★★ ACY§ACヨシノ ★オ−トバイ職業はHONDAサ-ビス 【エンジン】メカニックに始まり 既に30年以上バイク整備を続けてきてます RC42のチュ−ニング承ります RC42上質中古車お探しします RC42ならお任せ下さい RC42を乗り続ける方のお手伝いを致します ★車検・点検・新車販売・中古車販売・各種カスタムパ−ツ販売 というように一般的な業務とチュ−ニング業務を並行して運営しています  ■ 定休日:火・水曜日 レ−ス日 サ−キット走行日 ■ 営業時間:11:00〜 ■ JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩2分
メインメニュー
2012-05-23 の記事

続・ファインチューン...


ファインチューンド 



マルケジーニホイールが今はちょっと無理だからという理由で

他のホイールを履かせる前に

ACYでサスペンションを見直して頂けませんでしょうか?


最近はノーマルホイール車両での脚回りセッティングも多くなりました

ノーマルホイール車両でもフルチェーンドの少し手前に位置する位の

乗り味も確保出来るデータが ACYでは穫れています

それもノーマルフォークでです!


とても重いとされ多くの方々が敬遠するホイールでもお任せ下さい

正直言えば多くの方々にマルケジーニホイールの感動を味わって頂きたいのが

本心本音でございます

そしてマルケジーニホイールを履かせれば一気にパフォーマンスが上がるのは確かです

でもハードルが高いという事も有りますよね

なので

ACYでは様々なマルケジーニホイール販売システムを打ち出しています

まだ必要ではない・・・という方もいらっしゃいますよね

そこは乗り手様がライティングに工夫を凝らしてリカバリーして下されば

楽しく乗れます

そういうマシンを ACYは造れます

そういった意味合いも含めACYはフォークスプリング交換を推奨しています

フォークスプリング交換ならハードルは高く無いと感じます

ノーマルの何もかも重いという様な乗り味は拭えます

皆様

マルケジーニホイールが無理だからという理由で他のホイールを履かせる前に

ACYでサスペンションを見直して頂けませんでしょうか

きっと満足頂けます



マルケジーニホイールはノーマルの様な優しい乗り味が売りです

その逆をACYは追い求めました

ノーマルホイールなのにマルケジーニホイール装着に近い

軽やかな動きが出せるサスペンションを求めました

マルケジーニホイールとノーマルホイール

マルケジーニホイール以外の社外ホイールとノーマルホイール

その向く方向性 乗り味は全く別モノなのです

それだけマルケジーニホイールはノーマルを知り尽くした理論を持ち商品に表しています

ノーマルホイールは重いがゆえ車体に優しいのです

軽さや強度のみを追った商品は決して優しくありません

マルケジーニホイールを履いているライダーに聞いてみて下さい

彼らは言います

『ノーマルより安心して走れる』 本当にこう言われます

皆様諦める前にACYにお越し下さい

ノーマルホイール&ノーマルフォークでも

かなりの次元まで踏み込めますから!

ステップを擦るまで深いバンクを与えても

高度の安定がられる事が普通に出来るマシンをお渡し致します


The person that ACY remodels ZEPHYR1100

We create only one ACY ZEPHYR1100 for each customer




impressive perfomance

marcesini & bridgestone

thank you



☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

只今 大好評 !!
SALE
全国のマルケジーニを狙っている皆様に!!
勿論全国の方々に通販でもお気軽に御利用頂けます!



★★ マルケジーニ購入 ACY・ホイ−ル下取りシステム ★★
現在社外軽量ホイールを履いているが マルケジーニ・ホイールを履きたい!
スペシャル下取りシステムを発進いたしました
勿論マルケジーニ販売システム【Aコ−ス】【Bコ−ス】共に御利用でご購入頂けます
両者共に 何れもお買求めやすく設定させて頂きましたので是非御利用下さい
【 ★マルケジーニ購入 ACY・ホイ−ル下取りシステム★ 】
http://cplus.if-n.biz/5002051/article/0333661.html
上記URLを↑↑クリック頂き ご説明記事をお確かめ下さい


