★ZEPHYR1100のエンジンチュ−ンの承りを再開させて頂きます 御興味のある方はACYフォ−ムから先ずはご相談を御願いします FCRキャブレ−タ−の全国通販数が多く店舗稼働有りのSHOPです近年ご要望に応え国産各車の取扱い開始し通販実績数も高いです 当社オリジナルのCB750(RC42)&CBX750(RC17)専用設計FCRキャブの限定販売/通販/セッティング等はおまかせ下さい! その他の車種全般においてもFCRキャブ通信販売及びセッティング出しまでの全てのご相談を承らせて頂いていますので活用下さい! 通販においては選任スタッフが常駐してますのでフォ−ムからお気軽にご相談を頂ければ的確な御答えを導きだし御回答させて頂きます ■ 依頼最終:〜17:00 ■ JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩2分 ■ スポ−ツバイク作業承りは日程の御予約を御願いしております ■ お休み:事前に各ぺ−ジにありますフォ−ム申請から送信いただきご確認ください 選任スタッフが御回答をさせて頂きます
メインメニュー
#16号車 オイル真実

#16号車のOIL真実


■ 兎に角壊れて欲しくない!


この思いを叶えてくれるのが
YACCO GALAXIE GT エンジンOILです
高温時の粘り強さ ミッションへの労わり
振動の少なさ そして速さの持続 ← これ大切です 
全て平均的に高い評価を与えられます

#16号車のOIL真実

#16号車は YACCO GALAXIE GT
エンジンオイルが支えてくれています


2年ほど前からTOTでYACCOを使っていますが
その信憑性はTTレ−スでの予選1位・決勝3位成績と
秋のTOTでの予選2位・決勝3位という成績で
OILの能力も実証できました
それだけハードに使ってもピストン摩耗は無いですし
よくある棚落ちもまだ起きた事が有りません
メタルもミッションも良好のままなのです

現在#16号車はツクバを1分2秒で走行しています
TOTのモンスタ−エボリュ−ションクラスという
空冷エンジン鉄フレ−ム17インチという内容です
ライダ−はプロは無し!皆さん一般の方々なのです
皆様各仕事を持ちその中でTOTに参加しています
本職以外でこういったタイムを連発するのは大変です

既に数年使われている車両なのですが
兎に角エンジンは壊れて欲しくないのが前提です
チュ−ニングも行ってはいるのですがタイム的には
ライダ−の頑張りもあってこのタイムは出ています
が・・・今まで車体や電気トラブルは
何回か出てはいますが
OILの問題でエンジンが壊れてしまった
という事は一度も在りません
ただ2回だけ大きなトラブルに見舞われました

それは練習走行の時オイルプレッシャ−ランプが点き
OILが回らなくなりました
ライダ−松本氏はそれに直ぐ気が付きクラッチを切り
ピットまで戻ってきてくれました
原因はOILポンプギヤの止めネジが揺るんだのです
ドライヴギヤが空回りしOILが回らなくなりました
しかし このボルトはZEPHYR1100の
エンジンを組んだことがある方なら解る通り
ボルトにロック剤を塗るし頭をカシメるし
分解組み立て時には触らなくて良い場所でもあります
原因はその時点から走行ペ−スが上がったことで
振動も増えていった事も考えられるし金属的な疲労
なのだと判断はできました
レ−スとは物凄い勉強の場です

他のトラブルはコレ以外では致命的な事が一つ
クランクケ−ス下部にクラックが入った事です
ZEPHYRの弱点でもある下側のテンショナ−が
粉砕した際に何か悪さをしたと考えられます

イキナリの焼き付きやメタルの損傷や
コンロッドの粉砕やピストン周りの
壊れと言うのは一切ないのが#16号車のエンジンです
これは本当の話なのです

ライダ−とメカ側はOILには相当気を遣っています
OILの遍歴はMOTUL→Hirokoときています
途中WAKOSも使いましたが現在はYACCOです
HTXを使う場合もありましたがクラッチが持ちません
OILの選択でも走行時出る症状は変わって行きます
トップグル−プ近辺に入り出した辺りからYACCOです
YACCO以前に出ていた諸症状を全てかき消し
気に掛かる内容を吹き飛ばしたのがYACCOでした

