CB750(RC42)&CBX750(RC17)専用設計FCRキャブレタ−の限定販売〜取り付け〜調整&オ−バ−ホ−ル等をお任せ下さい! その他車種においてもFCR&CRキャブレタ−の販売〜セッティング出しまで行っていますので不調等のご相談も承らせて頂いています ★CB750(RC42)&CBX750(RC17)専用ウオタニSP競侫襯僖錙櫂ット販売〜取付け〜セッティングまで全て承りさせて頂きます ★原付スクーターのオイル交換/バッテリー交換/タイヤ交換等 各種は常時在庫を備えてパンク修理まで御力にならせていただきます ■ 依頼開始:10:30〜 ■ JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩2分 ■ スポ−ツバイク作業承りは日程の御予約を御願いしております ■ お休み:火曜日(午後若しくは終日)&水曜日(終日) H30年12末まで土・日・祭日も御休み有り・事前にフォ−ムからご確認ください
メインメニュー
2012-07-09

目的に合わせること



何に

『負けたく無い』ともうすのか?

それは解りませんが

御客様は言われます

そういう熱き魂が大好きです

『負けたくないからアクセルを戻せなかった・・・!』

これこそオ−トバイの原点と私は思います

そして

『コ−ナ−を鮮やかにクリア−出来た・・・調子こいたら次ですっ転んだ』

これこそ速くなれる原点だとも思います

こんな御客様との 話は手っ取り早いです

目的が明確にありますから

正直な気持ちをオ−ダ−として頂くのが最高にスム−ズですから。。。



吉野は たまたま業界に長く居ます

例えば『ブレ−キが効かない』というマシンが入庫したとします

当然試乗します 少し気合を入れて乗り込めば何がいけないのかは解ります

システムがおかしい ある部位がおかしい サスが入りきってる ライダ−による弊害

バイク屋ですから見抜く事は必要です

そこで

『これこれがこうで・・・』と説明いたします

時に・・・御客様においては『金儲け考えて吹っかけやがって』となる場合が

稀に有るのかと感じます

普通のSHOP様ならそんな低次元の話をする訳は毛頭御座いません

『良くすべき方法論』を知っています 

それも相当多く知っています

そんな中で御客様の懐具合を見ながら話なんかしてたら

御客様は事故に遭い死にますよ

ズバッと解くだけです

Bremboが良い理由も勿論正当論で御伝えいたします

本当の事が なんだか解らない位情報が蔓延りすぎなのでしょう

例外除けば『機械』ですから使用過程で

おかしくなっていくものです

そして走行ペ−スが上がってくれば 機能部品の追従が足りなくなるのも当然です

そういった事を受け入れて欲しいとも感じます

確かにお金は掛かります

その掛かってしまう理由の根源は 

部品を選ぶ『目』も見直して頂きたいという事です

中途半端に触れば『最後に触った奴のせい』がこの世の常です

だから我々は多くを説明する場合も御座います

たった一つ触っただけでも 全ての責任を被る場合がありますから

ネットでの情報を伝えるのではなく 

関わってきた事実 感じてきた実態 得られた経験でモノをしゃべっています

例えばブレ−キホ−スもキャリパ−やマスタ−を交換すると

長さが足りなくなりますよね? ACYでも頭を抱える局面です・・・これは

短いブレ−キホ−スを使っているとサスが伸びきった時

『カシメ』が外れて非常に危険です

でも その長さになった経緯も必ずあります

他にはブレ−キホ−スを変えないとブレ−キが本当に効かないのか?は違いますよね?

ブレ−キホ−スの重要性が感じられたら交換する

でもその時は相当走り込んだ時なのではないでしょうか?

それと時同時にキャリパ−やマスタ−を交換しても遅くないですから

ホ−ス一つでも痛い出費に為りかねませんから。。。

前での話しになりますが

何故ラジアルポンプなの?も本当の本物の情報をSHOPに聞いて下さい

我々はクソ握りをした時代のブレ−キからRC30マスタ−やセミラジアルを経て

ラジアルポンプにたどり着いた経緯を身を持って体感して来ています

何故?ワ−クスマシンのブレ−キレバ−を握るとプニャプニャなのか?