多くの皆様にご支持頂いております
★★ マルケジーニ購入 ACY・オリジナル販売システム ★★
【Aコ−ス】【Bコ−ス】共に御利用でご購入頂けます
両者共に 何れもお買求めやすく設定させて頂きましたので是非御利用下さい
【 ★マルケジーニ購入 オリジナル販売システム★ 】
http://cplus.if-n.biz/5002051/party/17902
上記URLを↑↑クリック頂き ご説明記事をお確かめ下さい

どうぞお気軽に御利用頂きたく思います

Hiding Power Specialist   AC・YOSHINO・SMR



Posted at 2012年05月23日 23時41分36秒  /  コメント( 0 )

ACYーStyle


【ACY Style】




シャープなレスポンスのエンジン 

安堵感のあるハンドリング 

グリップ感が強く感じれるサスペンション

ブレーキは速さを産むからシッカリとさせる 

見た目が好きで選んだマシンの外装は大きく弄らない 

大きく言い表せて頂くなら これがACYスタイルとなります


目的を明確に立ててマシンをモディファイしていくと

お客様方々のマシンは以下の4つの方向に分かれると感じます



 ,箸靴

昔ながらのバイクの味わいや雰囲気を大切にしながら

ノ−マルからは余り掛け離れたマシンにならないように『素』を活かし

よりストリ−トで乗り易く楽しく走れるモディファイを行うという考え方に基づく 

ある種SHOP側に主導権があるもの

ゆえにオ−ナ−のマシンへの接し方をシッカリ理解できるSHOPを

オ−ナ−は選び出さなければならない



◆,箸靴

サ−キットも主眼にありながら より高性能でより速さを確実に手に入れたい

というオ−ナ−のリクエストに対しSHOP側が意気投合し

走り主体のモディファイを行う場合

オ−ナ−はSHOPと融合し高みを望み進む考えが必要になり

この場合も乗り易く速いというマシンを望むのは当然ですから

SHOP選びから慎重に行う事が必要になります



 として

走ることも確かに求める中で マシンをドレスアップにも重きを置き

50:50の割合で所有する喜びを噛み締めたいという

大きな割合でオ−ナ−側に主導権がある場合

この場合は 部品吟味の時間も多く必要となり

自分の理想型にたどり着くように個人的で楽しみながらマシンと接していくという

現在最も多いと思われる量販店型カスタムマシン




い箸靴董,海譴藾瓦討鯡嵳紊垢襪箸い場合



勿論 どれが良いなどというくだらない論争での話ではありません

ツーリングユース ちょい乗りユース 週末息抜きユース サーキットや峠ユース

様々使い道が有ります

どれを見てもポテンシャルを上げたいという現れは有ります

個人の楽しみを とやかく言う筋合いは誰にもありませんし

人の楽しみ方は 自由です


ACYとしては そのマシンのポテンシャルを『絞り出し』 

オーナーがライディングを高めたいと強く思って行けるような

マシン造りをしたく 単純に思っています


スーパースポーツが速く為り過ぎてしまい

キャブレーターが追いやられインジェクションが当然の現代において

ライダーが楽しめるレンジが広く取れるマシンを造りたいとも思っています

オートバイ乗りは 愛機に求めるモノは『闇雲な速さ』のみでは無いと思います

スタンダードの乗り味を知っていたとしたならば

大改造をしたとしても『素』は残すはずです

ハンドルをレーサーでもノーマルがアップハンなら

クリップオンにしないのがこの理由です

レースでも疲れない方が絶対にいいです

基本設計がクリップオンじゃないのだから改善という目的達成は無理です

シートも含めた大改造の場合は別になりますが それは特例でしょう

『素』が感じられないのなら 乗り換えた方が良いのかもしれない状況だと感じます

ZEPHYR1100は14年間スタイルを変えることなく作り続けられました

これは『名車』の証しに感じます

メーカーは儲けを意識しますからモデルチェンジを行います

なのに14年も同じものを作り続けたという事は『名車』だと思います

名車は 味わう事で多くを感じ取れます

あまり大変貌をさせる事無く 本当の『名車』を味わっても頂きたいです

そして『ここは自分の走りの目的にどうも合わない』という箇所や

『くたびれた部分を見直そう』という付き合い方をして頂ければ

素晴らしい走りでマシンは応えてくれるはずです

焦らず 一つ一つ改善して行ってみるのも良いと思います

ZEPHYR1100において 18インチor17インチ?

