メインメニュー
2010-06-09 の記事

社長のひとりごと

 今朝のニュース番組に新内閣の大臣達が出演していました。彼らの話を内心よくもまあそんなことが言えるなと感じて聞いていました。原口大臣などは「教育を改革しなければならない。失敗したものを排除するのではなく、失敗を経験した者でなければ解らない事があるのでチャンスを与える。そんな教育をしなければいけない。」と言っていたが、それって遠まわしに民主党にもう1回やらせてねと言っている様なもんでしょ。原口さんは党首選にも「今は出るべきではない。」と今やったら自分が損するじゃん的なことをいって菅さんになすりつけたのだから、TVで偉そうに持論を展開するのは卑怯だ。想いがあるなら手を挙げて言うべきだと思う。やれるチャンスがあったのだから!菅さんもこの内閣を名づけるなら「奇兵隊内閣」と言っていたが、私が名づけるなら「マスコミがもう1回国民が期待しているような映像を流して支持率上げてくれたから選挙がなんとかなりそうな内閣」だろう。約8ヶ月の間の失敗を説明していくことも必要。あれは鳩山と小沢のときの話じゃ済まされない。国民も「もう1回は」とか「今度は期待しています」とかもう軽々しく口にしてはいけなと思うし、マスコミもくだらない質問はやめておくべきだと思う。野党も再編すべきだと思う。特に自民党!なんか根性ないね。個人的にはどこの党というより、河野太郎、渡辺喜美、前原誠司あたりが何とかしそうな期待があるかな。

Posted at 2010年06月09日 11時01分44秒