地域密着を重んじています!原付スクーターのパンク修理からオイル交換・バッテリー交換・タイヤ交換等各種は常時在庫を備えてます ★☆SP競侫襯僖錙櫂ット装着〜セッティングOK ★FCR販売〜メンテナンス〜セッティングOK ★FCCクラッチKit販売〜取付けOK ★☆★ ACY車検¥45,100〜 承りさせて頂きます ★☆ エンジン・チュ−ニング承ります ★☆ サスペンション・チュ−ニング承ります ★車検・点検・新車販売・中古車販売・厳選カスタムパ−ツ販売 というように一般的な業務とチュ−ニング業務を並行して運営しています ■ 日常の業務は街の皆様の原付バイクの修理を中心としながら スポ−ツバイクのハイレベルチュ−ニングを行う純粋のバイクSHOP  ■ お休み:毎週火曜日午後/毎週水曜日/祝祭日 他は超集中作業日 出張日 配達/引取り時 レ−ス開催日 サ−キット走行日   ■ 火曜日午後は主に登録/車検関連の仕事の為店舗はお休みとなります 水曜日はBDSオ−クションへの参加がほぼ毎週となります ■ 依頼開始:10:30〜 ■ JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩2分 ■ スポ−ツバイク作業承りは日程の御予約を御願いしております
メインメニュー
2015-08-01 の記事

ZEPHYR CUS...


■-ZEPHYR CUSTOM INPRESSION-■
For ZEPHYR CUSTOM&MEINTENANCE 4

ACYが製作いたしました車両が本誌巻頭インプレッションに1台掲載されています
掲載にいたりませんでした車両のオーナー様にはこの場にてお詫びさせて頂きます
では国際ライダーである重野氏がまとめ上げてくださった内容をお読みください
ACYのもつ指標である『最高に楽しめる速さを持つZEPHYRとはコレです!』の
具体的な1例として説明が事細かにつづられています
雑誌に載る場合所謂『置き』という乗らずして評価をする内容が殆どですが
実際に走らせた乗り味の感想が国際ライダーによって皆様に伝わるというインプレッションは
本当の意味での紹介がされますので私達は後者を好みます
すなわちACYの実力が示されるからです
エンジンを含めたハード面での仕事は大好きです
バイク屋としてのセンスは磨いては来ていますが美観仕事は正直苦手ですから
ハード面にチカラを入れたほうがスムーズだなという考えがあります

今回の車両とはまた違った趣向性であるノーマル感を残しながらの格上げや
一見いじってある感が見抜けないが走ると凄い!なんていう
チューニングも得意中の得意です!
当社は昔からぶれることなく『中身で勝負!』が基本にあり
そのオートバイが『持って生まれた素を大切にする』という軸もあります

そのため『見えない部分のチューニングに拘りたい』というお客様からのご要望も
とても多くご依頼いただいています
形はどうあれ趣味である以上自由です 

コンセプトを定め それに沿い 一直線に動き続けれれば
皆様の理想としている形には必ず到達いたします

私達は『抜群の走りをするマシンを造る!』
シンプルにそれだけです!

ではACYが造るオートバイの本当の姿を
下記内容をお読みいただき興味のある方にだけ理解いただければと感じます
国際ライダー重野氏の評価は以下の通りです

-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-

■-ACY ZEPHYR CUSTOM INPRESSION-■

凄腕チューナーの手にかかれば
ゼファーの走りは豹変する




一族随一の俊敏さを誇る750はさておき
ゼファーはゆったりとした走りと雰囲気を楽しむバイクだと言える
実際そのように楽しんでいる人も多い一方
ゼファーに速さを求め 他のネイキッド はてはスポーツバイクと
比肩する走りを求める人もいる

それを実現するのは容易ではないが 不可能ではない
それを証明すべく
3台のチューニングゼファーを集めインプレッションを慣行した

凄腕チューナー がどう腕を振るい
ゼファーがどのように生まれ変わったのか 刮目して見るべし 


■パーツ全ての意義を最大限に行かす■

カワサキらしいカラーが目につくが
最大のアピールポイントはエンジン だという
ある意味カワサキらしからぬ 精密さを持つ心臓
そしてそれを御する ハイレベルな足回り
明確なコンセプトにより造られた車両の走りっぷりはいかに!!



