★☆★ ACY§ACヨシノ ゼファ−最上位獲得!5月19日20日ツクバサ−キットテイスト・オブ・ツクバ #16松本選手モンEVOクラス 当店は原付修理/新車・中古車の販売を行う業務とZEPHYR1100に特化したエンジンチュ−ン&車体セットアップを得意としています ■◇■ KAWASAKI・ZEPHYR1100用JBパワ−製の80mmピストンキットにて1258ccへのボアアップを専門的に承っております ■◇■ エンジンオイルはYACCO/WAKO`S/といった油膜の非常に強いものノミを仕入れ使用取扱いにて皆様のエンジンを守ります ■◇■ 近郊にお住いの方々の原付スクーターのパンク修理からオイル交換・バッテリー交換・タイヤ交換各種は常時在庫を備えてます ★☆SP競侫襯僖錙櫂ット装着〜セッティングOK ★FCR販売〜メンテナンス〜セッティングOK ★FCCクラッチKit販売〜取付けOK ■ お休み:毎週火曜日午後/毎週水曜日/祝祭日 他は超集中作業日 出張日 配達/引取り時 レ−ス開催日 サ−キット走行日 ■ お問い合わせ・ご依頼・パ−ツご注文等は注文フォ-ムをご利用ください 作業に集中している場合がおおくありますので御願いします ■ 店舗対応時間:10:30〜17:00まで 以外は誠に恐縮となりますがエンジン集中作業・出張等・他昼間できない事を行っております
メインメニュー
2015-06-12

ノリが違マシンはいか...


■ノリが違う!■
それは最高の賛辞です
ノリが違うとは!本質をただ追い込んでいる結果です!




このバイクは一般的なカスタム車両とは 『ノリ』 が違う
ポジションからしてマシンを最も積極的にコントロールできる位置関係にセットされている
サスのセッティングも前後のバランスがとても良い
スイングアームはトラクションを重視しているような造りなので
安心してスロットルを開けていける! ブレーキもコントロール性が抜群!
エンジンもかなりパワーアップされているが
車体があまりにも良かったのでそちらの方が印象的
動くべきところがちゃんと動いてライダーに余分な負担をかけず気を遣わせない造り込み
これはレーサーに相通じるものでハイレベルな足廻りだ!
単にパーツチョイスをレーサーと同一にしただけでは成り立たない造り込み
知り尽くしていなければ到達できないのが最高のチューンドマシンです
【国際ライダー 戸田隆氏談話】

MORIWAKI様 TSR様 山崎ポーティング様 といった
メジャー・レーシングブランドな方々と太いパイプが保たれ繋がっています
当然長いお付き合いになっています
そういったシビアな環境で大活躍される方々とズッと良い関係にあるという事は
ACYにもレーシングマインドが宿っていることを実感されているという事です
『ノリが違うマシン!』が生まれるのは当然の事と自覚もあります

『ノリが違うマシン!』
それは どういったマシンが出来上がるのかは もう予想できますね?
決してガチガチのレーサーのようなマシンを造る気は更々ありません
『動くべきところがちゃんと動いてライダーに余分な負担をかけない』
そういった素晴らしいマシンを造り上げるのがACY(ACヨシノ)になります

『ノリが違うマシン!』 
メジャー・レーシングブランドな方々との御付き合いが長くなっていれば
自然とそうなっていくものです 
体内に刻み込まれているんです
チャラい仕上がりは無縁になります

如何でしょうか?読まれて興味は沸きましたか?
ACY(ACヨシノ)スーパーセッティングが宿る
『ノリが違うマシン』 が必要に感じられた方は
 >> コチラから ACYスーパーセッティング << 
へ移動いただき詳しくご説明をお読みください 

ACY(ACヨシノ)スーパーセッティング はお客様からご要望があれば実行をさせて頂きます
ご自分の愛車をどうしたいか?はオーナー様の自由ですからね
コチラからの募集や斡旋は必要ないと考えています
オーナー様が考えることが必要です
もっと上のセッティングがあるはずだ! にオーナー様が到達する事が第一です!

