★☆★ ACY§ACヨシノ ★☆皆様がオ−トバイへ抱えている機能上の問題を解決できます ★☆レ−ス/サ−キット走行が大好きです 地域密着を重んじています!原付スクーターのパンク修理からオイル交換・バッテリー交換・タイヤ交換等各種は常時在庫を備えてます ★☆SP競侫襯僖錙櫂ット装着〜セッティングOK ★FCR販売〜メンテナンス〜セッティングOK ★FCCクラッチKit販売〜取付けOK ★☆★ ACY車検¥49,800〜 承りさせて頂きます ★☆ エンジン・チュ−ニング承ります ★☆ サスペンション・チュ−ニング承ります ★車検・点検・新車販売・中古車販売・厳選カスタムパ−ツ販売 というように一般的な業務とチュ−ニング業務を並行して運営しています ■ 日常の業務は街の皆様の原付バイクの修理を中心としながら スポ−ツバイクのハイレベルチュ−ニングを行う純粋なバイクSHOP  ■ お休み:毎週火曜日午後/毎週水曜日/祝祭日 他は超集中作業日 出張日 配達/引取り時 レ−ス開催日 サ−キット走行日   ■ 火曜日午後は主に登録/車検関連の仕事の為店舗はお休みとなります 水曜日はBDSオ−クションへの参加がほぼ毎週となります ■ 依頼開始:10:00〜 ■ JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩2分 ■ スポ−ツバイク作業承りは日程の御予約を御願いしております
メインメニュー
2013-04-12 の記事

安全性と快適性を求め...


安全性と快適性を求めた場合

Bigネイキッドマシンにおいては特に『軽量化』によって

操縦安定性が大きく向上する場合はあります


では吉野なりの

軽量化という表現の作業に行き着くところの意味をご紹介します

そもそも言葉の通り『軽量化』は構成する部品を軽くしていき

バランスよく纏め上げる作業の事になります

しかし・・・操作感を軽くするという場合も多く有ります

これも一種の『軽量化』と相成ると考えます

例えば『重心』を高くすると

サイドスタンドからマシンを引き起こす時や

マシンが走り出すと軽く感じるものです

ZEPHYR1100はマフラ−を交換すると大きな軽量化により自重が減り

車高があがり自ずと重心も上がります



1100RSは特に効果覿面ですね

GPレ−サ−などがシ−ト自体の高さを変更するのは

一番重いライダ−の乗車高さ位置変化を利用し重心変更させるのは

常套手段ですね

ZEPHYRに限らずアンコ抜きは

これと間逆で重心を下げる方向に向かいます

タイムが上がってきて もっと速さが欲しくなると

S字コ−ナ−などでの切り返しの速さを欲しがる場合に

乗車位置を高くしたりします

タイヤでも同じ180-55/17にあっても

タイヤ外径が大きなものに変更すれば

『おっ!軽くなったな!』と感じるはずです

マシン自体を『高く』上げることでも軽さ・・・所謂操作感の軽さを得られます

簡単なところでは

サスペンションを高い位置で使っていれば

軽く感じるものです

ヘッドパイプの位置が高ければ軽く感じるのと同じ方向になって行きます

しかし・・・高いなどの重心が上がると

マシンはフラっとする印象が発生します

この辺が好みの分かれ目でしょうか?

当然 ノ−マルでは起きなかった『何か』は露出し始めます

ZEPHYR1100のノ−マルホイ−ルは

前18インチ 後17インチ になりますが

もともとの方向性として『安定性が強い』マシンですから

ホイ−ルも必要にして十分以上の重さが与えられています

サスペンションも結構低い位置から使うという状態ですね

フォ−クスプリングの荷重定数を上げてやれば

自ずと重心は上がりますので

ハンドリングが『軽い!』という印象になります

本来 フォ−クスプリングの強化というのは

こういった操作感を与えたり ストロ−クの奥深い所で踏ん張りを与えたりする事です

ZEPHYR1100のノ−マルホイ−ル装着車でも楽しめる!

