地域密着を重んじています!原付スクーターのパンク修理からオイル交換・バッテリー交換・タイヤ交換等各種は常時在庫を備えてます 量販店様やカスタムショプ様とも一味違う生粋の修理屋として皆様のオ―トバイの整備・修理・復元を行う事を本業/業務としております 皆様の所有されてるオ―トバイが壊れている・調子が悪くて困っている・乗っていて怖く感じて危険な状態の時にお力添えさせて頂きます ★☆車検・点検・新車販売・中古車販売・厳選カスタムパ−ツ販売 というように一般的な業務とDEEPな業務を並行して運営しています ★☆SP競侫襯僖錙櫂ット装着〜セッティングOK ★FCR販売〜メンテナンス〜セッティングOK ★FCCクラッチKit販売〜取付けOK   ■ 依頼開始:10:30〜 ■ JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩2分 ■ スポ−ツバイク作業承りは日程の御予約を御願いしております ■ お休み:火・水曜日以外も暫し不定休 他急用時等も店舗対応をお休みさせて頂きます(恐縮ですが告知無い場合もあります) 
メインメニュー
2013-01-02 の記事

CB1300SF(S...


【以前】

高馬力を叩き出した田所氏所有の CB1300SF(SC40)



その真実

疑問を抱き正確な馬力を測定する作業を再度行いました

エンジンを組み上げてから 20000Kmを走破したエンジンですから

もっと真実を知りたいと考えました

実際・・・ダイナモは環境・気温・湿度・設定・メーカー・テスター

によって様々な数字が出てしまいます

簡単に言えば・・・アテになんないということですね

今回は ZEPHYR1100の今後の商品展開(フルエキ)も含め

事実を把握し マフラーでの性能向上の真実も知るために行いました 

まぁこの車両は現時点のACYの作業ではないのですが(数年前に行いました)

通って来た道がどうだったかを正確に確かめたいという思いがあります


常に

同じダイナモで指標をもち同じ条件で測定し続けなければ意味がありません

そこで鈴鹿にマシンを持ち込み

TSR様にお願いをして 本当の測定をして頂きました

TSR様といえば

全日本スーパーバイククラス王者 鈴鹿8時間耐久レース王者

いわゆる日本のチャンピオンです

近年は世界GP・Moto2クラスで好成績を出している

実質HONDAワークス活動をされる 

日本が誇るコンストラクターチームです

そのTSR様が所有するダイナモは

CBR1000RRやMoto2・CBR600RRエンジンの管理も徹底して行うため

本田技研工業(株)研究所と同一に測定数字がたたき出される設定内容にあります

嘘偽り無い数字になります


そこで

叩き出された数字は 後輪測定160PS/13kgf−m 

そして13kgf−mのトルクは はやりフラットに出ていましたし

実際トルクから導き出す馬力が正当数字になりますので

係数を掛け合わせると10000rpmで182PS

これが 田所氏所有の CB1300SF(SC40)の真実となります

そして次なるステージに上がるべき

マフラー制作に突入します!



ACYのコンセプトが通用するか否かを確認すべくTSR様にお願いをして製作します

勿論目標は現状以上!

勿論採用されるサイレンサーは現状同様

ACY・侍リミテッド・チタンサイレンサーになります

182PS以上!これを達成すべく

オーナー様を交えディスカッションした結果

現状の出力・トルクを超える価値が制作においてはあると ACY&TSR様は感じました!


【田所氏所有 HONDA・CB1300SF(SC40)エンジン仕様】

◆ MORIWAKI手曲げフルエキ&侍サイレンサ−
◆ ヘッドポート加工(ファインチューン)
◆ バルブ研磨加工
◆ ヘッド合せ面研磨加工
◆ シリンダーヘッド合せ面研磨加工
◆ YOSHIMURA ST-2ハイリフトカムシャフト(無加工)
◆ JE鍛造ピストン(無加工)
◆ コンロッド重量バランス
◆ エンジン・総分解整備組立
◆ 使用OIL MOTUL300V15w50
◆ 各部品コーティング類一切なし
 

以上作業後 20000Km走行後後輪測定最高出力160PS 最大トルク13kgf−m

無コーティングで20000Km走行後ですので

次なるOHがあれば更に上は確実に行きます

今回は マフラーのみでどの位望めるか?

そうですね・・・コンストラクター側もくたびれて来はじめたエンジンですから

難しいTRYになります

結果はまた ご報告させて頂きます



Posted at 2013年01月02日 15時06分32秒  /  コメント( 0 )