★★ ACY§ACヨシノ ★オ−トバイ職業はHONDAサ-ビス 【エンジン】メカニックに始まり 既に30年以上バイク整備を続けてきてます 地域密着を重んじています!原付スクーターのパンク修理からオイル交換・バッテリー交換・タイヤ交換等各種は常時在庫を備えてます ★☆★ ACY車検¥49,800〜 承りさせて頂きます ★☆ エンジン・チュ−ニング承ります ★☆ サスペンション・チュ−ニング承ります ★皆様の好み通りに塗り上げるカスタム・ペイント承りいたします ★キズ直しや凹みも修理OK!純正補修塗装/板金修理承りいたします ★車検・点検・新車販売・中古車販売・各種カスタムパ−ツ販売 というように一般的な業務とチュ−ニング業務を並行して運営しています ■ 日常の業務は街の皆様の原付バイクの修理を中心としながら スポ−ツバイクのハイレベルチュ−ニングを行う純粋なバイクSHOP  ■ お休み:出張日 配達/引取り時 レ−ス日 サ−キット走行日 ■ 営業時間:11:00〜 ■ JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩2分
メインメニュー
2017-11-24 の記事

車体/サスペンション ...

■車体/サスペンション 仕事承ります■

サスペンション仕事を承る場合
オイル漏れやガタや動きが悪いという
症状を治すのは当然なのですが
それ以外に『バランスのよく取れた良いマシンにする』
という仕事も当然ありますね

転ぶ気がしない!!
乗り易くなった!!
楽しさが増えた!!
本当はこんなに良いマシンだったんだ!!

そんな感想を頂けるオ−トバイ造り/整備で
皆様に喜んで貰える仕事を目指しています

喜んで頂けるには・・・
御依頼者様であるオ−ナ−様の立場になる事が必要です
『どのように使う事が多いのか?』 『何を目指しているのか?』
『ライダ−によっては必要の無い事もあります・・・それは速さ』
『逆に・・・速さが欲しい!速くなりたい!』
だったりと色々あるんですよね
なので・・・勿論オ−ナ−様にお断りしてから
一般道での試乗をさせて頂くのは常識だと考えています
乗らなきゃ解らいのがバイクです!から!

ツ−リングに使う・・・だったとしても
本当に使われ方は様々です
とにかくオ−トバイを走らせる事だけが好き♪
ワインディングを楽しみにツ−リングにでる♪
彼女や奥様とタンデムを楽しみたい♪
命をすり減らすよなスリル感が結構好き♪
色々な楽しみ方があるからバイクは最高!なんですよね!
出川さんのTV番組なんか大好きです♪♪

整備/メンテナンス/チュ−ニングを承った時
お話をすることはとっても大切です
その方々のマシンを整備やチュ−ンして
実際に一般公道を同じような『気持ち』や『操作』で
走らせる事にたいしてオ−ナ−様の使われ方や走り方の
情報はとても大切に思います

特殊/特別な走り(例えば自分なりの走り方)をしても
お客様は全く違う乗り方をしていれば
出来上がった愛車で走り出すと・・・
『???』・・・おかしくないか?とオ−ナ−は思います

確かに『王道的なセットアップ』はあります
が・・・こういう物だ!こう乗れ!こう扱え!こう走れ!
ではオーナ−様が全く楽しく走れなくなる場合があります

だからこそ・・・自身もライディングは常に勉強します
お客様の感覚で走り そのあと私自身の感覚で走っても
『怖くない!』という所を目指せば大丈夫だと思えます
とても上手く走る事よりも
気持ちよく走る/走れる その方が安全なのですからね♪

結構オ−トバイという乗り物はノーマルであっても
ちゃんとしていれば (バランスが取れていれば)
かなり速いアベレ−ジで走れます

そしてライダ−が
積極的にマシンを操る/操りたいという
感覚が出てくればナチュラルな状態のマシンは
ちゃんと応えてくれるのです
そうなれば とても楽しいはずですから
ハイバランスは必要なのです

実際の話として・・・
オ−トバイは乗らされる物ではありません
4輪車と決定的に違う部分がココですね
自動運転・・・バイクじゃまだまだあり得ませんし
それじゃ楽しめないですね!
つまり・・・バイクは『操る乗り物』という事です
ライダ−が積極的に操作をしなければ
まともに走らない(動かない)シロモノなのです
これは高齢ライダ−(町のオジサマやオバサマ)でも
承知のところですよね

そして・・・クイックな動きが本当に必要な場合は
サ−キットで強烈な走りとタイムを出す場合です
それ以外はナチュラルな感覚を与える方が
絶対に楽しいはずだと自覚しています
クイックな乗り味はかなりのテクニシャンが
望む設定なはずなのです
だからツルシの新車はナチュラルな物が多いです

オ−トバイの『素性』をちゃんと見極め
改造やチュ−ンUPする場合も
『素性の延長上』を目指すと良いと考えられます
それでも叶わない場合は乗り換える必要があるのでしょうね
シッカリと見合ったバランスを与えてあげないと
事故/転倒/怪我・・・オ−トバイを降りる・・・
という最悪の事態を私たちが与えてしまう事になります

作業完了後の試乗はとても大切で重要なのだと思います
それも・・・オ−ナ−様の扱い方を見習い
その次に私達なりの走りも交えて走ってみる
バランスはちゃんと保たれているのか?
を・・・試乗中に徹底的に判断するのもバイク屋です

バイク屋さんはエンジンやサスペンションの中身を
熟知しています(透けて見える訳です)
だから走っている最中『今エンジンはどう動いている?』
とか・・・『サスの中身を想像し動きを想像し判断する』のです
だから良い物が造れたり産まれたりするわけです

理論とかスペックとかはオ−ナ−様は解りにくいはずです
もっと言えば そんなことは必要ないんです
それよりも『走って楽しい!』や『怖くない!』が
とても必要なのですよね♪

転ぶ気がしない!!
乗り易くなった!!
楽しさが増えた!!
本当はこんなに良いマシンだったんだ!!

そんな最高のマシンを車種問わず造り(産み)
お客様に喜んでいただける仕事を目指します

ACYは『オ−トバイはバネありき』という
いたってシンプルな考えが根底にあります
OHLINS様とのコラボレ−ション商品の
フォ−クスプリングKit カタログを是非ご覧ください
想いや目指している事がハッキリ解ります

フォ−クスプリングFULLカタログは
ZEP1100/RS ZEP750/RS CB750(RC42)
CBR900RR MF45 OHLINS43mmオプション用
>>ココ<< へ移動頂くと拝見頂けます


ZEPHYR750/1100用フォ−クスプリング
カタログは>>ココ<<へ移動頂くと拝見頂けます


CB750(RC42)用フォ−クスプリング
カタログは>>ココ<<へ移動頂くと拝見頂けます


いくら良いエンジンが積んであっても
足がお味噌(俗語です)じゃ話にならない!
という事を痛感しているACYです




Posted at 2017年11月24日 16時05分18秒