★☆★ ACY§ACヨシノ ゼファ−最上位獲得!5月19日20日ツクバサ−キットテイスト・オブ・ツクバ #16松本選手モンEVOクラス 当店は原付修理/新車・中古車の販売を行う業務とZEPHYR1100に特化したエンジンチュ−ン&車体セットアップを得意としています ■◇■ KAWASAKI・ZEPHYR1100用JBパワ−製の80mmピストンキットにて1258ccへのボアアップを専門的に承っております ■◇■ エンジンオイルはYACCO/WAKO`S/といった油膜の非常に強いものノミを仕入れ使用取扱いにて皆様のエンジンを守ります ■◇■ 近郊にお住いの方々の原付スクーターのパンク修理からオイル交換・バッテリー交換・タイヤ交換各種は常時在庫を備えてます ★☆SP競侫襯僖錙櫂ット装着〜セッティングOK ★FCR販売〜メンテナンス〜セッティングOK ★FCCクラッチKit販売〜取付けOK ■ お休み:毎週火曜日午後/毎週水曜日/祝祭日 他は超集中作業日 出張日 配達/引取り時 レ−ス開催日 サ−キット走行日 ■ お問い合わせ・ご依頼・パ−ツご注文等は注文フォ-ムをご利用ください 作業に集中している場合がおおくありますので御願いします ■ 店舗対応時間:10:30〜17:00まで 以外は誠に恐縮となりますがエンジン集中作業・出張等・他昼間できない事を行っております
メインメニュー
ZEP1258cc スタイル

1258ccスタイル


■ 1258ccスタイル!


Bito製 ZEP1258cc 80mm
ピストンKit 少数在庫ありです
販売価格:¥130,000-(税別)

ご注文: >>ココ<<からお申込み下さい
全国通販対応します 組込みも対応致します


バイクを乗って楽しむ方法は沢山あります
道具を満載してキャンプに出掛ける・・・
これも最高の楽しみ方ですよね♪アドベンチャ−!
美味しい物を食べにのんびりと遠出する・・・
歳を重ねて行けばその味わいは格別になりましょう

バイクとの出会いや始まった環境によっても
その後の進路は大きく変わっていくものです
そんな事を前提として『スタイル』は作られます
そして生きて行く環境の変化でも『スタイル』は
自分の意志とは関係なく変わら必要も出てきます
親族の介護や看病が出てくれば自ずと自由も削がれ
意志とは全く違う行動をしないとならない・・・
これも体験しているいないで差が生まれて行きます
『スタイルを通す』それができる人は強いです!

人には『スタイル』という表現が備わります
産まれ〜育ち〜大人になり〜社会の環境等で
人格や性格までもが変わり決められて行きます

エンジンを初めて分解したのは13歳の時でした
父親の手伝いをさせられたのがきっかけです
昭和50年代の話ですからちょっと昔話ですが
御蕎麦屋さんやラ−メン屋さんや新聞屋さん
はては通勤に使われているス−パ−カブ達の
エンジンの所謂『改造』を訳も解らず手伝い
エンジンという物に慣れ親しんでいきました
その改造と言うのは『ボアアアップ』でした
その時代は改造用のアフタ−パ−ツが無い為
純正部品の組み合わせで行っていたのです!
皆様も御存じのとおりカブは70ccが何故か
最もバランスの良いエンジンと言われていました
50ccベ−スに70ccのシリンダ−を組みました
何故かと言うとオカモチが重く力がない!という
町のオジサマたちの要望に応えていたわけです♪
モンキ−をボアアップして空地で乗ってみた時
ウイリ−してしまい後転して大けがしました

その後専門学校に入りエンジンを本格的に
勉強をしていくと面白味は何百倍と膨れ上がり
エンジンを仕事にしたい!と決めその仕事に就く
為に現HMJの母体に就職し徹底的にエンジンを
毎日毎日分解/整備ができる環境を手に入れました
メ−カ−直近ですから開発や研究等の実話は勿論
様々な詳しい情報を毎日手に入れられるので
エンジン屋という意識も強まり・・・もっと速く!
するにはどうすれば良いのか?というう事を
仕事でエンジンを組みながらシュミレ−ションも
勝手にするくらいになって行きましたから
実際に作ってみたい!試してみたくなるわけで
その延長上がNSRのシリンダ−コンバ−トや
CB400SFのカムギヤ−化に繋がって行きます

