メインメニュー

カビと腐れの恐怖

>「カビ」と「腐れ」の違い


日本の住宅に大適である水や湿気によって発生する

「カビ」 「腐れ」

この二つは混同されやすく、

また同じような状況で発生する為、

区別がつきにくいかと思います。

では、「カビる」とはどのような状態で、

「腐る」とはどのような状態なのでしょうか?

「カビる」とは、木部表面などに付着した汚れ、

又は、主要成分以外の糖類やアミノ酸などを分解していく状況のことです。

木材に対して強度劣化はありませんが、木材に深く入り込み変色させてしまったり、

表面に発生し、不衛生になることがあります。

それに対し「腐る」とは、

木材の主要成分であるセルロース、ヘミセルロース、リグニンを分解し養分とする為、

木材に対し強度の低下を引き起こしてしまいます。

つまり「カビ」は木材の強度は低下しませんが、施主様への健康面が心配され、

「腐れ」は木材の強度低下を引き起こし、構造そのものへの影響が考えられます。

Posted at 2009年08月09日 17時00分44秒