剛性の高そうなスイングアームにWPリアショック
オーリンズフロントフォークにはラジアルマウントされたブレンボモノブロックキャリパー
ホイールにはマルケジーニM7Rマグを履く

このAC・YOSHINOが製作したZEPHYR1100には
現状で入手できる最高級のレーシングパーツが集められ
まるでスーパースポーツのカスタムのような内容だ
ゼファーというネイキッドカテゴリーの車種には
ややオーバースペックな気もするのだが
見た目においては色のバランスが取れているためか
それほど高価なパーツにもかかわらず どこかが主張しすぎていることもなく
センスよくまとめられている印象だ

ただしその質感の高さはただならぬオーラを発しているようにも見える
その質感はただ単に高価なパーツから発せられているものではなく
各部の仕上げ等から発せられているものだ
自然だが各部の仕上げが実に丁寧な印象を受ける

試乗前にポジションの確認
とりあえず現状のまま試乗させるのではなく
私自身の好みに合わせて調整から始めるといる徹底ぶり
現状で私自身は十分満足できるポジションであった
シートとハンドルの位置関係も良好で長距離の走行も楽しめるような快適性を感じられる

エンジンを始動してまずそのメカノイズの小ささに驚いた
さほど大きな音ではない排気音にさえかき消されてしまうほどのメカノイズは
このエンジンがどれほど完成度が高いかを示している

ゆっくりと走り出し、確認するように左右に軽く車体をローリングしてみる
これはいい! 瞬間的にそう感じた
ステアリングが切れ始めた瞬間の滑らかさ
ステアリングの切れ角に応じた前後サスペンションの動きが絶妙であり
前後タイヤの接地感もよく伝わってくる
全てにおいてつながりがよく その動き自体に高級感さえ感じる
ただ軽いだけというわけではなく
少しの節度感を残しつつライダーの動きを邪魔せずに
ライダーの走りをアシストしてくれている
そんな 扱いやすさ を感じた

スロットルを開けて加速した際にも
瞬間的に柔らかいが奥で粘るリアサスはよくセットができている印象だ
ブレーキは初期からガツっと効くタイプではなく
ジワっと効くタイプでコントロール性が高い印象を受けた
ブレーキング・旋回・加速と状況において車両は姿勢を絶えず変化させているのだが
この車両は動き自体にストレスがまるで感じられない
前後サスペンションのバネレートの設定・圧側・伸び側減衰の動きが
キャブ・そしてブレーキと完璧にシンクロしており
視線さえ向ければ勝手に曲がり
スロットルを開けるポイントも勝手に決まってしまう

オーリンズフロントフォークもWPのリアサスも最高のパフォーマンスを持っており
まずは単体でのセットアップを探るのだが
関連する 各部品の働きを連動させて こそはじめて
その 効果が発揮できる ものだ
その連動というセットアップをするのはチューナーの仕事でありそれができた時に
本来のしなやかで奥のある動き を引き出すことができるのである
実際にコーナーリングスピードは極めて高く保つことができ
進入からややオーバースピードでコーナーに飛び込んでも
スーパースポーツのように ビシっと曲がってくれる感覚は
非常に 攻め応えがある ものであった
ワインディングではさまざまな予期せぬ事態が起こることがあり
コーナーリングで加速中にスロットルを戻さなければならない
シチュエーション等もあったりする
通常はややバランスを崩して怖い思いをするところなのだが
この車両に関しては緩いエンジンブレーキも手伝ってか
フルバンク中にスロットルを戻しても姿勢を乱すことなく常に安定を保っていた

エンジンに関しても車体と同様に
同じ人が作ったことがわかるクオリティの高さ
エンジンの各パーツもそれぞれの動きを考慮して
連動というセットアップを積み上げてきたものであることが感じられる
そうでなければ これだけの質感のあるエンジン には
仕上がることはないのだろう



