神奈川/東京にある足と靴の専門店「ドイツ足の健康館 赤い靴・バイタルステップ 赤い靴」の商品情報やイベント情報、またちょっと専門的な足と靴の情報をお届けします。
メインメニュー
2010-11 の記事

靴の修理-2- かかとの...

「かかとの外側から靴底がすり減っていくのは、歩き方が悪いせい?」


これはお客様からよく尋ねられる質問です。

‘外側から靴底がすり減る’歩き方は、正しい歩き方です。

人間は骨格上、内踝より外踝の骨の方が少し下側についてます。
そのため、かかとから着地すると自然と外側に荷重が流れ、
靴底はなだらかに外側から減っていきます。

MBT歩き方でも着地時に外側に荷重が流れるので、
MBTも使用後かかとの外側だけ減っている状態が
正しい歩き方をしている証拠になります。

MBTの修理は最下部のゴムが薄くなったら、
シューグーという靴底補修材(\1,390)でご自宅修理 or
お預かりで店内修理(\2,100)で修繕可能です。


一体化しているウレタンソールは部分補修できないと思われがちですが、
フィンコンフォートガンターなどの健康靴やスニーカーでも
すり減ってしまったら、減った部分だけ靴底の部分補修はできます!

【新品】
【使用後、修理前】
【使用後、修理後】

※靴底の部分補修は修理の面積で異なりますが、\3,000前後です。





・すり減り方に極端な左右差がある
・内側がすり減っている

靴底がこのような状態の方は、腰痛・膝痛の原因の表れかもしれません。
痛みなど症状も伴っている場合は、中敷で補正することも可能です。
お気軽にご相談ください。


あなたの靴底は正しい減り方ですか?
足に合う靴を長く履く為にも、定期的なメンテナンスを!



ドイツ足の健康館へはこちらから

Posted at 2010年11月02日 16時37分52秒