★★ ACY§ACヨシノ ★オ−トバイ職業はHONDAサ-ビス 【エンジン】メカニックに始まり 既に30年以上バイク整備を続けてきてます 地域密着を重んじています!原付スクーターのパンク修理からオイル交換・バッテリー交換・タイヤ交換等各種は常時在庫を備えてます ★☆★ ACY車検¥49,800〜 承りさせて頂きます ★☆ エンジン・チュ−ニング承ります ★☆ サスペンション・チュ−ニング承ります ★皆様の好み通りに塗り上げるカスタム・ペイント承りいたします ★キズ直しや凹みも修理OK!純正補修塗装/板金修理承りいたします ★車検・点検・新車販売・中古車販売・各種カスタムパ−ツ販売 というように一般的な業務とチュ−ニング業務を並行して運営しています ■ 日常の業務は街の皆様の原付バイクの修理を中心としながら スポ−ツバイクのハイレベルチュ−ニングを行う純粋なバイクSHOP  ■ お休み:出張日 配達/引取り時 レ−ス日 サ−キット走行日 ■ 営業時間:11:00〜 ■ JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩2分
メインメニュー
2017-10-22 の記事

エンジン・・・木を見...

■ 木を見て森を見ず ■

エンジンを組み上げる・・・これは戦いです
どのような御仕事とも一緒で失敗は許されぬ勝負です
『木を見て森を見ず』 これでは良くない
様々な葛藤をもち組み立て者はエンジンに挑みます

組みあがったエンジンは
何があっても どんな時でも 長く長く壊れない
これが使命です

エンジンを組むことを仕事にされている方々は
よく解っているはずです

エンジンを主に仕事をされていない方々や
エンジンの深さを理解されていない方々や
メカに対しては理解が浅い方々や
もしかしたら大多数のラ−ダ−には
私たちの行ってる様や感情や思いであったり願いは
伝わりにくいと常々心の中にはあります

今年のツクバTTレ−スでポ−ルポジションを獲ってくれた
我がACYのライダ−松本氏のレ−スに対して
TSRの山下社長は『おめでとう!』と言って下さいました
私は涙が出ました

#16号車は
当社はシャ−シダイナモを持っていないため
一回もダイナモ測定をしたことがありません
ですから・・・経験の引出をフルに開けてセットアップしています
今ではやりませんが一般公道でレ−サ−にナンバ−や保安部品を付け
実走でセッティングを行って来た事もありました
逆を言えば『ダイナモ無しでもここまで行ける!』という考えもあります
人間の持つ感覚と実際に積み重ねてきた経験や実力で
機械に頼らず正確にセットアップは行えるのです
乗り手からの情報が的確であり 行う事が基本に忠実ならば
ちゃんとしたマシンは造り上げられるのです
しかし・・・時代は流れていますのでダイナモ導入を検討しています
そうなればもっと良い状態を走行前に作り上げられ
実走で確かめ再調整すれば無敵なマシンが多く生まれて行きますからね
その為にも現在移転も検討中となっています

今回の結果はライダ−である松本氏が一生懸命に頑張ってくれた結果です
確かにエンジンも手が入っていますが松本氏の能力で出したものだと感じています
ACY側の能力以上にライダ−の適正な判断能力は強い武器です

その松本氏は『エンジンの組み上げ』の大変さや苦労は
ACYとの心の距離が近い為十分理解を下さっています
から・・・良好で有意義なレ−スを行えるのだと思います
確かに結果は大切なのですが過程も凄く重要ですね

フレ−ム・シャ−シ・エンジンなどの骨となる作業は
全てACY自社内の仕事になります
加工や溶接などは『餅は餅屋に』と考え外注さんに依頼はしますが
トラブル時の対応が外注を多く使うと仕事の進め方が理解されていないため
解決に時間が掛かってしまう場合があると考えます
あまり他者様のチカラは借りてはいないのが事実です

それゆえに『基本に忠実』な仕事を行い冒険はしない方向で
『速く走れるマシン』を作って行きます
一発勝負的なレ−スにありがちな『賭け』もあまりしません
『賭け』をするくらいなら『デ−タを使い追い込む』というノリです
すなわち『基本の延長上でチュ−ニングを進める』というスタンスです
使うフォークフル−ドやエンジンOILも基本理論から外れないし
点火や電装品も必要が無いなら純正を使い 必要になったらその分だけ改良するという
もの凄くシンプルな考えで純正部品かそれ同等の確かな物中心で行っています

理由は簡単です
マシンがメカニカルトラブルに見舞われたとき
イジリすぎていると原因追及が簡単にできない場合が多くあります
配線も造った人にしか解らない・・・
サスの中身も人任せだとセッティングに苦しむ・・・
追い込み過ぎたエンジンだと壊れやすい・・・
そう考えると トラブルが起きやすくなることも予測され
折角お金を掛けて走行予約を入れてもキャンセルになる
ライダ−はプロではありませんからちゃんと御仕事を持っています
という事は平日の走行が多いサ−キットでは御仕事を休んで走行します
そんな時・・・些細なトラブルで走行ができなくなれば勿体ないです
これはツ−リングでも同じような事が言えますね
なので基本中心に置きそれを追い込みかけて速くする方法が多いんです