練習・予選・決勝と走っている中でOILが原因で
エンジンが壊れブロ−する事は絶対に避けて行きたい
特に後続車がそのOILを踏んでしまえば大惨事です
そう成らない様にOILの吟味選択は物凄く慎重です
タイムが上がって行くごとにチェンジしているのも
そういった事柄も付け足され行ってきています

2秒台に入るとライダ−からのコメントは変わりました
油音の上昇スピ−ドやミッションの入り具合や感覚も
当然シビアに有る為YACCOにチェンジして行きます
印象的にはHTXに近くクラッチが持つ!という事で
内容的には問題もなく分解してもピストンやリングや
メタルやカムの状態はとても良いものでした

ACYがOILにうるさいのはこういった事が
実際に見て取れるからなのです
1リッタ−2000円でも普通に使うエンジンなら
大丈夫なのでしょうし不満は無いはずなのですが
極限的に使用されるエンジンではそれでは無理です
完璧に油膜保持とスピ−ドが得られなければなりません

街中やツ−リングで使うOILなのだから
1リッタ−2000円ほどのOILで良いんだよ!
と言われてもACYとしては簡単に首を縦に振れないんです
YACCOは確かに高いです・・・だけどどんな状態でも
エンジンを守り切ってくれている事実がある以上
ZEPHYR1100へは特にYACCOを薦めます

ワコ−ケミカルの方にも再三言われてきていますが
今の世の中価格と性能は一致しているという事です
2000円のOILを頻繁に交換すれば良いとも巷では
囁かれていますがそのスパンは本当に頻繁なのか?
も大きな問題と感じます

エンジンは実際呼吸をしています
排気の時でも実は新規に混合作動ガスを吸い込んんでいます
そういった時にもピストンリングから未燃焼ガスは
クランクケ−ス内に落ちて行くのです
そうですこれがOIL劣化促進です
そして発熱しないエンジンが良い・・・というのも
語弊がありエンジンンはある程度発熱をしてくれないと
エンジン内部に汗だまりが起きその水けが
OILに混ざり劣化促進をしてしまいます

チョイノリやエンジンを発熱させないツ−リングや
乗り方ではOILを逆に攻撃してることになるのですから
油音を気にしすぎるあまり走行ペ−スを上げないのも
良いとは一概に言えないのがOILというものです

YACCO-GTはレ−シングモ−ドのくせに
使い勝手がとても良いのが魅力的なOILです
基本的に前での様にエンジンンを発熱させて頂くのは当然
出もあるのですがACYでは添加剤を他にセットして
販売してるせいもありストリ−トにおいても
優れた内容を発揮してくれます

高いOILとそうではないOILの差は
走り始めた瞬間から解る物です 静かなのです
そしてエンジンがガサガサしていない事が解ります
ミッションも入りにくいという事も無くなって行きます
(これはクラッチが正常の場合に限ります)
YACCO-GTは上が60番ですから敬遠したいと
思われがちですが処方の仕方が特殊なので不思議と
上も良く回り伸びて行きます!そして下が10wですから
走り始めから程よい状態を作ってくれています
ワイドレンジゆえの持ちの悪さが気になる方も居ますが
他のメ−カ−のワイドレンジ商品よりも良いですし
ACY・パッケ−ジに含まれている添加剤を入れて
頂ければそのワイド化された部分を補ってもくれます

YACCO-GTは高い価格かもしれませんが
これだけ厳しく使っている車両でも疑問が起きないのは
MOTUL・Hiroko・HTXよりも
ZEPHYR1100にはマッチングが良い証拠と
なっている事が皆様にも伝わればと感じます


YACCO GALAXIE GT
とパッケ−ジングされる当店の添加剤Setは
ZEPHYR1100にとっては無敵OILと感じます





Posted at 2018年12月31日 13時45分44秒