■ カワサキ ZEPHYR1100 一般整備 一般修理 カスタム 車体チュ−ニング FCR販売 / セッティング エンジンオ−バ−ホ−ル  ■ ホンダ CB750 ( RC42 ) スポ−ティ−に楽しく走らせるための対策品 FCC製クラッチキット と フォ−クスプリングキット 販売中 ★ 本来の御問合せ/御注文フォームはサ−バ−不調の為只今利用できません acy-smr@jasmine.ocn.ne.jp  ← こちらを御使用下さい ■ 各車FCRキャブレタ−の販売や整備も承ります  ■ 前後サスペンションの整備も承ります ◆ 定休日:毎週水曜日 出張日
メインメニュー
2012-09-16

#8・REBUILD...



【#16・REBUILD・UP・COMPIETION】




先日

ノリの違う ZEPHYR1100 に

REBUILD・UP ! 

ACYが提案する パ−ツを組み込み

良くないと思われる部分を 改善してみました

エンジンもス−プアップ カムもリニュ−アル

シャ-シも ACY・ism



飛び交う情報に否定はしません

でも それが本当に適しているのか?が大きな問題です

ライダ−に多くの情報を入力する仕様は

とても大切ですし 楽しく・安全に・気持ちよく走る為には

絶対必要です

いかがでしょうか? ここらで 『マシンと思考をリセット』 してみませんか?



思うんですが・・・

例えばマルケジ−ニについて



このブランドに 一般市販品で真っ向勝負できるモノが

実際に存在するのでしょうか?

歴史を紐解いてみてください

『レ−スで転倒し大破したホイ−ルこそ 最高の教材だから真っ先に持って帰る』

でも・・・『中々めぐり合えないんだよね・・・本当に』

という ホイ−ルテクノロジ−社 石原社長のお言葉です

それくらい 安全面では確かなものなのでしょう


私は レ−スが全ての基準 という考えは一切ありません

レ−スというピンポイントの中から得られるモノは

そのままストリ−トに還元など出来ませんから

レ−スとは 本来は実験の場と思っています

レ-スから得た『ダメ』な部分を潰しつくす事は非常に有効と感じます

ダメ潰しはチュ-ニングの基本ですから

そこを 捕らえ間違えてしまうと可笑しな話になっていきます

今は様々な形態のレ−スがあります

真剣に ストイックに 命掛けて ・・・ という場はメ−カ−が行う事ですから

ユ−ザ−主体に傾くのも頷けます

そういった様々な情勢を シッカリと受け止めながら

競技として正立するなら 真剣にバックアップはしたく思います


余談ですが

MOTUL-300V は本当に良いOILです

ACYは エンジンの組立て油は 今も300V15w50を使用します

エンジンが組みあがった後 注入するOILも300Vです

そこまで信頼しています

300Vを使えるエンジンにすれば良いだけの事です

300Vのウイ−クポイントを知ることに 始まりはあります

ダメ潰しですね

T/Mが 発熱によって渋くなるのなら 渋くなる根源を見直せば良いだけの事です

でも一般的ユ−ザ−様には 

そうそう『T/Mフィ−ルアップ加工』が行き渡りません・・・

何故なら エンジンを分解しなければ出来ない訳ですから・・・

なら・・・一般道USEで300Vを超えた『印象』を与えられるモノは??

代わりとなるモノはないか?? と探した後 これなら!と思えたモノが

MEISTER3000AX や BELRAY・EXSになります


今回の #8・ZEPHYR1100は

ACYが提案する 『ZEPHYR1100らしい 行く末』 が

形となって表されています

マルケジ−ニ・M7RS ホイ−ル

ACYチュ−ンド・OHLINS43mm正立フォ−ク

ACYノ-マルスイングア−ム補強&リジットブレ−キシステム

WP4014SPIN・ACY-Splリヤショック

SUNSTAR・レ-シングエキスパンド・ブレ−キDISK

そして MORIWAKI80mmピストンKit&カムシャフト を突っ込んだエンジン

オ−ナ−様は 『一から出直したい』 とハッキリ申し出て下さいました

それは それは 相当造りこんであったマシンでした

実際 速いマシンでした

今回のオ−ダ−は 『完全にライダ−に情報が入りやすいパ-ツチョイス&設定』 です

スペックを追いかけていた 以前の仕様からの変更には

それは 大きな勇気が必要だったと思います

なぜなら 『出来上がっていたマシンをリセット』 する訳ですので

海のものが 山のものに変わるかもしれませんからね。。。

でも 今回着手する前に

ジャブのようにACYが味付けを変更していった車両に対して

共感を持って行ってくれた結果が オ−ル・リセットだったんだと感じます


オ-トバイはエンジンが支配し エンジンがサスを動かします

もし・・・非力なエンジン&巨体というパッケ-ジングを活かしながら

サスを決めて もっと速く走りたい・・・といおう願望がある方は

どうぞACYにお越し下さい

それは 非常に困難な道のりかもしれませんが

必ずZEPHYR1100というマシンを深く理解できると断言できます

しかし 危ない場面にも必ず遭遇して行きます

でも俺はやる!というのなら真剣にお力添え致します

それを具現化するアプロ−チはご用意できています


要は 己のテクニックを磨き上げたい!

という潔さによって マシンの姿は決まるモノです

そうです 潔さ こそが近道なのです

今は ドレスアップも簡単に行える世の中です

その中で 無骨なイデタチのマシンを見ると・・・

『ゾクッ』とする事が

オ-トバイには必要なんだと思うのが AC・YOSHINOなのかもしれません


AC・YOSHINOは 実際エンジンが大好きです

オ-トバイはエンジンありき! という考えは昔から続いています

エンジンも『ダメ潰し』がチュ-ニングの王道と捕らえています

良いところを グンと伸ばそうとすれば破滅は近寄って来るものです

もうちょっと・・・これが破滅への第一歩なのですから。。。


『トルクを搾り出す』

ココが大切なのです

トルクが希薄なマシンは 危険な香りがプンプンしますから。。。

速く走れるマシンは 大抵低速域が決まっています

割り切ったカムを使っている吉野のZEPHYRは例外ですが・・・



AC・YOSHINOは

『オ-トバイは エンジンありき』

というライダ−が増える事を 願ってやみません!


無骨さゆえ 速さが宿る

こんなスタイルも 今の世には斬新となりますが

いいじゃありませんか?


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
Come On!リターンライダ−の方々へ!

ACYではライダ-に優しい乗り味のマシンを造って行きたく思います
マシンを真剣にチュ-ニング(調律)して乗り易い設定にします
先ずは扱いやすいマシンで楽しく乗って頂く
コレを目標にACYはオリジナル商品を開発・販売・そして作業をしています

ACYはリタ−ンライダ−を応援します!!ACYにお任せ下さい!!
何が良くって 何が悪いのか 一緒に 笑いながら 楽しく 
行く末を見定め真剣にパ−ツ吟味いたしましょうよ!

カッコイイが良いじゃん! ですよね!
渋い 粋な 安全なマシンを 造りませんか?

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

★ ACY・シリンダ−・プラト−ホーニングの威力
こちらをクリックください→ http://cplus.if-n.biz/5002051/article/0250717.html 
に記事が御座います

★ ACYでの エンジン・オ−バ−ホ−ル&エンジンチュ−ニング
こちらをクリックください→ http://cplus.if-n.biz/5002051/party/21352 
に記事が御座います

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

Hiding Power & Pure The  SPEED 

AC-YOSHINO-SMR  JAPANESE・STANDARD・侍



Posted at 2012年09月16日 09時34分46秒  /  コメント( 0 )