★★ ACY§ACヨシノ ★オ−トバイ職業はHONDAサ-ビス 【エンジン】メカニックに始まり 既に30年以上バイク整備を続けてきてます 地域密着を重んじています!原付スクーターのパンク修理からオイル交換・バッテリー交換・タイヤ交換等各種は常時在庫を備えてます ★☆★ ACY車検¥49,800〜 承りさせて頂きます ★☆ エンジン・チュ−ニング承ります ★☆ サスペンション・チュ−ニング承ります ★皆様の好み通りに塗り上げるカスタム・ペイント承りいたします ★キズ直しや凹みも修理OK!純正補修塗装/板金修理承りいたします ★車検・点検・新車販売・中古車販売・各種カスタムパ−ツ販売 というように一般的な業務とチュ−ニング業務を並行して運営しています ■ 日常の業務は街の皆様の原付バイクの修理を中心としながら スポ−ツバイクのハイレベルチュ−ニングを行う純粋なバイクSHOP  ■ お休み:出張日 配達/引取り時 レ−ス日 サ−キット走行日 ■ 営業時間:11:00〜 ■ JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩2分
メインメニュー
2013-01-17 の記事

オートバイを深く深く...


ACY吉野は オートバイが好き!という思いを綴っている記事がございます『オ−トバイ・・・真面目に好きですね!』記事は↓コチラにございます
http://cplus.if-n.biz/5002051/article/0379336.html 是非クリック頂きお読み下さい!
皆様と同じオートバイ乗りにの私が 皆様の素朴な疑問に御答えします
◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆

オートバイを深く深く探る事をしていれば

ヘビーな改造をこれみよがしに行わなくしても

最高に楽しい乗り味を持つマシンが造れる

そんな事を目標に仕事をしています


以下は雑誌がどうの・・・という話ではありませんのでお気を付けください

特集にて組まれた 『事』 に関して

本当に万人が必要とし それを最高に良い状態で誰もが楽しめる

という言い回しは少ないです

これを 『こういうライダーに使って欲しい』 という言い回しもなく

ターゲットも絞られていない情報に

ライダー達は翻弄をしないのでしょうか?


雑誌で紹介されている上に ブランドの知名度も十分 有名SHOPも良いと言っている

そうなれば『これしかない!』と思う方も少なからずいます

人は一度イメージを植え付けられると

なかなかその概念を覆ません


ストリートはストリートでしか味わえないノリが存在します

レース専用雑誌はイイとして

自分も含め気をつけなければ為らないのは

一般ユーザー様において レースで勝ったからイイんだ!

雑誌で好評を得ているから安心なんだ・・・

という定説は もう止めた方が良いと思うんです

レースなど行っていないSHOP様の中にも

この人には敵わないな!という整備士の方は実際にいらっしゃいます


私の言いたい『チューニング』とは

望まれた方に 望まれる内容を渡す 事のように思います

チューニングとは調律になりますが

大きく言えば『治す』です

元の状態に戻す これは修理ですね

チューニングはその先の一部です

もっともっと速さを狙い追い込む仕様はチューニングになります

もっと言えば改造を施した先に存在する事がチューニングなのですね

速く走る為に生れたマシンを更に速くする これはチューニングでしょう

速く走る事が使命ではないマシンを速くする これは先ずは改造です

改造を施した上に行う速さを求めた作業がチューニグでしょう


改造ピストンや改造カムを装着すれば ある種簡単に出力は上がります

それだけで『チューニングしました』と言われても ???ですよね

改造を施したものを 如何に使いやすく乗りやすくするか 

そしてオーナー専用にセットアップができているのか?がチューニングと感じます

本物のチューニングとは 誰が乗ってもイイと言わしめる事の上に

オーナー専用仕様にする事なのだと思います


だからお客様と もっと色んなお話をしたいのが本音です

そうすれば ご本人専用の素晴らしいマシンは絶対出来上がります

いいんです・・・ちょっと乗りづらい所が少しあるんだけど・・・って伝えてください

ここからが始まりじゃないんでしょうか?

