東海ビレットのホイール修理・塗装はハイパー塗装、リフレッシュ塗装、レストアを当社の工場で行っております。東海ビレットまで、愛車で直接ご来店頂ければ、その場でホイール修理させていただきます。当社では、形成・溶接・削り・磨き・塗装までの全行程を、ひとりの担当者が責任を持って行います。熟練した職人が1つ1つ一貫して、その場でお客様のホイールを修理しており、ご納得いただける高い技術力を提供いたします。
メインメニュー
2010-09-06 の記事

アシャンティ カスタ...

今回はメッキが腐ってしまったアシャンティのフルレストアカスタムペイントです。



まずは分解してコンディション確認です。

メッキが浮いた状態が目立ちます。
メッキが残った状態ではレストア不可能と判断。
お客様には大変負担になりますがメッキを剥離する事に…

レストアメニュー
1.OUTリム&ディスクメッキ剥離
2.3ピース分解
3.腐食除去研磨
4.*ドライプロテクター
5.ディスクMADブラックパウダーコート
6.OUTリムグロスブラック
7.OUTリム縁取り塗装(シルバーメタ:ウレタン塗装)
8.INリムブラックパウダーコート
9.ピアスボルト再メッキ




メッキを剥離した状態です。
思っていた以上にアルミも腐食が発生していました。
メッキ剥離は自社工場では不可能な為、専門業者に剥離してもらいます。…これが結構高額!!

OUTリムの根元部にかなりのアルミ腐食が発生しています。

腐食を完全に除去し再腐食を防ぐため必殺技を駆使します。
ホイール修理屋さんレベルではなかなかここまでやるお店はありませんのでじっくり紹介しましょう!!
まずは研磨しある程度腐食を削り落します。
結構削りましたが腐食は完全には除去できず残ってしまいました。これ以上削ると強度的に不安な為残った腐食部はショットブラストで綺麗に除去します。、研磨はここまで…

このままの状態で塗装しても又のちのち塗装が浮いてくる可能性がありますので*ドライプロテクターで処理します。ブラストでできた腐食部の凹凸もこいつでフラットにします。
通常、凹凸や巣穴はパテで補修しますが、弊社では耐久性を重視しパウダーコートのドライプロテクターを使用します。(*ドイプロテクター:パウダーコート下処理剤)


これで凹凸と巣穴は塞ぎましたがこれではまだ不十分。
こっからもう一度表面を軽くサンディんグしてフラットな状態にします。


これで腐った部分や巣穴はドライプロテクターの熱処理により埋まり、なお且つサンディングで表面も綺麗なフラット状態になりました。

OUTリムの下処理は完成です。
ここまでやれば再腐食は発生しないでしょう。

INリムも同様の施工をしました。

ピアスボルトも傷んでいます。
再メッキしました。

お次はパウダーコートカスタムペイントです。
OUTリムグロスブラック
ディスクMADブラック
INリムグロスブラック
パウダーコート完成!!

回転精度を計りながら組み付け。

3ピースですのでコーキング処理もしっかり


完成!!


お客様より装着画像を送っていただきました。
感謝感謝。


Posted at 2010年09月06日 14時43分10秒  /  コメント( 0 )