メインメニュー

粥菜坊の餃子 4〆數啓偉篥瑜子の焼き方

粥菜坊で焼く餃子のパリッ、カリッとした焼きあがりはなかなか定評のあるところです。通販やお持ち帰りで、ご家庭で焼く場合は是非ご参考にしてみて下さい。こんな具合に焼けるはずです。


 〔おおさじ2をフライパンに入れ、冷凍生餃子を並べます。水を餃子の1/3〜1/2程度が浸るくらいまで入れ、フライパンに蓋をし、中火にかけます。
◆〔が強くはねる音がし始めます。あとは、音がほぼなくなるまで待つだけです。その間、ときどきフライパンをレンジの上を滑らすようにくるくる回します。
 油のはねる音がほぼしなくなったら、火を止めて出来上がりです。(焦げ目が足りない場合は、油を若干足して弱火でもう少々焼けば、より焦げ目がつきます)

ポイント
・餃子は解凍はせず、冷凍のままフライパンにお並べ下さい。フライパンは温める必要はありません。
・フライパンのフッ素が剥がれていたり、鉄製のフライパンだと、上手に焼くのは難しくなります。
・窓付きの蓋があれば使い易いです。
・フライパンをくるくる回すことで、出来上がりのむらをなくし、きれいに焼けます。
・油のはねる音が小さくなることは、水か油のどちらかがほぼ無くなったことを意味します。水がなくなったのに火を止めるタイミングが遅れた場合、黒焦げになりがちです。逆に油がなくなったのに火をつけていてもジュワジュワしているだけです。

お皿に盛り付ける際、餃子同士がくっ付いていても、箸を境目にいれて餃子をゆすれば簡単に離れます。

Posted at 2010年06月20日 15時01分32秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*