ACY§TUNE !! MACHINE Maintenance Pro-Shop /-/-/-/-/-/-/-/-/-/ 貴方のマシンをハイメンテナンスチュ−ニングでバックアップ ■マシン調整は自信があります■キャブレ−タ−メンテナンスチュ−ニング&サスペンションメンテナンスチュ−ニングで楽しさを上げます FCRの不調や息つきやサスペンションの設定が合っているのか?どうなのか? 思い通りの走りができない! もっと良くなるのでは?? そう思ったら一度ACYにマシンを入庫してください 調整やメンテナンスには自信があります 新しい世界が広がり楽しめると思います♪ プロのライダ−も納得させてきたテクニックで乗り味を向上させますので 『オ-トバイは最高!楽しいじゃん!』と感じて頂ければ幸いです ■エンジンのOH/チュ−ニング/修理を一般の御客様やSHOP様からご依頼を頂いております エンジンという特殊な仕事が得意です■ ■ ACY 有限会社オートサイクルヨシノ■ 千葉県柏市今谷上町65 ■ 駐車場:2綸車OK ■ TEL 04-7174-0336 : FAX 04-7174-0332 ■ 定休日:水曜日 ★ 営業時間:10:00 〜 区切り良く終わるまでお仕事させて頂きます ■ JR常磐線 【南柏駅】 東口より徒歩にて2分
メインメニュー
■その他

だって・・・バイクだよ!




■ レ−シング・ノリックの言葉

だって・・・バイクだよ? 
目の前にタラタラ走ってるライダーがいれば
そりゃ行くしかないでしょう?

いつも思うんだけど1億円かけたバイクだって
ライダーの気持ちが乗れてなかったら
絶対アクセルが開けられないもんなんだ
でも・・・例え100万円しかかかってないバイクでも
ライダ−がマシンを100%信用できていれば
1億円のマシンより速く走る可能性がある

アクセルを思いっ切り開けていく!
簡単なことだが それがレーシングの基本だ
ライダーの仕事は何はともあれアクセルを開けること
アクセルを開けなければマシンは前に進まない
これはどんなレベルのレースでも決して変わらない真理だ
もちろんそこにはリスクがある
しかしその上でなおライダ−はアクセルを開けようとする
「速く走りたい」という純粋な思いがそこにはある
その純粋さに人は心を打たれる・・・それもレ−スだ

誰もが思い切り右手をひねろうとしている
だからこそ輝いている

ノリックがMotoGP時代にチ−ムの方々と残された言葉です

だってバイクだよ!
アクセル開けるしかないでしょ!
行くしかないでしょ!


By Miru

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


ACY/JAPANESE STANDARD 侍!  
オ−トバイはやっぱりコーナ−リングが楽しいよね♪
AC・YOSHINO・SMR Tel:04-7174-0336 Fax:04-7174-0332



Posted at 2017年04月23日 01時04分26秒