ZEPHYRで結果を!しかもACYの御客様でレ−スに挑む!
これは最初に掲げた目標でした
TSR山下社長は松本氏がTOTに参戦直後から気に掛けて下さっていました
レ−ス当日スズカからわざわざACYの為にツクバへ足を運んでくださり
車体の方向性やタイヤチョイスにも実際の目で確認くださって頂きました
私達が目標に向かって努力して それを達成すると一緒に喜んでくれる人達がいる
.........そう思うと私達はうるうるしてしまったのです

山下社長は言います
『レ−スで結果を出す それも素人レ−サ−が出すという事は相当だ!』
『造り手と乗り手の技術が高くなければ成しえない事だから自信をもっと持て!』
『今までの成果がはっきり出るのがレ−スであり解る人は解ってくれ共感する!』
『それはどんなレ−スであれ関係は無く 結果という事実が宝物なのだから』
『そこに感動があるから お客様達はオ−トバイを愛して頂けるのだから』と!!
一緒に喜んで頂ける方が居るのだと 実感が湧いたのも事実の事でした

必ずしもレ−スやレ−スの結果が多くの人に受け入れてもらえる事ではありません
レ−ス等実際のオ−トバイ趣味には関係が無いという考えの人も多いのも実際です
そういった事は普通の事だとも解っています

だけどレ−スという環境の中から得る技術力とか人間能力向上は本当に多くあり
そこには本物の技術と能力があるのも事実だと思うんです
まして・・・レ−スで飯を食っているわけでは無い私達ですから
結果を産むには本当に色々な意味をも含め大変なことだと思えるんです
だから尚更必要だな!と感じている次第です!

実際・・・私達よりZEPHYR1100を速く走らせている方々は居ます
そこには尊敬もあるし見習わなければいけない事が山ほどあります
その方々に挑戦していく訳では無く自分たちがその時点で満足や納得いく内容を
得て行き進歩して行きたいという考えで
私達はZEPHYR1100でレ−スを行っています
正直言ってノ−マルフレ−ムのZEPHYR1100で速く走るのは難しいです
松本氏はそれを自覚していて できる事を精一杯やってくれるライダ−です
置かれた環境に不満は漏らさず協力して下さりますから続いているのだと実感します
本当に有り難い男なのです

当社がメインで取り扱ってるZEPHYR1100やRC42で
速く走る事を目標にしている
そういったライダ−はごく少数なのも私達は解っています
だからレ−スは違うマシンでやる(もっとラクなベ−スマシン)
だから違うマシンを取り扱う・・・という事とは違い
あくまでも私たちが好んでいる車両で戦い勉強したい!という事です

そういった事を長く行っていれば多くのデ−タが取得できていきますから
バイク屋としては『これは大丈夫!』とか『これは辞めた方が良い!』という様に
お客様へ確実な情報提供やチュ−ニングへの還元が確かに行えるんです
その為にもプロやA級のライダ−様のチカラでは無く
あくまでも皆様と同じ立場のお客様という位置のライダ−でレ−スに挑む事で
ストリ−トに置いても的確なマシン作りが行えると自負しているので

山下社長も言います
『ある種ストリ−トカスタムは危険すぎる事が多い』
『それは闇雲なパ−ツチョイスで剛性が足りていない場合が本当に多くある』
『それはレ−スというバックボ−ンが無い所からくるからそうなる』のだと。。。

レ−スをするわけじゃないから そこまでは必要ない!
と・・・オ−ナ−様は言います
が・・・実際にレ−スを戦い結果を産んだ人が
レ−スをするわけじゃないから そこまでは必要ない!
と・・・言った場合では内容や説得力が全く違うんです

レ−スパ−ツは勝つための物です
そこには強靭な耐久力と性能が宿っています
それをストリ−トで使う/使わない(勧める/勧めない)と判断付ける時
裏付けとなる実際の使用感覚がモノを言う訳なんです
醉も甘いも知っている販売員が売る物が確かではないでしょうか?
そしてパ−ツ達も日進月歩で進化して行きますから現役者の言い分が良いのです
タイヤだって実は皆様が知らない間に同じ銘柄でもマイナ−チェンジは普通に行われます
そういった旬の情報を獲りご提供するためにも
レ−シングフィ−ルドやレ−シングモ−ドでの体験は絶対必要だと考えています

皆様!一回 『レ−スをするわけじゃない』というお考えを忘れて下さい
HONDAだってKAWASAKIだってドカだってBMWだって
皆レ−スに参戦しているから新機種が誕生したり改良されたりするのです
『レ−スをしているから助かるよ♪』とか
『レ−スをしているから安心だよ♪』という
お考えにシフトチェンジしてみて頂けませんか?
そうするとモノの見方が変わっていき世界観も変わり
メカへの興味も深まりモノの考え方にも変化は産まれます
オ−トバイへの情熱も一層強くなって行くはずなんです

『木を見て森を見ず』 良い格言と思います

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

AC・YOSHINO・SMR Tel:04-7174-0336 Fax:04-7174-0332 メ-ル:Unavailable
FCR/CRキャブレ−タ−各種販売/取付け/メンテ承り致します >>詳しくはココから!<<
OILは大切!エンジンを守りたい!専門家推奨OILが欲しい!⇔ >>こちらにあります<<
ACY車検¥49,800>>ココから<<内容をご確認が頂けます 当店定休日:毎週火&水曜日


Posted at 2017年10月22日 23時08分32秒