誰かに 『それって普通だぜ!』と言われても 

本人様が『ちょっとね・・・』なのですから

本人様専用のスペシャルチューンになるんです

そうしていく事で たった一人だけの価値が大きくなりますものね!

逆に 誰かが『乗りづらい』っと評価したマシンであっても

『これは こう乗るとイイんだよ・・・』 でもそれは

『俺(自分)のマシンなんだから俺が知っていればいいこと』

そうなんです 解りきって乗る という事もチューンドにはあるんです

これは 壊れていての話ではありません

わざと自分スペシャルに向けているのですからアリなのです

他人が乗ったらどう思われるか?は関係ないのですが

造り手が居るのなら その人とだけは情報を共有するべきでしょう


そういった 街乗りには街乗りの 『意味』 みたいなモノがあります

それをレースバリバリのメカニックに言っても何のこっちゃい??が落ちです

だから私は ハイカムでツーリングに行きます

それも乗りづらいと言われるハイカムで 皆とツーリングに行きます

そこで乗りづらさの先にある故障を起こさないように

出向く前に徹底的にマシンと自分に調教を与えます

その様々なアプローチはやがて膨大なデータになります

そのデータや経験が 皆様のマシンに活かされます

皆様がが仲間と行くツーリングという楽しい場で

ご自身(御客様)のマシンがおかしくなり仲間に迷惑を掛けてしまわぬように

細部にわたり気配るマシン造りを行えるようになるのも

自身に常に課題を与える事で そういった造り方の理論も形に出来るようになりました


とにかく自分のマシンを虐め抜く事を心がけています

お客様のマシンではできませんから 常に課題を持ち自身が自分のマシンで試します

ツーリング時に 『苦しそうだね?』 って言われる時もありますが

私は全くそんな気持ちはありません

逆で ハイカムの効果で回転の上昇がシャープになっているマシンに乗ることが

楽しいのが事実ですし

走りながら与えた課題に対し あれこれ悩むのも非常に楽しいんですよ!

そういった 『苦しそうだね?』 と言われながらも トラブルは無しに皆と走る

これでイイんです

それが サービスメカニックの勉強の場なのです

最高のテスト場が ツーリングという過酷なステージであると思っています

サーキット走行も 常に課題を持とうと心がけます

渋滞・とろとろ運転・過酷なストップ&ゴーの繰り返し・カッ飛び・雨・悪路・・・

様々じゃないですか?

これでも俺のZEPHYR1100は普通に帰って来れるよ!ですからね


有名なレースに勝っていなくってもいいんです

そんな事に価値は求めて居ません

レースはライダーが主役です ライダーに合わせるのがイイんです

レースも基本的には同じ考えを持っています

オートバイを深く深く探る事を こうやって行っていれば

本当の整備力は力チカラを付けて行けると信じています

◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆

ACY陸送システムの料金の変更を致しました 是非御活用下さい! 
ご自宅に居ながら修理・チュ−ニングを行える画期的なACY独自のシステムを
更に御利用しやすくさせて頂きました 陸送料金の変更記事は下記URLをクリック下さい
こちら   http://cplus.if-n.biz/5002051/article/0276183.html 是非御覧下さい!

◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆

Hiding Power & Pure The  SPEED 

AC-YOSHINO-SMR  JAPANESE・STANDARD・侍


Posted at 2013年01月17日 23時44分18秒  /  コメント( 0 )

『乗り易い』・・・す...


ACY吉野は オートバイが好き!という思いを綴っている記事がございます『オ−トバイ・・・真面目に好きですね!』記事は↓コチラにございます
http://cplus.if-n.biz/5002051/article/0379336.html 是非クリック頂きお読み下さい!
皆様と同じオートバイ乗りにの私が 皆様の素朴な疑問に御答えします
◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆

ACYは

『乗り易い』をい徹底的に狙うSHOPです

マシンに望む事は このように明確です

調子が良い!すなわち それが乗りやすさじゃないですか!

これが一番ですよね?

人間と一緒です

調子が悪いと・・・波に乗れません

思った通りに走ってくれると

人生も楽しくなちゃいますね!

