メインメニュー

久しぶりの横浜中華街、油断大敵、 快感!北海道のスキー 【粥菜坊パパのフロク】

2011年2月7日(月)
久しぶりの中華街


数か月ぶりに横浜中華街に行きました。1月の料理教室で中国のりを使ったスープを作ったところ、家でも作りたいという方が多数いたので、中国のりの買い出しでした。

久しぶりに行ってその変貌ぶりに驚き。残念というか、寂しいというか、よく買い物をした小物のお店や家具のお店がいくつか閉店していました。その分、手相や占いのお店がはやっていて多数目立ちました。確かに、中国の占いや手相はなかなか信憑性がありそうな気がしないでもありません。それと、このご時世、将来に不安な人と、小資本で開店できる両者のマッチングなのでしょうか。

さて、今日は大珍楼という広東料理のお店でランチをしました。中華街には広東料理のお店も多々ありますが、クオリティと値段の許容範囲を考えると、大珍楼はうち夫婦のお気に入りです。ここは昔ながらの広東料理が多くあって、うちのかみさんもメニューを見ているだけで楽しいようです。生ビールを昼から3杯も飲んで、おなかいっぱい食べて御機嫌の一日でした。


ちょっとお正月気分でした


2011年2月1日(火)
油断大敵


私の家では、両親で店をやっているので、小学生の子供を一人家でほおっていることが多々あります。昔に比べて暖房も電気製品が主流なので、その点では安心なのですが、とんでもないことが発生しました。こたつから火が噴いたそうです。子供もちょっと大慌てで、急いで周りの小物をどけたそうです。翌日その話を聞いて、こたつを見てみると、コードが破損していました。こんな具合に。



大ごとにならないうちに、気がついて良かったですが、どの家庭でもありることと思います。電気製品だからといって油断せず、日常的に簡単なチェックは怠らないようにしましょう。



1月4日(火)〜6日(木)
快感!北海道のスキー


子供が冬休みのうちにと思い、北海道へスキーに行ってきました。札幌テイネに行きましたが、スキー場の景色が普通とちょっと違っていました。普通は、遠方に山々が連なるのですが、テイネはずっと平地の台地が果てしなく拡がり、石狩湾も見えて水平線が拡がるのです。ゲレンデは広いし、雪はさらさらだし、子供も上手になったと錯覚したに違いありません。



残念だったのは、美味しい海鮮や石狩鍋も楽しみにしていたのに、ある口コミサイトで探してわざわざタクシーで行った居酒屋が残念でした。毛ガニは水気が飛んでかさかさ、タラバ蟹は足の付け根のかすの部分を出され、おまけに運ばれてきた生ビールも、すかすかの泡で。2泊しかない大事な大事な夕食なのに…。北海道の人から本当の口コミを聞いておけばよかったです。


運ばれてきたスカスカ泡の生ビール

最後の日(その夜羽田に帰ってきました)は、そうとうな雪が降って、雪が降らない広州で育ったかみさんは大興奮。吹雪いて、ひざぐらいまで積もった雪なんて初めてだったのでしょう。実は、この吹雪も単なる序章で、次の日は大雪。東京でもトップニュースになるほどで、危うく一日違いで、足止めを食らうところでした。


白い恋人パークにて

Posted at 2011年02月10日 08時22分17秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*