この理由は一体何なのか?も行きつけのSHOP様に聞いてみて下さい

真実を知るべきです

今は状況も良くなり部品がそこら中で購入できます

『何を買ったら適当か』ではなく

『未来に繋がるものは一体何だろう』を知って頂きたいです


例えばレ−サ−の場合 その予選・決勝などには

必ず出走しなければ為りません

しかし転倒などでの思わぬトラブルが発生!

しかし走る為の最低の安全を確保し出走させる

という行為は当たり前に行います

ストリ−トでも『とりあえず走れれば』がまかり通った良い時代も有りました

道中ですっ転んでも 何とか自力で帰還してました

今は提携SHOPだかなんだかの関連で駆け込み

どうにか自走で帰れたのに・・・『あの店に行ったらこんなにされた・・・』

帰れるようにして頂いたのに 可笑しな話です

事情はあったはずです 必ず『経緯』が。。。

本来は何事も自己責任の塊なのだと思います 

レバ−刺し食べるのも ユッケ食べるのも みな同じです

その昔のオ−トバイ乗りには多くがありました・・・『自己責任』というそれが

話は変わりますが

極真空手という団体の返事は『押忍』以外ありません

いついかなる場合でも『押忍』のみです

骨が折れたとしても『大丈夫か?』と聞かれたら『押忍』

『医者行くか?』『押忍』

『どっちなんだ?』『押忍』 

『大丈夫なら稽古続行!』『押忍』

『おまえヤッパリダメだろ?下がれ!』『押忍』

こんな具合で 潔さや気合のみが試される団体です

自己責任の塊です 行くも行かぬも自分次第です

話がそれました・・・申し訳御座いません


昔のオ−トバイ乗りの方々はTT100でガンガン峠もサ−キットも走りました

動力性能も路面も今とはツキとスッポン

でも走ることのみを楽しんでいました

カッコよく走りぬく事のみを考えた潔さも有りました

すっ転んだら当然自分自身の性

THE・男の乗り物

的な荒ぶれた不良の乗り物でした

その名残が 現代の多くを占めるライダ−層ともいえます


情報の掴み難い高級フロントサスペンションシステムを買い 右へ習えで良いのか?

思わぬコ−ナ−中のギャップに前タイヤがすくわれて転等しかねますよ!

だからACYはモディファイします

こういった事は何処にも書かれていませんよね?誰も言ってはくれませんよね?

尺度にあった物で修行するべきか?

安全をとるか?

それは 各々のスタンスですが

何を目的にするかが 大きな問題です

ギャップの通過の仕方を覚えてから交換すれば

高級フロントサスペンションシステムも

大いに使いこなせると思いますが・・・

あまりにもリバウンドストロ−クが無いのは危険だと思います・・・ストリ−トでは!


以前WP様に 『WP製フォ−クスプリングを取り扱おうと思いますが?』

といったところ 簡単に跳ね除けられました。。。

フォ−クスプリングはOHLINS製を多く取り扱っているACYを良く知っての回答です

『ACYのスタイルに うちの市販品は絶対合わないから止めて下さい』

信じられない回答です・・・話は以下に続きます

ACYを訪れる御客様はフロントサスに関してはプログレッシブ特性(二段バネ)よりも

シングルレ−ト『直巻き』を好まれると思うし

特にWPのZEPHYR1100用はストリ−トをオ−トバイながらに

ユックリ景色を楽しみながらツ−リングをして

たまに峠に入ったらペ−スを少し上げるようなライダ−設定ですから

SHOPスタイルを変えるような事までして

WPフォ−クスプリングを取り扱わない方が良い!

と言われたのです

ならば 普通は2通りを・・・と考えますが

そこで二足の草鞋を履けば ハ−ド志向の方々はSHOPスタイルに困惑し

がっかりもするのです!ということを仰られました



巷で

フォ−クスプリングは『シングルレ−ト』に限る!

