メインメニュー

料理教室で肉まん、宇都宮で広東料理 【粥菜坊パパのフロク】

2011年4月11日(月)
招杏明の広東料理教室

今日の料理教室は、肉まんを作りました。参加者全員で、小麦粉から練り上げた生地に、にんじんと豚挽肉をベースにした具材を生地の中に包み込んでいきます。「わぁ、家で肉まんが作れるんだぁ」と驚いている人もいます。

生地づくりには、うちのかみさんが、小麦粉やパウダーの原料を量りで量っていたので、みんなビックリ。というのは、彼女はどんな料理でも、普段は全く量りを使いませんから。そういえば、腸粉を作る時も量りを使っていたっけ。どうやら、生地などのベース作りと、料理で調味料を加えるのとは全くべつなことのようです。

さて、生地作りは力が勝負です。残念なことに、パスタを作る器具を持ち込む予定でしたが当日見当つからず、結局、麺棒を使いました。これが、苦労で、体重を乗せ腕に力を入れ、空気をめ〜いっぱい出さなくては、美味しい肉まんができません。何回も何回も麺棒を回し、空気を出し切ることで、もちもちの萬頭ができます。実験に、全く麺棒で押さない肉まんも作ってみました。なるほど、萬頭の部分はすかすかでした。みんなで試行錯誤しながら色んな肉まんを作り、発酵させ、ふかして、おなかいっぱい食べました。うちのかみさんは、腱鞘炎再発ぎみですが、このあと10日間のお休みに入るので、まぁいっか。


(左から)ふかす前、ふかすとこんなに大きくなります。


2011年4月7日(木)
金萬福氏のお店で広東料理

福島県での炊き出しの帰りに、常磐道から東北道へ出て、宇都宮に寄りました。宇都宮餃子を食べてみたかったものの、今回は2年ぶりに金萬福氏に会いに彼のお店へ。以前は、テレビや映画で活躍していて、ちょっとした人気者だった彼は、今は宇都宮の『竹園』で総料理長を務めています。

夕方の開店前に、彼と近くの台湾スィーツのお店で合流。開店に合わせ、お店に席を移します。食事の注文は、金氏と直接やりとり。綿密?に味付けを打ち合わせして、そのあとは、どんどん料理が出てきました。うちのかみさんが、金氏に料理を習いたいと感じるほどの数少ない本物の味だそうです。でも、夜ごはんは帰宅後、子供と一緒に食べる約束もあったため、そこそこで切り上げ、車で帰宅の途に。美味しい紹興酒が飲めなかったのが残念でした。


金萬福氏と記念写真

Posted at 2011年04月16日 09時37分25秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*