人間と同じ・・・という事は準備運動も無しにペースを上げたら

心臓(エンジン)が苦しくなるように 

関節や筋肉(サスペンション)がおかしくなるように

マシンも苦しむんですよね

週に一日しか乗れない・・・勿論お仕事もあって 家事もあって

しょっちゅう走らせる事が出来ませんね

調子が悪くても 男だったら気合だぜ!って乗り切っちゃうんでしょうが

マシンは悲鳴をあげる方向にいってしまいます

私たちACYは 調子の悪い根源を見抜き

的を得た作業で調子を取り戻す事に集中します

私たちACYはチューニングも出来ます

チューングの基礎は整備から始まります

『何がおかしいかなんて解らないけど・・・調子良くない』

そんな場合ありますよね?

相手が機械ゆえ 『お腹が痛い』 って言ってくれません

難しいですね

ご相談下さい! 何かのヒントが産まれるかもしれませんからね!

持っている全てでお答え(お応え)をお約束致します


派手な改造(カスタム)いいじゃないですか!人生が潤う手段ですから!

それぞれマシンには歴史があります オーナー様の息が掛かって!

全く反対はいたしません!趣味ですから!

そういった事では無い!という方も居る

いいんですよ!そういうスタンスは生きて来た経歴で生まれるんですから

それぞえれあっていいんです!

色々な趣向が存在する趣味

オートバイって独特ですね

不具合を抱えながら・・・解んなくって・・・

これ付けたら良くなるって雑誌で(ネットで)見たから付けてみた・・・

でも良くなんない・・・

これって当然です

そういった製品てオートバイが正常な状態で開発されていますからね

そこを どうかお忘れなくお願いしますね

不具合の根源を退治しましょう!一緒に!

◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆

ACY陸送システムの料金の変更を致しました 是非御活用下さい! 
ご自宅に居ながら修理・チュ−ニングを行える画期的なACY独自のシステムを
更に御利用しやすくさせて頂きました 陸送料金の変更記事は下記URLをクリック下さい
こちら   http://cplus.if-n.biz/5002051/article/0276183.html 是非御覧下さい!

◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆

AC・YOSHINO・SMR (有限会社オ−トサイクル・ヨシノ)
代表取締役 吉野富三郎

国家2級ガソリンエンジン整備士資格保有
国家2級ジーゼルエンジン整備士資格保有
HONDA2輪1級サービスエンジニア資格保有
MORIWAKI・ENG テクニカルサポ−トSHOP
本物の国家資格整備士が御客様方々の愛するマシンを調律いたします

Hiding Power & Pure The SPEED 
AC-YOSHINO-SMR  JAPANESE・STANDARD・侍



Posted at 2013年01月17日 15時39分52秒  /  コメント( 0 )

昔から言われるマシン...


ACY吉野は オートバイが好き!という思いを綴っている記事がございます
『オ−トバイ・・・真面目に好きですね!』記事は↓コチラにございます
http://cplus.if-n.biz/5002051/article/0379336.html 是非クリック頂きお読み下さい!
皆様と同じオートバイ乗りにの私が 皆様の素朴な疑問に御答えします
◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆
ACY陸送システムの料金の変更を致しました 是非御活用下さい! 
ご自宅に居ながら修理・チュ−ニングを行える画期的なACY独自のシステムを
更に御利用しやすくさせて頂きました 陸送料金の変更記事は下記URLをクリック下さい
こちら   http://cplus.if-n.biz/5002051/article/0276183.html 是非御覧下さい!
◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆

あれを付けないと速くなれない

これは大間違い

これを付ける事によって速く走れる未来がある

こうなる事が『明日のための速さ獲得』への近道です

ハイパフォーマンスパーツは使い方を求められます

効果を発揮する領域も高く設定されている場合も多くあります

そして

違和感のある箇所に執着してしまう事は

実は大きな間違いである事が本当に多くあります


例えば・・・リヤブレーキ

コーナーに高い速度で進入した場合(サ−キットなどで)

