地域密着を重んじています!原付スクーターのパンク修理からオイル交換・バッテリー交換・タイヤ交換等各種は常時在庫を備えてます 量販店様やカスタムショプ様とも一味違う生粋の修理屋として皆様のオ―トバイの整備・修理・復元を行う事を本業/業務としております 皆様の所有されてるオ―トバイが壊れている・調子が悪くて困っている・乗っていて怖く感じて危険な状態の時にお力添えさせて頂きます ★☆車検・点検・新車販売・中古車販売・厳選カスタムパ−ツ販売 というように一般的な業務とDEEPな業務を並行して運営しています ★☆SP競侫襯僖錙櫂ット装着〜セッティングOK ★FCR販売〜メンテナンス〜セッティングOK ★FCCクラッチKit販売〜取付けOK   ■ 依頼開始:10:30〜 ■ JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩2分 ■ スポ−ツバイク作業承りは日程の御予約を御願いしております ■ お休み:火・水曜日以外も暫し不定休 他急用時等も店舗対応をお休みさせて頂きます(恐縮ですが告知無い場合もあります) 
メインメニュー
2013-04-17 の記事

お知らせ


明日 4月18日(木曜日)

誠に申し訳御座いませんが

諸事情により お休みを頂戴いたします

お電話 メ−ル の各対応で御座いますが

恐れ入りますが 4/19午後まで

対応が出来ません事を御理解下さい


AC・YOSHINO・SMR


Posted at 2013年04月17日 21時00分49秒

ACYオリジナルパ−ツ・...


★ACY・ZEPHYR1100用・オリジナルパ−ツ・ALL・IN!★

ACY・吉野号をタイヤテスト(T-30)の関係もあり

常々思っていた 

『ACY吉野オリジナルパ−ツで自分のマシンを構成したい』

という思いを遂に完成させました

ハイ・パフォ−マンスパ−ツを取り外し

ACYが販売しているオリジナル商品に変更しノ−マル改部品で構成し

自らが常に使う事を露出させ

『楽しく・気持ち良く・乗りやすく』

を確実に狙い

正確に

今回のタイヤ・モニタ−リングが行えるように

部品の威力によってタイヤの正確な特性が掴めない事を避けました


(仕様変更後)



(仕様変更前)


◆ 変更点第一は

ともあれフロントS20&リヤBT003STというハイグリップ志向から

今回テスト用の T-30ツ−リングモデルタイヤに変更しました

正直グリップは強いものが欲しいタイプの人間(ライダ−)です 

吉野は・・・タイヤにもこだわりが強いんです

非常に戸惑いをもっていますが・・・

そこは『お仕事』ですからね!BSに魂を売った男ですから頑張ります!

これが乗り心地もヤンワリで良いんですよね

街中(町内会)でしか まだ走っていませんが

町内のカ−ブなどでのバイクの傾けは素直そのものです

BT-023の後継になりますが

接地感・たわみ感・ハンドリング応答性などは飛躍的にS-20っぽくて良いですよ


◆ 第二は

MORIWAKI・Spl ショ−トバレル(1品モノ)から

ACY/MORIWAKI・手曲げ99dbモンスタ−マフラ−へ変更いたしました

前記のとおり街中(町内会)での感触は

・・・差ほど変わらないな!という事は

量産99db仕様もパワ−は出ているなと思えます

ただ ショ−トバレルは高速域のパンチや伸びきりは抜群でしたので

その辺りもしっかり確かめたく思います




◆ 第三に

ACY/ノ−マルフォ−ク・カ−トリッジ仕様

OHLINS正立ACYモディファイからの変更です

純正を使った流用・・・と言われますが

そう簡単にいく筈は無く コストは大きく掛っています

そんなに容易く組み込めるモノなら諸先輩方々皆さん実施していますよね

乗り味はストリ−トならば『必要にして十分以上』と判断していますし

サ−キットを思いっきり走らせるのなら

バネレ−トを上げてOIL粘土も吟味していけば十分対応できると思えます

OHLINS正立ACYモディファイよりも柔らかい感触はありますが

これは当然でノ−マルボトムケ−スによる所でそう為っています

メタル支持数が違いますしね

剛性感や圧倒的な踏ん張り感は 圧側のダンパ−が独立していないので

流石に一歩譲る感はありますが

良く動いている! 乗り心地が良い! 接地感が掴み易い!

そういった一般的なストリ−トで使用する部分は

ACY/ノ−マルフォ−ク・カ−トリッジ仕様 に軍配は上がります

吉野ぐらいの突込みならストリ−トでは全く問題が出ません

ツ−リング先でのワインディングや ワインディングまでの道中などは

良く動き衝撃も沢山吸収してくれますから

疲労度も少ないので使い勝手は非常に良いと判断しています

ボトムケ−スもACYブラックアウト・ガンコ−ト仕様です 渋いです


(画像はセッティング前の状態です)

プリロ−ドアジャスタ−追加で容易にセッティングが変更可能です

手で回せるって結構重宝しますよ!


