばではないものの、こんなに豪華

そして、中尊寺境内を1−2時間散策。途中で、豪雨に遭って雨宿りするはめになるけれど、炊き出し中でなくてよかったぁ〜。



そのあとは、近場の平泉温泉に入り、暗くならないうちにキャンプ場に戻りました。次の日の仕込みと、荷物積み込みがありますから。

さて、ここで同行したメンバーのご紹介。

うさちゃん: アーティスト。鎌倉在住。個人で個展を開いたり、グループで展示会を開いたりしている。一昨年、中の条ビエンナーレに出展し、今年もスタンプ作りを手伝うため、夏から秋にかけて忙しくなりそう。遺跡の発掘作業にも興味があって、そういう仕事をすることもある。



りさ: 以前、毎年粥菜坊が実施していた“ライチ狩り&広東料理満喫ツアー”に参加、一緒に広州へ行く。2年半に及ぶアジア・中近東の放浪を終え、震災直後、やっと帰国したと思ったら、すぐに岩手に飛んで行ってボランティア1カ月。海外の放浪生活は、リサ婆の勝手にしやがれに書かれていて、面白い。私の放浪癖なんか、足元にも及ばないつわもの。

二人とも、日程の中で、何の不平も一言も言わず一生懸命付き合ってくれました。粥菜坊が抱える宝物です。

夕食は、いつものように鍋ですが、すっかりこの辺りの名物、油ふにはまってしまいました。美味しい。普通のおふとは、ちょっと違うんです、ということで連日食べました。次の日は牡鹿の先端まで行くので、朝5時出発。早く食べて、早く寝ます。



TO BE CONTINUED・・・

Posted at 2011年06月21日 15時09分03秒

 
この記事へのコメント



未タイトル

中尊寺観光&わんこそば&温泉の日帰りツアーとは、
疲れた心身に効く、完璧な1日岩手観光!ですネ。

それにしても、油麩は美味しいですよね〜〜
甘辛く煮て卵とじにしてばかりでしたが、鍋もイケるのですね!?
(写真を見ても感じますが、フーフーしないと熱そう。。。)
今度、チャレンジしてみま〜す。
Posted by ゆの at 2011/06/21 16:54:23



はまった油麩

ゆの様へ

コメント有難うございます。食べそこないましたが、油麩丼なるものもあるそうで。キャンプ場の管理人さんが言ってました。そうですか、卵とじにして食べるのが普通ですか。実は知りませんでした。何となく、鍋にして食べちゃえみたいな。美味しくて、いつも鍋にしてました。今回のお土産で持ち帰ったのは、もちろん油麩でした。
Posted by 粥菜坊パパ at 2011/06/22 06:18:34



油麩丼

登米「油麩丼の会」HPに、作り方が載っています。お試しあれ!
私の食べ方もコレで、1日目は煮物で食べ、味が浸みた翌日に玉ねぎなど追加して丼にしてます(多めに作らないと翌日の分が無くなる…)。
こちらでは仙台麩という名で売られているようです。
近所のスーパーには無いので、駅前デパ地下に行った時に買っています。
Posted by ゆの at 2011/06/22 17:07:37



旅ってやっぱりいいもんだ

ゆの様へ

そうですか。油麩丼の会なんてありますか。まだ見てないですが、今度覗いてみます。今回の旅で、登米と聞くと急に親しみがわいてくるようになりました。昨日も登米産のお米を見つけて、そうそう、あそこお米も有名だって言ってたっけ、どんなパッケージだなんて手に取ったりして。今まで気にもかけなかったものが急に気になるようになって、気になると、結構、登米って有名なんですね。旅ってやっぱりいいもんだ。
Posted by 粥菜坊パパ at 2011/06/24 09:56:17

コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*