当時は白バイ関連も含め純正オ−バ−サイズの
ピストンがHONDAもまだ用意があったため
内燃機屋さんとも当然ながら精通していった為
色々な勉強ができたことは有り難い限りです!
ヘッドの修理も相当多く有ったためその構造や
修理方法も徹底的に習得をしていきましたから
HONDA時代はとても有り難い環境でした
時代はバブルに突入していたため販売台数も
半端じゃ無い為初期トラブル的クレ−ムも多く
自然とエンジン修理も多かったのが実際の話!
エンジンを習うにはタイミング的にも良い時代
だったのは確かですし今よりも過渡期だった為
新型エンジンがバンバン出てきていましたから
壊れてしまう数も本当に多かったのも確かです

その頃『あいつとララバイ』が全盛期を迎え
ボンバ−のオヤジさんが登場しますが・・・
このオヤジさんが当時はカッコよく思えて!
現実と空想が常にオ−バ−ラップしていました
その後父親がいい年になってきたため家業に就き
今現在に繋がって行きますがHONDA在籍時から
チュ−ニングの世界に進みたい!という思いが
強く有ったが家業は自転車/バイク屋という事で
中々エンジンチュ−ンというオ−ダ−は
入る事が無かったのも当時は実際の話です
ならば・・・自分の愛車をチュ−ンしていき
いつか来るオ−ダ−に備えようと目論んで行きました
兎に角『速くなった!』という感想が頂ける事
それが嬉しくて仕方が無かった若い日がありました

その後はこのブログに過去綴ったような展開となり
TOFやモテ耐や様々なレ−スに参戦をしていき
実際のチュ−ニングが何処までの物か?をテスト!
そうこうしていると・・・モリワキ様の目に止まり
ZEPHYR1100に出会う訳です

この様な環境が過去あったため『パワ−』という
魅力的な言葉にやられまくって行くのも事実で
やはりバイクは『とてつもないパワ−とパンチ』が
必要なのだ!という持論を持っているのも確かで
ZEPHYR1258ccは夢のような仕様です
過去は限定的な販売でしたから限られた人しか
手に入れられなかったのですが今は違うんです!

そりゃ〜元がZEPHYRですからXJRやSS
とは全く違い・・・そこまでやってもコレかよ?
という感覚はあるのですが母体を愛していて
150%以上の馬力UPを得られるのですから
最高にエキサイティングでタマラナイ訳です

その1258ccを体感し所有して思う事は
1135ccでは???同じお金を払う(使う)なら
1258ccにした方が意味が大きいと実感するし
1258ccを体感/所有した後に思った真実は・・・
『そういうことか!』・・・何をやっても
この快感と快楽を超す事は出来ないんだと・・・
ノ−マル排気量や1135ccでハイカム組んで
(自身もノ−マル排気量&ST-3でした)
キッチリ上まで回して走れば速いのも事実です
が・・・子供の手をひねる様に簡単に置き去る
そのとてつもない1258ccを所有している方に
『俺のも結構速いんだぜ!』と言い聞かせても
『・・・そうですか?』と真実を知っている訳で
1258ccはそういうんじゃ無いし知らないのは
可哀そう・・・位に当時は思われていたはずです
1258ccにしなければ敵う訳が無い!です!
実際にお客様の1258ccでは全てを知る事は無理
1258ccを所有して全てを試した結果からの答え
所有して乗り回して真実が解ったわけです

『やったことがある!
『所有して乗っている!』
それが本当に真実なのですね
『聞いている』『感じている』
それでは全く解りっこないんです
所有者は本当の事を解っているんですね

1258cc快感を味わって頂きたいです
そんな1258ccスタイルのACYです

Posted at 2018年05月06日 21時13分33秒