◆ 第四は

ACY/ノ−マルスイングア−ム補強仕様に変更です

MORIWAKI・2010スイングア−ムからのチェンジになります

ACY/ノ−マルスイングア−ム補強仕様は

MORIWAKI製とノ−マルのほぼ真ん中に位置する感覚です

S字などの切り返しも応答性は良いですし

ラジアルタイヤへの順応も抜群です

最近 この商品は販売数も伸びていて嬉しい限りです

こういった『渋い』感じの商材に目を向けて頂けるのは

本当に嬉しいです ありがとう御座います




◆ 第五としては

ACY・Brembo・T-Drive・DISK

SUNSTAR製ワ−クスエキスパンドからの変更になります

Bremboが良いよ!というのは

個人的趣味性も多分にありますが T-DRIVEをZEPHYRに使いたい!

というのはレ−ス好きにおいて当然起こりうる事と勘弁ください。。。

合わせたブレ−キパッドは後日お知らせいたしますね

FERODOではなく 違うものをテストしています

この組み合わせが現在最強に感じます

ブレ−キを掛けた分だけフォ−クを動かせる仕様をズット狙っていましたが

やっと自分なりの思いでは到達できそうです

ブレ−キは効くにこした事は無いと感じますから




◆ 第六は

ACY・ドライヴチェ−ン520コンバ−トKit

チェ−ンをRK・VG520FW-Rに変更しました

D.I.D ・ERV-靴らの変更になりますが

このRK・VG520FW-Rは

実はご存知と思いますが・・・鍛造プレ−トを使用しているんですよね!

HONDA・RC211Vで開発されたモノをそのまま使っている

超贅沢仕様です

D.I.D ・ERV-憩瑛優譟櫂轡鵐哀船А櫂鵑箸靴独稜笋気譴討い泙垢

メ−カ−公式にストリ−トでも十分OKと為っています

これもACYのお客様にはお勧めしていますが

今回のT-30同様トコトンテストしたく思います




◆ 第七としては

リヤブレ−キの固定方法をノ−マル仕様のリジット化に変更しました

以前はMORIWAKI・スイングア−ムでしたので

自ずとMORIWAKI製のリヤブレ−キサポ−トを使いましたが

今回は皆様でも普通に購入できるACTIVE製に変更しました




◆ そして仕上げは

ACY/ベ−タチタニュウムチタンボルトで

アクスルシャフトを締め上げました





私が造った部品・・・ACYオリジナル主要部品を身にまとったZEPHYR1100

これが 吉野自身が 『こうしたかった!』 という形です

ブログで『良いよ!良いよ!』って書いた所で

吉野自身がOHLINSフォ−ク?MORIWAKIスイングア−ム?

では気持ちも伝わりにくいですよね

OHLINS様やMORIWAKI様に敬意を持ち使ってきました

今回大変更を行った結果『柔らかくなったな・・・』というのが本心です

でもこの『柔らかさ』はとてもいい状態だなァ〜って思います

まぁ・・・サスのダンパ−閉めればカッチリ感は出ますから大丈夫ですから

徐々に追い込みを行っていきます

当然ノ−マル状態よりはパフォ−マンスも上がっているのは確かなので

全く不安も無く走れますし

フォ−クの動きは吉野の理想にあります

ZEPHYR1100を手にしてノ−マル状態も沢山確認してきて

フルMORIWAKI仕様も乗って来て

今回ACYパ−ツに全て変更して

これがストリ−トZEPHYRだな〜って つくづく思えます

正直 好きです この仕様は!




内田曰く・・・

『社長!思いっきりディチュ−ンに為っちゃいましたね!』 と・・・

ポロッと言いました

そりゃそうですね!以前の仕様は 

こてこての一級品レ−シングパ−ツのオンパレ−ドでしたからね

速さがあるのは当たり前!仕様でした

今回は第三者が見ても『ディチュ−ン』となりますが

吉野的には 部品を作り売る立場である以上

オリジナル部品コンプリ−トで走る事は

とても大切な事だと思うんです

オリジナリティ−を突き進む覚悟で作業を一気に行いました

ディチュ−ンと評価が下ったとしても

私が造る部品には絶対の自信を持っています

それを 皆様とツ−リングに行ったりサ−キットに行ったりして

存在を証明できれば良いと考えています

速さやタイム狙いなら

以前の仕様のほうが断然有利なのは百も承知の助ですが

オートバイを感じるには ACY部品のほうがいいかなって思えるんです

実際 ACYスイングア−ム補強仕様でT.O.Tを戦ってくれている

ライダ−も居ます

問題は出ていないんです!

そこまで イケる!という事は証明済みなんです

私は 誇りを持ち自らのブランドパ−ツを全て装着し走ろうと

ここに決意しました

『素を活かした』ZEPHYR1100らしさを貫こうと思います



いかがでしょうか?



立ち姿も気に入っているんですが・・・如何ですか?

モンスタ−サイレンサ−の上がりもちょっと変えてます

なんと!潔くセンタ−スタンドステ−(フレ−ムの一部)をカットしました!

上がり方がちょっと違いますよね?

そのおかげで内側にもよりましたよ。。。


◆ 最後に最大の変更点

前後車高を10mm下げました

これは MORIWAKI製スイングア−ム&OHLINS改ACYフォーク

この二つを取り外した事に起きる剛性の降下に対し

車高を下げる事でマシン自体の安定成分を上げ

積極的にライダ−が入力し楽しさを沢山得られるようにしました

楽しい=乗りやすい

ですからね!

-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-


オ−トバイは 心で感じる乗り物であって欲しいと願います

記事の内容に共感いただける方が

一人でも居らっしゃるのなら幸せです

AC・YOSHINO・SMR





Posted at 2013年04月17日 20時40分09秒  /  コメント( 0 )