この車両のオーナー当初はコンプリート車製作の依頼を
モリワキエンジニアリングにしたそうだが同社では現在車両製作を行っておらず
その代わり縁の深いACヨシノに話が振られ製作されることになったという
基本コンセプトはリターンライダーがすぐに返り咲けるコンプリート車をとういことで
パワフルで気持ちのいいエンジンと市販品の中で最高に安心できるパーツチョイスにより
足回りをセットアップしている

コントラストの効いたルックスはオーナーのリクエストということで
同店としては見た目より 中身で勝負を見て欲しい と語る
改めてそのスペックを見ればエンジンは1258ccへのスープアップに始まり
ヘッド・クランク・ミッション全てに手が入った豪華仕様
パーツだけでなくセットアップの巧みさ は前記インプレッション通り

足回りもマルケジーニマグホイールといった一線級のパーツを調和させた上質さ
これだけの車両を手にしたオーナーの満足度は、計り知れないだろう



AC・YOSHINO・SMR  
ACY SPECIAL MODIFIED RACING§MODE





Posted at 2015年08月01日 22時44分40秒

ACY BRUSH UP ENGINE O...


■- ACY BRUSH UP ENGINE OVERHAUL -■

BRUSH UP された ENGINE を造り上げる為
ACYは最新の加工テクノロジーを利用しています
皆様の愛車のエンジンをオーバーホールした後 長く守り抜きます!

特に ZEPHYR1100はMORIWAKI魂がありますので お任せください 
経歴上HONDAエンジンも本田魂がありますので お任せください


-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-

---エンジンオーバーホールを必要となる根拠は?---
皆様がエンジンをオーバーホールするに至るのはどういった理由があった時でしょうか?
.┘鵐献鵑らオイルが漏れ始めたから
▲┘鵐献鵑ら大きな異音が聞こえる為
エンジンから気なる異音が聞こえる為
ぅイルの消費が以上にあり煙もマフラーから吹く
ゥ潺奪轡腑鵑入りにくい ミッションが抜ける
Р畫行になったが乗り換えるつもりがない
┘┘鵐献鵑稜藁呂鮠紊欧涜さが欲しくなった
他にもあるでしょがこういった感じだというデーターがあります

【ご注目!!】エンジン内部部品の異常事態サンプルの
 >>>画像説明がココから<<<  
移動いただき御覧になれます


つまり気に入っている愛車のエンジンに何かしら不具合が起きた
それがオーバーホールのタイミングだと考えているわけです

-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-

---エンジンオーバーホールへの皆様と私達の思い---
ならば オーバーホールをしようか?と考えている状態のとき
オーバーホールが完成し手元に戻りそれ以降を想像するなら
二度と壊れないように! そして 調子が良いに決まっている!
気に入っている愛車を長く乗っていけるだろう!という感覚でしょう

請け負う側の私たちは 実際の作業中にこう考えています
二度と壊れないように工夫を十分凝らそう
調子が良い状態が長く長く続く工夫をしよう
オーナーがオーバーホールをして良かったと思っていただこう

視点はこのように違いはあっても 実は同じ事を思いながら居るということです
機械である以上磨耗もしていきますから壊れないことはありません
出来るだけ壊れる時期が遠くになるようにシッカリとさせたいですよね

-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-

---エンジンオーバーホール時におけるACYの強みは?---
ゞ罰Δ貌った時点(20歳)から現在まで一貫してエンジンを触っていること
■腺達戮梁緝充垉般遒浪甬遑硲錬裡庁船┘鵐献鵐瓮ニック出身であること
純正状態の組みなおし仕事をHONDA時代に徹底的に経験していること
ぃ唯錬劭稗廝腺烹鼻Γ釘裡罵佑肇献腑ぅ鵐箸沓擅釘丕硲截劭隠隠娃阿妊譟璽垢鮴錣辰燭海
イ修谿聞濂燭鬚垢譴仟さに繋がり壊れない状態が得られるかを知っていること
Ε檗璽伐湛が得意であり改造エンジンやチューニングに長けていること 
В庁味叩Γ廝丕叩Γ唯錚鵝Ε謄侫蹈鵑覆匹虜膿群湛を織り交ぜることが出来る
┳様が走る姿を想像ではなく実際に話をして理解して組上げていること
1度会えば解りますが皆様から人柄が気に入ったと感想をいただけること
エンジン教室の講師経験もある為エンジンにおいて自信に満ち溢れていること