というのはそういったエッセンスを与える事で楽しさが生まれてくるから

楽しめる!・・・という表現ができるように為ると裏付けます

他には 逆の展開となりますが

フォ−クの動きを規制すると(OILを硬めにするなど)

余計な動きが無い分 操作感やバンキングがシャ−プになった感覚は得られます

こういった手法をノ−マルホイ−ルZEPHYR1100に与えてみると

良いね!っと感じます

が・・・フォ−クストロ−クは使い始める位置が大きな問題になりますから

規制した場合はタイヤのグリップ力やライダ−のテクニックも大きな問題になってきます

何故か?というと・・・タイヤはサスが動かなく為るとスリップします

タイヤのグリップが低くストロ−クが少ない状態は

スリップを発生する時期が速く来てしまうため危険だからです

ストロ−クを規制されたマシンは

ライダ−が積極的な操縦が出来ない場合は寝難いマシンになるかも知れません

しかし・・・ひとたび深くバンクをしてしまえば安定力は上がります

そういった 与えられたセッティングはライダ−の技量や経験値で大きく変わるのは

否めない事実とお解かり頂く事が大切です

『あいつがあのセッティングで速いから同じようにしたい!』と思い

実際同じ様にしても速く走れる場合は ほんの数%でしょう

良いマシンの評価の例として

原田哲也氏がアプリリに乗ってGPで勝利を掴んでいたマシンは

原田氏曰く・・・『ブレ−キを掛けた分だけフォ−クが動く』と評価していました

これは本当に素晴らしい製品&セッティングだと思います

自分の思い通りマシンが動いている証になりますから

安心してブレ−キ〜コ−ナ−リングが出来る訳ですからね

こういった内容を色んな角度から攻めて行けば

『多く沢山のやれる事は現状でもある!』

という事がお解かり頂けると思います

走りにくいから取替えひっかえ部品を換えても

根本的な事が分かっていなければ

どうしようも無いという事態になってしまします

私達ACYが好きな 質実剛健的必要な箇所のみのモディファイが 

こういった話になります

高価な社外フォ−クを利用・使用する場合も

そのフォ−クの性能を発揮させることをフォ−ク自体に求めるのは

間違いでもあり

そのフォークを取り付けた時の姿勢や高さや全てのマシン状態が大切で

使い始めから終わりまでのストロ−クプロセスは非常に大切なのです

装着したからOK!という状態に留めず

実際の使い方で どの位置(高さ)から使う事が自分に合っているのか?を

見極めると安全性と快適性が同時に得られます

こういった作業やセットアップをACYは常に行っています

当然の事 なのですが

当然の事 それ自体が非常に難しいと感じる事も大切なことを十分理解しています

簡単な事ほど実は奥が深く深くなっていきます

その深い部分に行き着かなければ良いマシンは生まれません

それをスペック(商品価値)だけで補おうとする考えは反対意見を持ちます

それを使い切るテクニック(セッティングしかりライディングしかり)は重要に思います

スペックは現在

お金さえあれば 誰でも手にする事が出来る幸せな世の中です

そこに留まる事に重要性は感じません

AC・YOSHINO・SMRは

ライダ−が基本的なライディング要素を思いっきり使い切れる

楽(らく)で楽しく乗り易いマシンを求めます

それがビギナ−の方であっても同じと思います

そういったマシンが本当は速いマシンなのですから

どこかおかしいんじゃないか? 疲れるんだけど? 怖いんだけど?

そういった感覚がある状態だとしたら

御相談下さい

きっと良い方向に向かうはずですよ!


(この記事はタイマ−発信になります)


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

NEW WP4014SPIN ACY Special
The highest grade suspension system
前後17インチホイ−ル装着車対応品
¥230,450-(税込み)

これこそが 
世界に出しても恥ずかしくない リヤショックです!


創業50年の意地をかけた AC・YOSHINOスピリットをお確かめ下さい
Hiding Power & Pure The SPEED 
AC-YOSHINO-SMR  JAPANESE・STANDARD・侍







Posted at 2013年04月12日 20時50分26秒  /  コメント( 0 )

ZEPHYR1100-A1...


ZEPHYR1100-A1に渇入れ!


(藤原氏所有のマシンになります)

ご紹介させていただいた藤原氏同様

ZEPHYR1100を愛しA1にお乗り続ける大先輩方々

如何でしょうか?そろそろ?

リフレッシュや仕様変更などは?

ACYなりのZEPHYRが持つ 

独特の『素』を活かす質実剛健チュ−ンをご提案いたします

そして

MORIWAKI・ファンの方々へ

空冷・KAWASAKI ときたら MORIWAKI

手曲げ・ブラックモンスタ−・99db仕様

数少な・・・ですがまだ間に合います!



-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-

『楽しく・安全に・気持ちよく走る事が出来るマシン造り』
エンジン分解・調整・加工・組立て  足回り分解・調整・加工・組立て
それらのセットアップを 納得の行く内容で仕上げます

AC・YOSHINO・SMR 


Posted at 2013年04月12日 19時33分34秒  /  コメント( 4 )