★ZEPHYR1100のエンジンチュ−ンの承りを再開させて頂きます 御興味のある方はACYフォ−ムから先ずはご相談を御願いします FCRキャブレ−タ−の全国通販数が多く店舗稼働有りのSHOPです近年ご要望に応え国産各車の取扱い開始し通販実績数も高いです 当社オリジナルのCB750(RC42)&CBX750(RC17)専用設計FCRキャブの限定販売/通販/セッティング等はおまかせ下さい! その他の車種全般においてもFCRキャブ通信販売及びセッティング出しまでの全てのご相談を承らせて頂いていますので活用下さい! 通販においては選任スタッフが常駐してますのでフォ−ムからお気軽にご相談を頂ければ的確な御答えを導きだし御回答させて頂きます ■ 依頼最終:〜17:00 ■ JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩2分 ■ スポ−ツバイク作業承りは日程の御予約を御願いしております ■ お休み:事前に各ぺ−ジにありますフォ−ム申請から送信いただきご確認ください 選任スタッフが御回答をさせて頂きます
メインメニュー
2013-02-10

速くなる機能パ−ツ達


速くなる機能パ−ツ達

気持ち良く・安全に・楽しく

これらを狙うのは当然にあります

高額な一級品パ−ツを装着し満足感を得る方々の思いも

当然理解していますし

私も満足感というよりは 使用感が好きですから使いたく思います

それらを正しく扱い使っていただけるよう願う気持ちも

物凄く大きくあります

その上で AC・YOSHINO としては

やはりオ-トバイに求めるものは

『速さ』

になってしまいます

着飾る部品が 速さに直結するものなら正しいと思います

例えば軽量化の為のカ-ボン外装品への交換なら大賛成ですし

軽いスプロケット(SITTA製やSUNNSTAR製)なんて最高に良いと感じます

現在アルミスプロケットの耐久性はどっこいですから

軽いブランドに目は やはり行きますね

『速さ』を求める

これは私の生き甲斐となりますね

しょうがない事実ですので勘弁してください

昔から『速さ』に魅了されてここまで来てしまったので・・・

ホント お許し下さい


速さを産むには エンジン が十分まともな状態が必須です

それに付加価値を付け 潜在性能を引き出す方法

果ては 

エンジン自体 をパワ−アップしてしまう方法

等が先ずは頭に浮かぶと思います

実は 

皆様が興味のあるところでは

エンジン自体に手を加えるという大それた事ではなく

簡単なボルト・オンで行える部品達ですよね?


実際 そういった機能部品はあるんです

では?何故速くしたいのか?

この『何故?』が非常に大切です

速さと引換えにしなければならない事も発生しますから

闇雲な交換には気を付けていただき
(雑誌に書いてあったからというのは理由になりません)

それでも速くしたい・・・ならばOKです

何でも部品を純正から入れ替えれば良い・・・というのは間違いです

何かを引換えにしなければなりませんから

危険な場合もあります

法が変わり 部品交換は認可はされました

マフラー交換に命を掛けるような時代は終わりました

チューニングやカスタムは 大でを振って公道を走れます 

実際は所詮 

改造だということをお忘れなく


速くなる機能パーツ達

色々あります

でも理由や裏付けって中々解らないですよね?

様々な方向から 徐々に御紹介していきますので

ご期待ください


速さばかりを狙うのなら

レーサーを作ってしまったほうが手っ取り早いのが事実です

ストリートでは 楽しむ が大前提になりますから

レーサーの様にイッパイイッパイまで追い込まず

ノリシロを残しつつがイイのだと思います

破掟しにくい・・・がイイですよね

例えば

ストリートライダー方々に

深いチューニング理論を説いても 何のこっちゃい?です

噛み砕いた説明ならば近く感じれますよね?

だから

『昨日よりも速く』

に焦点を置けば 身近な話題になりますよね?

とかく この世は

やれ何だ やれかんだ やれそうじゃない

が付き纏いますが

話題に一旦登るが長続きしないモノが多くあります

ACYは 細くても長く有り続けるような感覚が絶対イイんだと思っています

飽きが来ない・・・それはやはりシンプルな状態だと思うんです

シンプルに速く 昨日よりも速く

そんな機能パーツ達が 結構ありますので御紹介していこうと思っています

細く 長く お付き合いください


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


◆ACYでは オ−トバイを真剣に楽しもうというスタンスの方々に味方いたします◆

Hiding Power & Pure The SPEED 

AC-YOSHINO-SMR  JAPANESE・STANDARD・侍


Posted at 2013年02月10日 10時26分28秒  /  コメント( 0 )