ブレ−キング時にはフロントフォークに多くの荷重がかかります

リヤサスは伸び切ってしまう事もあります

でもこれが普通のブレ−キング状態なんですよね

ここまで感じ取れないから 

カニを効かせたいってなっていくんです

スポ−ツをする場合は リヤブレ−キは補助ブレ−キと考えるのが妥当でしょう

その状況でリヤブレーキペダルを踏み付けると

当然の事ながらタイヤ接地面積がリヤサスの伸びきった状況もあり

ロックし易くなり後輪がバタつく現象が起きます

部品は乗り方によって効果・機能は大きく違う働きをします

だからヨ−ロッパではカニでもリヤは十分なのです

根本的にヨ−ロッパ産のスポ−ツモデルは

字のごとくそのカテゴリ−のマシンを購入した場合

スポ−ツをする前提になります

当然 そういった使われ方が望ましいとメ−カ−も決めています

だからカニでも良いんです

この場合対処するにあたり

ライダーはライディング(進入アプローチ)を変化させるか

リヤサスの伸び側ダンパーの設定も含め

フォ−クの入り込むスピ−ドや使っている時間が大きな問題ですから

フロントフォークのセッティングやバネレートを見直し

ライディングに変化を与えることが必要になるのが

事実なのです

そして

車体の姿勢やバランスを見直す必要も出てくるのでしょう

リヤブレーキがロックし易い 

リヤブレーキがコントロールし難いからといって

部品がおかしい・・・というのは日本人だけです

リヤブレーキシステムをむやみに変更するのではなく

実際は先に行う事が沢山あるのが本筋です

本来 どう使うべきか?どう対処すべきか?が大切で

それを知ることに集中するべきだと思うんです

コーナーリングアプローにおいて

ブレ−キング時のリヤ側の挙動を抑え込もうとした場合

マシン設定を変更する事をしたとします

でも・・・どうしても速く走れないとなれば

リヤブレーキキャリパーをピストン径の小さいものにしたり

小径のディスク板に変更したりする事が必要になって行きます

結局

進入時にはリヤをあまり使うことなくフロントブレ−キを

上手に制御できる方が

良いのでは?と気がつくことも必要だと思えます

コ−ナ−に入ってから(バンク中)スピ−ドをコントロ−ルする働きをさせた方が

良いんだなと気がつくはずです

(町乗りや峠の走行の場合は また話が違ってきますから混同しないでくださいね)


実際 答えはもっと奥深場所にある事が非常に多いのが

オ−トバイの事実です

オートバイ自体やライディングは

昔から 『科学的に見ることが大切』 といわれるのは

こういったウンチクが必要とされ 

それが速さに繋がっていくのが本当の話ですし

安全に繋がるのも尤もな話です

『立ち姿で 大凡マシンが解る』

とはそういった内容が結構浮き彫りになって見えるのも本当の話ですし

見た目の姿勢と 実際の乗り味が違うという事も多くあります


要は

乗り易い 楽しい と感じれるマシンを作るのは

一筋縄では行きません


でも深く深く考えれば ワクワクしちゃうんですよね

良いマシンにしたい! っていうのは

部品を交換していく事に集中されがちです

もちろん趣味ですから それはそれで良いとも思います

でも

そういった考えるという

細かい事の積み重ねがあってこそ

オ−トバイは成り立って行くものだと ご理解もらえると嬉しいです


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

★★シ−ズンOFF突入ですね ★★
関東都心も雪が降り交通機能がお恥ずかしながら麻痺しました・・・
春までまだ時間はあります!如何ですか?一丁!ACYにお任せして下さいませんか?
正統的なオートバイ整備・チューニグ・バッチリと仕上げて春をお迎え下さい 
エンジンオ−バ−ホ−ル・各部のメンテナンス・大きな改造等をご予定中の方!
現在ACYでは順次作業のご予約を受け付けさせて頂いております
ACYまでメ−ル→t-yoshino@acy-samurai.co.jp 若しくは 御電話→04-7174-0336 を下さい
クレジットも御用意させて頂いておりますので御気軽にお問い合わせ下さい

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

JAPANESE・STANDARD・侍
AC・YOSHINO・SMR (有限会社オ−トサイクル・ヨシノ)



Posted at 2013年01月17日 00時45分32秒  /  コメント( 0 )