メインメニュー

クラブワールドカップ

 本日は、毎年恒例(日本開催のみ)の横浜国際競技場で行われている、クラブワールドカップ決勝及び3位決定戦を見てきました。




決勝は、チェルシーVSコリンチャンス。戦前はヨーロッパのチェルシーが有利との見方が多かったですが、今シーズン、調子が上がらないチェルシーに対して、何としてもカップを持ち帰るという執念に勝る、南米のコリンチャンスが勝利を物にしました。




(コリンチャンスが得点した瞬間のサポータ席です。)



 しかし、ここは横浜か?と思うほど、駅前からコリンチャンスのサポーターが多く、







スタジアムも6万8千の観衆で埋まりましたが、少なくとも1万人はいたと思います。 試合前、試合中とも歓声日本では味わえない心地良さを感じました。







 試合以外でも、ベロベロに酔ったコリンチャンスサポーターが沢山いて、まあ、これが良いとは言えませんが、スペイン、イタリアあたりでも、スタンドでタバコは吸うし、試合前からベロベロの人は多くいます。マナーの問題でけして褒められたものではありませんが、おとなしい日本のサッカーを見慣れると妙に懐かしく、プレーもさる事ながら、スタジアムの雰囲気も世界を感じた一日でもありました。



 来年、再来年(モロッコ開催予定)はクラブワールドカップは日本では開催されず、3年後以降も開催地は未定ですが、ぜひ、トヨタカップから続くこの大会を、日本で開催して欲しいと強く思います。

Posted at 2012年12月16日 23時44分12秒