何気なく乗って 高速道路をかっ飛ばせて気持ちが良かった
それで十分なんんだと思うなら
私達の本当の能力は正直必要はないのです

何気なくから 狙いを定めた設定が欲しい(必要)!
コーナーリング〜立ち上がり〜ストレート〜高速スラローム〜ブレーキング
そういった一連の走りにおいて
もっと! もっとだ! と欲が出たら本物志向じゃないですか?
タイヤ・ブレーキ・チェーン・スプロケット・フォークOIL・リヤサスのOH・・・
カスタムというある種派手な行為とは違う一見地味だなと思うような
メンテナンスこそがスーパーセッティングの基本ともなります

本質にこそ目を向けるべきだ! と胸を張って言ってくださるライダー様からの
作業のご依頼を頂く事が私達の喜びでもあり誇りとなります

ACY(ACヨシノ)スーパーセッティングが宿る
『ノリが違うマシン』が欲しい方は
 >> コチラから ACYスーパーセッティング << 
へ移動いただき詳しくご説明をお読みください

AC・YOSHINO・SMR  (SPECIAL MODIFIED RACING§MODE

Posted at 2015年06月12日 11時46分12秒

走る・曲がる・止まる...

■--走る・曲がる・止まる・見て楽しむ--■

作業承りの車両では症状を確認の為と完成までの最終の仕上げも含め
試乗確認をいたします(これが命がけですね・・・寿命は絶対縮まっています)
必要ならばワイドオープンいたします!全開くれます!深くバンクさせます!
走る・曲がる・止まる といった当たり前の事がチャンと仕上がっているか?
それをお客様の感覚と私達の考えるべく至高の類に入っているか?を確認します

現在 多くの部品が交換されているのに実際に乗り走らせてみると・・・
『あれっ?えッ?遅いな?』と感じるマシンが多くあります

これはマフラーの性能が良くなかったり どこか壊れているのでしょうね
もしくは大幅にセッティングを外していると考えられます
根本的な部分が間違っていたり 壊れていると予測立ちます ほぼ当たっています
特に2〜30000km走行のマシンでこう思えるのは・・・たとえば・・・
カムシャフトの山が減っていてリフト量が少ない可能性があります
タペットクリアランスの測定を一回も行っていない・・・ざらですからね
結構ありますよ・・・ZEPHYR1100でも!カム山が減っている車両は!
あとロッカアーム車はやはり多いですね。。。
結構カムシャフトの磨耗って理解されていませんからね

MINIバイクで3時間耐久レースに出た際 規定通りに組んだハイリフトカムシャフトが
2時間目で山がなくなった事があります・・・確かに(明らかに)遅いんです
必死にコーナーを攻めた立ててもラップボードの数字はベストの2秒落ち
これを確かめる為に急遽ピットインして他のライダーに乗らせてみると
やっぱり・・・タイムはベストの2秒落ちでした
メーカーからの指定クリアランスが間違っていたんです・・・事実です
そのためカム山が焼き付きを通り越し削れてしまったわけです

速さとか ブレーキングとか バンキングとか 良く解らない・・・
これが多くの方の実情だと思うんです
気持ちよく乗れれば それで良い!という楽しみ方も正解ですが
私達は走る・曲がる・止まる という当たり前のことを
突き詰めて それこそが楽しみだと提案したいですね
サーキットにおいては当然ながらこの3要素のみの追求となりますから
非常に正直楽しいですね・・・これが本来のオートバイの楽しみ方ですからね♪
俺はレースやサーキット関係ない!という考えもあるでしょうが
実際は走る・曲がる・止まるは大切じゃないですか!

現在のストリートマシンでは この3要素をシッカリとさせる目的で
カスタムを行っていると私達も信じています
そこに『見る』という楽しみ・・・即ち『カッコ良くする』楽しみが
追加された事で視野は多く大きく広がったわけですから良いと思いますが
そこに少し問題も出てきていると感じます
『見る』事 即ち『カッコ良くする』事を楽しむ為に部品を交換されているのですが
性能が伴わない(向上しない)という様子が多々見受けられると感じます

走る・曲がる・止まる以上に『見る』が非常に重要視されすぎていませんか?
『見る』を追いかけて とても優先されすぎていてマシンが遅くなっている場合があります
何台ものチューンドを乗ってきていますから 直ぐに解ります・・・これは遅いって
マフラーも高価なものなのでしょうが実質遅い・・・製品を見抜けないですものね
楽しみ方として見た目の変化や誰もやっていないであろうカスタムに走るのも
確かに良いのでしょうがが先ずは性能のUPが無ければ交換の意味が無いですね
それどころか・・・エンジンは呼吸をしていますからマフラーが原因となり壊れます!

