メインメニュー
2010-10 の記事

社長のつぶやき

 プロ野球もセントラルリーグもいよいよクライマックスステージが始まる。また、注目のドラフト会議もある。そんな中で、ん・・・と思う言葉があった。ドラフト注目の早稲田大の齊藤投手ことハンカチ王子の一言だ。「あとはくじ引きをまつだけ」といった。普通の聞いてりゃ、そうだねーと思う。だが、野球人として思うのは、あんた大した自信だねー、いつからそんなに謙虚さがなくなったのかと思ってしまった。普通なら「指名を待つだけ」と答えるだろう。いろんな球団が1位指名を約束しているのだろうが、そこまでの選手なのか、人気が先行しすぎていないかと思う。今のスピードガンはやたらと数字が出すぎるし、甲子園での活躍以降、常に大学でもひのき舞台にたたせてもらっただろう。成績も残してはいるが、こんなことを言うと怒られるかも知れないが六大学の野球レベルはどんなものだろう。優れた能力を持つ選手も沢山いるだろうが、大学によっては無名のごく普通のアマチュア選手もいるのが現状だろう。また、彼自身高校時代から比べて大きく成長したようには見えない。ずば抜けた速球や変化球はない、コントロールと緩急がプロ入り後の最大の課題となるだろう。そして何より天命を待つのはあなただけではないはず。謙虚にいつまでもファンに愛される選手でいて欲しいと願い、気付かぬところで苦言を言わせてもらいました。

Posted at 2010年10月16日 09時27分36秒