メインメニュー

4〜6月のイベント・キャンペーン

《4月のイベント》
4月で粥菜坊は6周年。今年は飲茶食べ放題を実施します。
4月24日(土)・25日(日)
●粥菜坊のオープンは6年前の平成16年4月です。当初は、お昼だけのお店で、全部で20数種しかなかったメニューも、今では全部で90品目ぐらいまでに成長しました。この6年間、広東人が作った本当の広東料理を身近に、さらに手頃なお値段で少しはご紹介できてきたのではないかと思っています。さて、例年4月はこうした何周年をお祝いして、食べ放題を実施しています。今年は、少し趣向を変えて飲茶(ヤムチャ)の食べ放題を実施することにしました。品目は、牛肉しゅうまい、叉焼まん、焼きビーフン、水餃子、広東粥、黒ゴマの胡麻団子が食べ放題で、これに中国茶をお選び頂くことを予定しています(多少の変更はあるかもしれません)。日程は4月24日(土)・25日(日)の2日間で、おひとり様2,000円となります。昼夜問わず実施しますので、お誘い合わせの上、是非ご来店下さい。

《5月のイベント》
薬膳玄米粥 “翡翠”“山水”“牡丹”のキャンペーン
5月8日(土)・9日(日)
●昨年後半から手掛けてきた薬膳玄米粥のシリーズ、青玄米粥“翡翠(ひすい)”黒米玄米粥“山水(さんすい)”赤米玄米粥“牡丹(ぼたん)”が出揃いました。せっかく栄養満点のお粥であっても、美味しくなければご注文頂けないので、栄養や穀物の相性を考えるだけでなく、美味しさも驚いて頂けることを目標に仕上げました。どれも、玄米や豆類・穀物をふんだんに使っていて、お粥からレンゲをすくい上げた時に、思わず「わっ、体に良さそう」と言ってしまいそうなお粥です。さて、シリーズの完成に伴って、5月8日(土)・9日(日)の2日間は、通常840円のところをどれも700円でご提供することにしました。薬膳とか玄米と聞くだけで抵抗がある方は、この機会に先ずは食べてみて下さい。その食べやすさに先入観が変わって、食事の選択肢が増えるかもしれません。

《6月のイベント》
干し牡蠣って食べたことありますか?
6月12日(土)、13日(日)
●牡蠣(かき)は冬を代表する味覚ですから、この時期、ちまたのレストランの表舞台からはすっかり姿を潜めていることと思います。しかし、中国広州では、季節はずれでもおいしいものは一年を通して味わいたいのでしょうか、干した牡蠣を一年を通じ、幅広い料理法で食べています。そうした干し牡蠣も、日本では皆さんも目にしたことがないのではないでしょうか?そこで、粥菜坊では、牡蠣が季節はずれであるからこそ、乾物を使って未知なる牡蠣のおいしさをご提供したく、6月のイベントに6月12日(土)・13日(日)の2日間、干し牡蠣粥を用意することにしました。700円でのご提供です。干し牡蠣粥には、生の牡蠣では味わえない風味、牡蠣独特のもっちりした食感や磯の香りが凝縮されています。是非、この機会に干し牡蠣粥をご賞味ください。

Posted at 2010年03月28日 08時32分13秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*