キャブは交換されているがメンテナンスが全く行き届いていない・・・
開閉具合が低速側一定位置が多い為 特に中開〜全開付近でバルブが渋い・・・
FCRって分解して清掃しただけでもパワーは蘇りますよ!(壊れていなければ)
タイヤも目的とは違う物が装着されていていたり満遍なく使われていないどころか
エアーが管理されていないが為に磨耗が可笑しな風に進んでいる
ホイールベアリングやステムベアリングのチェックや交換がされていないが為に
非常に危険だったり疲れるのはココに原因があることも見逃している
チェーン・・・そんなのあとあと!って感じでおざなり状態・・・
ブレーキシステムをアッセンブリーで交換がされているが
熱の入れ方が間違っているとかメンテ不良で効きやしない
これでよく曲がっているな?と考えさせられるマシンの姿勢やバランスが取れていない
そして付けただけの高級サスペンションが『もっと使ってくれよ!』と泣いている・・・

走る・曲がる・止まる
この重要な3要素を見直したり 自分に合ったように突き詰めたり
カムシャフトが減ってしまってパワーが落ちていないか?と
定期的にバルブクリアランス調整を行ったりして頂きたいんです
バルブクリアランス調整をするにはどうしたってカムシャフトが見れるわけですから
本質や基本を踏まえた先にカスタムという行為が生きてくると考えています

AC・YOSHINO・SMR  (SPECIAL MODIFIED RACING§MODE

Posted at 2015年06月12日 11時16分27秒

ACYスーパーセッテ...

■-- ACY(ACヨシノ) スーパーセッティング --■

それは 普通に乗る(走る)時から凄く乗り易い状態を与えます
そして ひとたび戦闘モードに入ったなら 一段上のSWが入ったように
獲物を狙い定め牙を剥き仕留めに掛かる獣の瞬発力を発揮します




このバイクは一般的なカスタム車両とは 『ノリ』 が違う
ポジションからしてマシンを最も積極的にコントロールできる位置関係にセットされている
サスのセッティングも前後のバランスがとても良い
スイングアームはトラクションを重視しているような造りなので
安心してスロットルを開けていける! ブレーキもコントロール性が抜群!
エンジンもかなりパワーアップされているが
車体があまりにも良かったのでそちらの方が印象的
動くべきところがちゃんと動いてライダーに余分な負担をかけず気を遣わせない造り込み
これはレーサーに相通じるものでハイレベルな足廻りだ!
単にパーツチョイスをレーサーと同一にしただけでは成り立たない造り込み
知り尽くしていなければ到達できないのが最高のチューンドマシンです
国際ライダー 戸田隆氏談話

実際に私達がこのマシンを仕上げたように 1つのマシンの製作依頼を受けて
『次元の高い位置で造って欲しい!』 といったオーダーがお客様から入った場合は
上記のような感覚に仕上がるSPLなマシンを目指します

これはもう既に20年以上この感覚で居ます
なぜなら レースという骨も持っているからでしょう
しかし そこに(レース仕様)執着することは無いのも実際です
使われているステージとライダーの技量を考えてマシンを造るから
レーシングマシンのようでありながらマインドを持った仕様になるのです

サーキットをレコードタイム付近で走るのか?そうじゃなく5秒落ちなのか?
ストリート(峠やワイイディング)を膝が擦れるくらいやるのか?流すのが主流か?
こういった別れ(使用の分岐)が出て
それぞれ後者の方から『次元の高い位置で造って欲しい!』という依頼が入った場合
マシンが持つ反応の高さはかえって扱えなくなる場合もありますから要ミーティングですね

次元が高い・・・これはハイレスポンスが必要と想定し備えます
これを乗り辛いと感じる技量のライダーも当然いらっしゃいます
それは正直な話 走行の速度が足りない場合が殆どです
速い速度で走り扱っていれば次に来る動作の準備からして
早め早めに準備し操作を実行していかないとなりませんから
ドン臭い反応のマシンでは到底満足が出来ないわけです
キャスターを立てフォークオフセットを小さくする真の理由もココにありますね
そういった走りに達していないライダーに
ハイレスポンス仕様を有無も言わず与えてしまうと
まず間違いなく『乗り辛い!』と判断されるでしょうし
クイックな反応感覚が出てきますので悪評に繋がります

