メインメニュー

ふれあい交流会 at 国際交流センター 【粥菜坊パパのフロク】

2011年6月18日(土)

川崎国際交流センターから“ふれあい交流会”というイベントの講師に招かれて、地域振興・国際交流のために一役買ってきました。中国料理を教えて、皆さんと食事をして、中国の風習・文化も写真を見せながら紹介して、楽しく過ごしました。

取り上げた料理は、次の3品:
,劼肉と豆腐の蒸しもの
⊇婀き
E鰺佞閥箘匹離妊供璽

3品それぞれを、皆さんの前で披露。ひき肉と豆腐の蒸しものでは、何皿もあるので蒸し器が足りないものの、フライパンも使えるし、ボールでも蒸せる、蒸し器でも箸を使えば何皿も重ねられますよと皆さんの分を一気に蒸します。


(左から)ブロックから挽肉を作ります、皿を重ねて蒸します

時間の関係で、皆さんで実施した実習は春巻きの巻き方だけでしたが、たかが巻き方、されど巻き方です。次のことを紹介して、皆で巻き始めます。:
・皮には、表と裏があって、間違えると見た目が悪いだけでなく、油を多く吸ってしまうこと。
・具を多めに入れてしまうと、具から出る水分で皮のパリパリ感が失せ、春巻きの美味しさが台無しになってしまうこと。
・上手に巻かないと、油に入れた時に、片方ばっかり焼けて両面同等に焼けないこと。(うまくひっくり返せないのです)結果、焼くのに時間がかかるし、見た目も良くありません。


(左から)巻き方を披露、みなさんで春巻を巻きます


巻き方で出来上がりの違いを説明します

皮に裏表があるとは知らなかったと驚いてる人もいました。デザートも出来上がって、皆さんで食事会です。デザートには無縁と思える食材を使ってのデザートに、皆さんビックリ。でも、美味しんですよ。


(左から)湯葉と銀杏のデザート、皆さんで食事会

この後、写真を見せながら中国広州の生活を紹介しますが、プロジェクターがうまく作動しないハプニング。コンピューターのモニターを使ってのスライドショーになりましたが、何とかやりくりできました。みなさん大いに楽しめた会になったと思います。

Posted at 2011年06月19日 02時19分18秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*