という風習が御座います

ACYもシングルレ−トを多く取り扱っていますが理由がシッカリ御座います

しかしプログレッシブには 前記のように それなりの持ち味があります

サ−キットで本当に速く走るライダ−にはプログレッシブ効果が必要ない場合も有ります

ACYのようにZEPHYRで狙いどころがシングル領域なSHOPも有ります

でも皆が皆『ダメ』はありえませんし

世間はダブルレ−トをダメだ!という評判で壊滅的に追い込んでいるのも事実ですが

フロントにWP製フォ−クスプリングを入れフォ−クの突き戻しを増やして 

リヤを下げたWPリヤショックで走るZEPHYR1100がありますが

それはそれは乗り易いマシンです

リヤ下がりですからプログレッシブ効果を上手に引き出した

前後の高さに設定されますから

自ずと狙う方向性はクイックな特性にはなりませんが

疲れにくい良いマシンなので速いペ−スも まかなえるセッティングになり

ツ−リングライダ−には持って来いの内容のはずです


要は 闇雲に物事を見てはいけないと思うのです

理由が皆あるのです

これ使ってんだ!おかしいんじゃん!

そうではなく そこで理由も聞くのは何ですから 

何も言わず察すればいいことです『訳があるんだ』と・・・

WPフォ−クスプリングにも 良い所が有ります

OHLINSフォ−クスプリングにも良い所は有ります

双方共に 『もうちょっと』 という場面も確かにあるんです

それをセッティングという魔力で解消するのがプロです

あくまでも吉野的ですが たまに思うことは 

OHLINSでは使い始めは良いが もうちょっと奥も使いたいな

とか

WPで最初の使う位置を高くすれば他はOKなのだが・・・って

ストリ−トの多くのライダ−が実は感じているのでは?と思えます

その二つを叶えたい願望に囚われ フォ−クと睨めっこする日も御座います


結論は

選択時に『目的を誤る事』が最大の問題点なのだと考えます

行くも行かぬも自分次第なのですから

『こうしたい!』

をSHOP様に御伝え下さい


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

WP4014SPINーACY・Spl / Fou-ZEPHYR1100

WP4014SPIN ACY Special
The highest grade suspension system
前後17インチホイ−ル装着車対応品
¥230,450-(税込み)

``ノリ``の違うZEPHYR1100へと変貌致します

幾度となく改良に手を加え到達した17インチホイ−ル対応の逸品です
ZEPHYR1100を愛する者が作り出したリヤサスペンション
作動感を確実に感じられます Hi側Low側独立のCompダンパ−調整機構は
ZEPHYR1100の抱えるネガティブ要素を完全封印いたします

WP4014SPINーACY・Spl/Fou-ZEPHYR1100 の商品ご説明は
ACYブログコンテンツ 【ACYスタイルパ−ツ】 内に御座います
http://cplus.if-n.biz/5002051/article/0344384.html
上記URL↑↑をクリック頂き移動して御覧下さい 自信が御座います!


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


ACYチューンド・ ZEPHYR1100用 OHLINS正立フォ−ク
MORIWAKI製キャリパ−・サポ−トSet販売システム



【Aコ−ス ゴ−ルドバ−ジョン】
OHLINS/ZEPHYR1100用正立フォ−ク(ゴ−ルド)  ¥246,750-
(ACY・チューニング済みフォーク)
MORIWAKI製40mmBremboキャリパ−用サポ−ト   ¥16,800-
上記2点合計額¥263,550- のところACY・Set販売価格 ↓↓
★ACY/OHLINS正立フォ−クSet販売 Aコ−ス ¥245,000-(税込)

【Bコ−ス ブラックバ−ジョン】
OHLINS/ZEPHYR1100用正立フォ−ク(ブラック)  ¥262,500-
(ACY・チューニング済みフォーク)
MORIWAKI製40mmBremboキャリパ−用サポ−ト   ¥16,800-
上記2点合計額¥279,300- のところACY・Set販売価格 ↓↓
★ACY/OHLINS正立フォ−クSet販売 Bコ−ス ¥260,000-(税込)


``ノリ``が違うライダ−へ! ``ノリ``が違うOHLINS正立フォーク! 

それがACYの情熱の塊であることを感じて頂けるはずです!
サスの命でもある ストロ−ク感をシッカリ感じられる仕様です!
破掟無きブレ−キ特性も同時に得ら奥までブレ−キを使えます

http://cplus.if-n.biz/5002051/article/0335687.html ← Goクリック!
URLクリックで ACYチュ−ンドOHLINS正立フォ−ク の商品説明に移動できます

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

WP & OHLINS Street Specialist   

Hiding Power & Pure The SPEED 

AC-YOSHINO-SMR  JAPANESE・STANDARD・



Posted at 2012年07月09日 23時14分22秒  /  コメント( 0 )