マシンを本当に速く走らせたいと思う場合
そのライダーが使う荷重域やスピード域やキャリアが大問題です
オーナーの必要とする領域に設定する必要が絶対にあります
ライダーがどの位走れるのか? これは本当に大切な情報となります
それこそメールや電話なんかじゃ解らないので
実際に使われているマシンを拝見する事が必要になります
上記のような評価をいただけるマシンのオーナーは
当社への来場率は非常に多い(高い)のが事実です
何を思い 何を欲しがり 何処に向かいたいのか?
という事が何気ない会話の中にも隠されているから
常日頃からオーナーを深く知るという事が最高のマシン誕生へと繋がります

現代携帯電話やインターネットで情報を集めた気になってしまう機会が多く在ります
真の意味や理由までには到底(当然)届くはずは無いんですが
やはり便利なツールは利用してしまうのが人間でしょうか
つまり上辺で満足するような内容は多く載っていますから
オートバイを簡単な趣味と捉えているならそれで十分です
その情報を真に受け鵜呑みにしてしまうことはどうかと思います
ネットに書いてあった 誰それが言っていた
そう言われても私達には理解が難しい場合があります

皆様のお仕事に置き換えて頂ければ
この事は簡単に理解が出来ますね?

奥深くのめり込む必要があり向上したいと思う場合
簡単に手に入る情報には『薄い』と気が付く時があります
仕事なら尚更もっと思考をめぐらしトコトン考えるはずです
オートバイに限らず趣味に対しても
情報を得るなら手段を考え直すよう改めるべき必要もあるものです

通信システムやインターネットのおかげで
迅速且つ効率的に情報は手に入り易くなってはいますが
正確性においては『?』ですね 全てを発信しているはずはなうでしょう
そこには埋まりようのない狭間がありますから当社も情報発信には気を使っています
当社のブログやホームページ内にある商品情報や技術情報の伝達も
残念ながら本来の50%にも届いてはいません 限界があるんです

しかし・・・考えることで多くの隠された内容が浮かび上がります
ACY(ACヨシノ)スーパーセッティング はお客様からご要望があれば実行させて頂きます
ご自分の愛車をどうしたいか?はオーナー様の自由ですから
コチラからの募集や斡旋は無く オーナー様が考えることが必要です
もっと上のセッティングがあるはずだ! に到達する事が第一です!
何気なく乗って 高速道路をかっ飛ばせて気持ちが良いと思うなら
正直私達の本当の能力は必要ないです
何気なくから 狙いを定めた設定が欲しい(必要)
コーナーリング〜立ち上がり〜ストレート〜高速スラローム〜ブレーキング
そういった一連の走りにおいて
もっと! もっとだ! と欲が出たら本物志向じゃないですか?

そこにはACY(ACヨシノ)が培ってきた全てが投入されます
ACY(ACヨシノ)スーパーセッティングは容易くは行えないことも事実です
ACY(ACヨシノ)が思い・考えている事を形として表現されますので
多くの事柄が私達の理想に合致することも条件に含まれてしまいますので
トータルで見直す トータルで造り上げる という考えが
お客様にある場合のみACY(ACヨシノ)スーパーセッティングは実行となります

ACY(ACヨシノ)スーパーセッティングを施したマシンは
現存数が非常に少ないのも事実です
各雑誌に取り上げていただいた車両も全てACY(ACヨシノ)スーパーセッティング済みです
以外では20台に満たない数になります
理由は・・・そこまでのマシンを本当に欲しいという方が少ないという事です
国際ライダー様が太鼓判を押す仕様は必要ないということです
しかし・・・事実現実に20数台は実在しています
これをどう受け止めるかは今これを読んでいらっしゃる貴方様の判断となります


-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-

ACYは機能的内容の御悩み相談所です 
チューニングというのは実に奥深く 実はシンプルな自然の摂理とおりの事の実行です
もっと良くしたい! そう願う方の集まりがACYです
AC・YOSHINO・SMR  (SPECIAL MODIFIED RACING§MODE

Posted at 2015年06月12日 11時12分23秒