地域密着を重んじています!原付スクーターのパンク修理からオイル交換・バッテリー交換・タイヤ交換等各種は常時在庫を備えてます 量販店様やカスタムショプ様とも一味違う生粋の修理屋として皆様のオ―トバイの整備・修理・復元を行う事を本業/業務としております 皆様の所有されてるオ―トバイが壊れている・調子が悪くて困っている・乗っていて怖く感じて危険な状態の時にお力添えさせて頂きます ★☆車検・点検・新車販売・中古車販売・厳選カスタムパ−ツ販売 というように一般的な業務とDEEPな業務を並行して運営しています ★☆SP競侫襯僖錙櫂ット装着〜セッティングOK ★FCR販売〜メンテナンス〜セッティングOK ★FCCクラッチKit販売〜取付けOK   ■ 依頼開始:10:30〜 ■ JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩2分 ■ スポ−ツバイク作業承りは日程の御予約を御願いしております ■ お休み:火・水曜日以外も暫し不定休 他急用時等も店舗対応をお休みさせて頂きます(恐縮ですが告知無い場合もあります) 
メインメニュー
エンジンオイルの選択方法

エンジンオイルの選択

■ エンジンオイルの選択

なぜ?エンジンにはオイルが必要か?
これは大概の人は理解しているはずです

では?マッチングが良い物を選べるか?
これを見極めるのは大変難しいです

今年は暑い!空冷エンジンは拷問状態です
その昔MORIWAKIゼファ−1100で
極暑の中でモテギを走って耐久レ−スまで
出た時も今年のような暑さでした・・・
そこで使っていたOILは 暴露すると実は・・・
MOTULの300V LE MANS 20W60でした
真夏にモテギを全開で3周もすれば
10w40位の軽さになっちゃうんです
だけどそこからの粘りが良かったんです
4輪用として今は売られていますが#60が必要でした
それでも油音はストレ−トではちょっと下がりますが
インフィ−ルドではオイルパンでも130度に到達!
ピットに帰ってきたときに見ると160度です!!
当然熱ダレの症状は出ていましたがエンジン本体は
壊れたり傷んだり止まっちゃったりは無かったんです
つまり・・・何を優先して選択するか?なんです

時代は進み 流れる
つまり停滞し留まる事はなく
世の中は進化し続けるわけです
進化しないのは既に使っているエンジンです
補機類や油脂や機能部品は進化しますが
肝心要のエンジンはいつまでもそのままです
内部を加工/コ−ティングする作業が入っていれば
また別の話になって行くのですがね。。。

実際はガラパゴス的な空冷エンジンや
旧型の水冷エンジン達も多くまだ走っています
これらに対応するベストマッチングオイルが
新しく生まれる!(期待してます)が・・・
..... そんな事が起こる事はもう無いんです
大体が2010年以降のエンジンに合わせて
ラインナップや新商品も出てくるものなのです
2004の1000RRですら今売られている
オイルではベストマッチングしないんです

10w50 15w50 なんて硬さの表示があれば
大丈夫!って思うんでしょうが
ここが最大の落とし穴なんです!
使ってみたら 『あれ?』となる
『あれ??』となるだけまだ良いんですが
気が付かない場合がとてもマズイ!

今のラインナップにある15w50は
昔の15w50 じゃないんです!!
もっと柔らかな感覚のオイル達なんです
これは本当です
だからノイズが大きくなったりメタルがやれれたり
ミッションもいく!

現在のバイク所有率では 多くの方々が
空冷だったり旧型の水冷エンジンを搭載した物が
まだまだ高い比率で所有し楽しまれています
マシンをこよなく愛し所有しているわけですが
いま売られているオイルから最良のマッチング
がある物を探し出すのは大変な事です!
しかし探し出さなければいけない!
そう!延命しなければならない時代なんです

惑わされ 言いくるめらわれ 流されて行く
早く間違いに気がつかなきゃ!早く!
本当に惑わされないで選んでください

オイルメーカーが過去のエンジンに対して
真剣に対応していたらおかしくなるんです
会社が成り立たなくなるんです
だから ゼファーにバッチリ合う物が無い!
これが悲しい現実社会なんです。。。

ACYでは高性能オイルの寿命にも着目しました
だいたいの場合レーシングオイルは
寿命が短くなるのですが その反面では
レーシングオイルは素晴らしい能力なんです

新品オイルである程度の距離を走ると
性能がガタッと落ち込む時期がきます
そこで『もたないなぁ〜 やっぱり』と
なるんですが それでは本当にもったい無いですね

レーシングオイルって 油膜が非常に強く
エンジンを保護している感じが
どんなライダーにもちゃんと伝わります
0wとかではありませんよ!

酸化 燃料希釈 劣化 それらが早い時期に
レーシングオイルには現れますから
その現象をくい止めてあげる方法を考えて来ました
ベースオイルの能力が保たれるようにするんです
特に皆様の多くはストリ−トで楽しむ事が前提です
そしてエンジンを労わり壊したくないと願うわけです

ACYの販売するオイルパッケージ販売では
燃料希釈 劣化を防御していく
特殊添加剤をセット販売させて頂き
素晴らしいオイルを価格相応のスパンで
使って頂ける様にアレンジしています

特に 長く相棒と付き合って行きたい
そんな方は絶対に100%合成油を
使ってください 絶対にその方が良いです!
ピストン周りや軸受メタルやミッションの保護は
鉱物 部分合成達とは圧倒的に差が出ますし
コールドスタート時のカジリも防げます

オイル選択では粘土選定が大切!
と言われてきましたが 今はもっと違います
『表示粘土では分からない本当の能力を見ろ』
これが大切だと強く発言いたします

良いオイル
信頼できるオイル
それのみの取り扱いに集中します
皆様のエンジンを守るためにです!!


YACCO GALXIE
YACCO YC454
MOTUL 300V OFFROARD


Posted at 2018年07月24日 19時36分53秒