東海ビレットのホイール修理・塗装はハイパー塗装、リフレッシュ塗装、レストアを当社の工場で行っております。東海ビレットまで、愛車で直接ご来店頂ければ、その場でホイール修理させていただきます。当社では、形成・溶接・削り・磨き・塗装までの全行程を、ひとりの担当者が責任を持って行います。熟練した職人が1つ1つ一貫して、その場でお客様のホイールを修理しており、ご納得いただける高い技術力を提供いたします。
メインメニュー
2011-08 の記事

ハイパー塗装の極意!!

ハイパーブラック
ハイパー塗装は、各修理業さんの技術の向上もあり、最近ではアフターでも高クオリティのモノがたくさん出回るようになりました!

各業者様によりハイパーの塗装方法や考え方はいろいろあると思いますが…
今回は東海ビレット流『これぞハイパー塗装の極意だ!』(大袈裟)…みたいな事を紹介しま〜す!
塗装剥離&研磨
これはいつもやってるパウダーコートと同じ手順です。
ハイパー専用パウダー
ハイパーブラックはベース色は黒、ハイパーシルバーはグレーを塗ります。
実はパウダーのネタを新しいものに変更したんですわ!…こいつは優れもので、耐久性&作業性は飛躍的にアップした!
ベースブラック
ベタ〜っとフラットな面を形成する専用の塗料で
溶剤塗料との密着性も今までのものより断然良くなりました。
サンディング1
ま〜、いくら肌伸びの良い塗料といっても多少柚肌感があるので綺麗なフラット面にサンディングします。
サンディング2
手でシコシコひたすらサンディングし綺麗な面を出していきます。
サンディング3
今回はカスタムペイントでのハイパーブラック塗装なので『これでもか!』ってくらい綺麗な面を出します。
水研ぎ
サンディング3のペーパー目を1500番で水研ぎで消していく作業。

ここまでがハイパー塗装の下処理です!

修理でのハイパー塗装の場合、ここまでの作業はあまりやりません。今回はあくまでカスタムペイントでビジュアル重視のためです!

量産ホイールの場合、人間の手でこれだけの下処理をしていてはコスト面で大変だから、ベースコートで足付け処理だけがほとんどだと思います!従ってここまでツルツルにするとハイパーの光沢も変化しちゃうので、修理の際はオリジナルの面をしっかり確認して下処理をしていきます。
当然、適当な下処理のものは適当下地!綺麗な下地の場合は綺麗な下地をつくります。


けど、優秀なメーカー様はオイラ達職人が一生懸命手作業し、手塗りで頑張っても、それ以上のクオリティで量産してきますからね〜〜(涙)
そんな時はハンドパワーを駆使し頑張って対抗します。

しかし現実は…勝てん時も


ささ、

ハイパー塗装です!

ホコリがでない無菌室のよな場所に長時間閉じこもって塗装します。ハイパー塗装はセティングの大変な塗装なので1番の大敵はホコリなんですわ。
ホコリとの格闘に勝ってこそ綺麗なハイパーが出来上がります。
…しかし完璧には対処できないのが現実…トホホ


ハイパー専用塗装ブースはトップシークレットなので…
ゴメンチャイ画像NGにさせてね。

はい。完成!!

職人が丹精こめ塗り上げた作品です!
今回はハイパーブラックでも濃い目で!
ハイパーブラックの色はハイパー塗料の塗りこみ量で調整します。
従って、黒目、明る目の調整は自由自在で〜す。

え〜、当然のように修理でもハイパー塗装はやっております。ウチでは基本的にハイパー塗装修理は全塗装ですが、単品修理で色を合わせる事が困難な場合は部分補修でも対応しております。


結果、いくら能書きを並べてもハイパー塗装には極意なんてありません!


結局、
マメさと情熱です!


Posted at 2011年08月27日 10時47分57秒  /  コメント( 0 )

葬儀告別式のため臨時...

本日8/17よりお盆明け営業開始の予定でおりましたが。
昨晩、私の母親が永眠いたしました。
本日、痛夜
明日、葬儀式
となりますので、営業開始は8/19とさせていただきます。
御迷惑をおかけするお客様も多数お見えのなられますが何とぞご理解いただけますようよろしくおお願いします。


Posted at 2011年08月17日 15時58分54秒  /  コメント( 0 )