メインメニュー

宮城炊き出し行脚 (5)南三陸町歌津編2 【粥菜坊パパのフロク】

2011年6月21日(火)

ここまでの経過は各編をクリック >(1)準備編 (2)出発編 (3)南三陸町歌津編
(4)NHK報道裏話編

●行脚三日目 6月9日(木) 南三陸町歌津地区名足Part3

今朝も快適な朝。雨もなく、すがすがしい朝を迎えました。歌津への道は2度目なので、迷う心配もなく、のんびりと朝食を食べて遅めに出発します。前日、NHKの取材も無事に終わって緊張感も和らぎ、今日は楽勝のはずでした。が・・・


キャンプ場の朝

余裕をもって現地に到着。歌津の衝撃的な家屋崩壊現場も少し見慣れましたが、海を見てはしばし茫然とします。何も考えまいと思っても、涙が自然と頬を伝わります。


一番左の写真、海に向かって座り込んでいるのが私、粥菜坊パパです

・・・などと、涙しているわけにもいかず、元気を出して今日も炊き出しの準備を始めます。メニューは、中華あんかけのスパゲティと前日と同じ広東粥。支度を始めると、区長さんの奥さんがクーラーボックスに飲物をどっさり入れて持ってきてくれました。名足って、こんな時でも気を使って頂ける所なんです。ちょっとの飲み水でさえ、貴重なはずなのに。


スパゲティにかける中華あんと広東粥、仕込み中です

実は、今回の炊き出しに合わせて120リットル入る寸胴鍋を買ったのですが、それに見合うしゃもじを買い忘れ、大変な目に合います。しゃもじを底まで入れると、手で持つ部分がほんのわずかしか残りません。作り始めて4時間もすると、とろみが出て重いうえに、とても焦げやすい。けれど、回し続けてないとならないのです。へたにお粥に触れたら大やけど。最後はしこを踏むような格好で回し続け、へとへとでした。

さて、今回はスパゲティを茹でるのに時間がかかり、多くの皆さんを少々お待たせすることに。でも、皆さんにお待ちいただいたことで、行列ができて盛況な感じの写真が撮れました。初日は順調過ぎて、行列はあまりできませんでしたから。皆さん、待ってくれてありがと〜う。(もっと早めに麺をゆでておけばよかった)


盛況に見えるのは手間取ったからでした(ご愛嬌です)


“在宅9件35名”この場合、いっぺんに35名分の量が配られます。

最後は、会長さんたちと記念撮影をして、見送って頂けました。心温まる歓待をいっぱい受けました。実は、炊き出しなんて、機械的に作って機械的に終了することが普通で、こんなに胸にじ〜んと来るものではありません。歌津に名足にきて、本当に良かったです。


左の写真の一番右が会長さんです

TO BE CONTINUED・・・

Posted at 2011年06月21日 12時23分32秒

 
この記事へのコメント



未タイトル

本当に素晴らしい炊き出しができましたよね〜
確かに、炊き出しのイメージは一回こっきりって感じですが、やはり2日間に渡って炊き出しをされたっていうのが、全然普通の炊き出しと違うところでしょう!
見ていて、粥菜坊さん達の想い入れが伝わる報告でした。
それにしても、山本さん、すぐに泣いちゃうんですね〜(笑)
Posted by ママ’sハート庭野 at 2011/06/21 23:03:35



泣くということ

ママ’sハート庭野様へ

そうなんです。3月から涙腺緩みっぱなしです。ちょっとしたことでも、涙が出そうになるんです。でも、日本全国みんなそうですよね。震災関連ニュースや、ドキュメンタリーでみんな泣いていると思います。でも、震災当時はともかく、今では悲しくて泣くよりも、感動して、人に「よかったね。」という思いで泣く方が多いのだと思います。そうなら、自分のことより人を思いやることが、今、日本中に溢れているのかもしれません。
Posted by 粥菜坊パパ at 2011/06/22 14:09:33

コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*