東海ビレットのホイール修理・塗装はハイパー塗装、リフレッシュ塗装、レストアを当社の工場で行っております。東海ビレットまで、愛車で直接ご来店頂ければ、その場でホイール修理させていただきます。当社では、形成・溶接・削り・磨き・塗装までの全行程を、ひとりの担当者が責任を持って行います。熟練した職人が1つ1つ一貫して、その場でお客様のホイールを修理しており、ご納得いただける高い技術力を提供いたします。
メインメニュー
2010-03 の記事

フェラーリ599純正A...

今回は難易度の高い修理の紹介と他社とは一味違う東海ビレットオリジナル修理方法をお見せしましょう!
御覧のようにフェラーリ599純正AWが痛い姿に…

損傷がホイール全体に及んでいる為、広範囲の補修となります。
耐久性を重視するとパテは使用したくありません。今回はアルゴン溶接にてアルミ肉盛で修理します。
ちまちまやっていては面倒なので塗装を全部剝がしちゃいます。

ブラストでも剝離は可能ですがアルミ素地を痛めたくなかったのでここはお客様の了解を得てお金をかけ塗装剝離業者さんに依頼しました。
流石、専門業者です!本当にきれいに剝がれています。

曲がりも発生していたので修正機にて補修します。

次は傷部分を溶接にて肉盛補修します。ここは熱歪を起こさないよう細心の注意を払い溶接します。

御覧のようにパテは一切使用せず傷部分をうめていきます。

整形は手作業です。

これが結構大変!今回は機械加工が無理なデザインですので手で整形します。

整形完成!

ここからが弊社の真骨頂!!パウダーコートです。
弊社ではアルミむき出しの状態でダイレクトにウレタン塗装はおこないません。。

耐腐食性&密着強度に優れたドライプロテクター(アンダーコート専用パウダーコート)を焼付釜で220℃で焼きます。

一流ホイールメーカーや純正ホイールなどは必ずアンダーコートにパウダーコートが入っています。今までのホイール修理業界ではなかなかここまで手が届きませんでした。

焼き上がり!

次はサンディングです。ここもやはり真心をこめ手作業です。

ここで手を抜きますと仕上がりに大きく左右されるため真心を込めシコシコ。

面出し終了。

水磨ぎし綺麗下処理完了!

最後はウレタン塗装。

ウレタン塗装もホイール専用ブースで塗装します。

完成!

以上の様に弊社では1本1本丁寧に時間を賭け修理しております!


Posted at 2010年03月03日 11時01分46秒  /  コメント( 0 )

ロータスヨーロッパ登場!

名車ロータスヨーロッパの御来店です!

低〜かっこいい〜

弊社でレストアされたホイールです。

装着後わざわざ御来店いただきロータスを見せに来てくれました。感謝感謝です。


Posted at 2010年03月02日 19時20分02秒  /  コメント( 0 )