-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-

---各部品に最新のテクノロジーで特殊加工を施します---
ACYでは所謂素組みエンジンオーバーホールよりも耐久力を上げ抵抗を減らす為
各々の部品への手加工と各種特殊加工を施す内容をご提案させて頂いております
目標は徹底的なフリクション低減の集合体エンジンの製作になっています
ノイズ・振動・パワー&レスポンスそして燃費といったあらゆる面で
皆様が思っている以上の効果が体感可能となるエンジンを造ります

 要であり軸であるクランクシャフトを正す
エンジン内部の構成部品で最も重要なのは 『クランクシャフト』 です
エンジンの要でもあるこの部品の手入れや徹底された管理を施す事によって
軸が正され綺麗に回るエンジンとなって行く事を先ずはご理解頂きたいです
クランクシャフトの回転時の振れバランスを正常に仕上げる仕事がそれです
タイヤを交換された場合ホイールバランスをとりますよね?それと似ています
もしホイールバランスを取らなかった・・・とか狂っているままに走っている・・・
想像がつきますよね?クランクシャフトにも同じことが実際に起きているんです
最先端のバランサーを使用しクランクシャフトを1/100単位で振れ取りをいたします

 最新の加工技術を使用し耐久力を上げる
現在世の中にある最新のテクノロジーを活用しないのは勿体無いです!
WPC加工・DLC加工・モリブデン加工・テフロン加工という各技術が進んでいます

 WPC加工は・・
皆様のエンジンの内部にある部品自体の強度密度を上げられます
部品自体のもちが良い! 壊れない! 馬力&トルクが大きくなる!
と至って簡単シンプルな目標を達成する為の改善処理加工です

 DLCは・・・
金属同士の摩擦抵抗を限りなく抑え込みますので発熱が減ります
回転抵抗と摩擦抵抗が激減して未加工ものと圧倒的に差が生まれます!

 モリブデン加工は(Mos加工)・・・
金属同士の馴染みを良くしていきますので
初期トラブル削減とのちのちの部品耐久性に大きく貢献をしてくれます

 テフロン加工は・・・
皆様ご存知の通り傷をつきにくくする特性とクッション能力が高く得られます
振動が減りますから自ずと耐久力向上にも繋がります
そしてクリアランスが過大になり修復が難しい場面に威力が発揮される手法です

 組立て時の特殊添加剤・・・
ACYではエンジン組立て時に特殊添加剤を使用し徹底的なフリクション低下を狙います
施工を依頼頂けるお客様だけにそっとお教えさせて頂きます それはとても高価な代物です
最先端トップフォーミュラークラスでは常識の特殊添加剤になります

こういった最新のテクノロジー(技術)が既に普通に手に入る状況を
使わないのは私たち側からすれば非常に勿体無いわけです
つまりは こういったテクノロジーを利用する事に価値があると賛同して頂ける
ご依頼者様のエンジンをオーバーホールさせていただこうと考えています

-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-

---いざっ!オーバーホールへ!チューニングへ!---
エンジン部品各パートのチューニング説明 ←ココに説明があります

オーバーホールやチューニングの魅力 ←ココに説明があります

ZEPHYR1100/750 シリンダーヘッドチューン ←ココに説明があります

クランクシャフトチューニング ←ココに説明があります

エンジンを得意とされますSHOP様は多くあります
皆様の感性がACYを選んだ場合是非当社にメールをください
そして双方で日取りを調整をさせていただき直接お会いしましょう
多くを語ってもエンジン仕事を頂戴するのは無理と考えています
皆様の目と思考をフルに使って吟味してください
経歴を調べていただき判断頂ければ それで十分でございます

 >>>エンジンオーバーホールの基本価格表はココに記載があります <<<
基本以外のオプションとなる価格はお見積の依頼時に算出をさせて頂きます




Posted at 2015年08月01日 22時43分31秒