メインメニュー

社長の部屋

 第91回全国高等学校野球大会で2日続けてノーゲームとなった如水館対高知戦は、ノーゲームとなった2試合いずれもリードをゆるしていた高知が勝利を収めた。最も印象に残ったシーンは、試合後ベンチの脇でクールダウンのためキャッチボールをしていた如水館の投手の止まることのない涙だった。負けた悔しさ、苦しかった練習、試合に出ることのできない仲間、雨という運命、止めようとしても止まらない涙となったのだろう。まさに筋書きのないドラマだ。23年も前に高校球児だった自分を思い出します。今年も熱闘甲子園を観て何度となく涙を流すことでしょう。がんばれ球児達!!

Posted at 2009年08月12日 09時15分08秒