という話が出たりしますが 求めるものが『どこ?』なのかで違っても良いと思います

吉野も実際18インチを考えた時期はありました

が・・・現代のタイヤメーカーは17インチ主流の生産スタイルです

それも含めた結果『コーナーを楽しみたい』という思いの結果17インチを選びました

特にオートバイ乗りは『人と違ったスタイル』を求めます

それが危険なことではないと証明つくのなら良いと思います

でも切った貼ったという具合の加工に加工を重ねたマシン造りは反対です

MotoGPのようにレーサーは開発を念頭に置く理由から

斬新なアイデアが盛り込まれ目立っていますが

これを一般的な我々やユーザーが行うのはどうかと思うのです

シンプルが一番ですし 各メーカーがリリースする商品に手を『大きく』加えると

耐久力は落ちるのは確かです

その様な『技』が実際速さにどの位大きな影響を与えるのか?です

その作業でサーキットタイムや最高速が目を見張る程の違いを産むとは思えないんです

ならばブランド力を信じ切り ライディングに追い込みを掛けたり 

ストレッチをして体を柔らかくしてコーナーリングフォームを追い込んだり

その加工の時間を走りの練習に与えたほうが

オートバイライフのためには有効なのでは?と感じます


今乗っているマシン 今後乗るであろうマシンの

ポジションの見直し(レバー位置 ペダル位置 ハンドル位置)

シートはくたびれて来てはいないか?から始まり

ステアリング周りのベアリング交換 スイングアーム内部のベアリング交換

ホイールベアリングの交換 アクスルシャフトの交換 といった応力集中が大きな箇所の

メンテナンスを行う準備をしたり行なったり

リヤショック・フロントフォークのオーバーホールを準備したり行なったり

速く走るために最も必要なブレーキシステムをメンテするなり交換するなりの準備を行なったり

イグニッション関連も・・・キャブ分解整備調整も・・・考えてみたり

そしてエンジンを完調にする準備をし始めたり

それらを行ったならば 素晴らしい走りで 

それらに掛かった金額に対しマシンは応えるはずです

それらを重ね重ね続けて行った先に オートバイという趣味に対しての明確な目的が

浮き上がって来ると思います

その時期には無益なカスタムは行わないライダーになっていると思います

そしてよりスポーティーなマシン造りを望み始めるとも思います

『俺は今日 攻めているな!』

的に感じれたら嬉しいはずです

ACYはZEPHYR1100というマシンが持つ

フォルム・スタイル・バンク時の安定力・バンク角の深さ・パワー感が好きなので 

それをベースにし自分に合った方向に『少しだけ』手を加えること

そして軽量化・フリクション低減化を行い楽しみたいという考えです

それ以外の内容を欲しがる場合は もう乗り換えるしかないと思っていますが

中々どうして・・・奥が深すぎるんですよねZEPHYR1100は

ちょっとした乗車位置の変化でも大きく走りが変わりますからね


素を見極め スタンダードの良さを認め 楽しく速く走らせる為の改善目的を明確にし

必要性を説明出来る箇所のみ手を加え ポテンシャルを絞り出し

ライダーが向上して行けるようなマシンを造りあげて行きたいというスタイルです


シャープなレスポンスのエンジンは

FCR・MEISTER3000AX・プラズマブースター・
必要ならば そして 時期ならば エンジンOH若しくはチューニング 


安堵感のあるハンドリングは

マルケジーニホイール・ハイバランスディメンションテクニック 


グリップ感が強く感じれるサスペンションは

ACYフォークチューニング・WP4014ACYーSpl・ACYスイングアーム補強


ブレーキは速さを産むからシッカリとさせるには 

Bremboブレーキシステム・ACYフォークチューニング

 
これがACYスタイルとなります




◆ ACYでは 【エンジンの無料診断をさせて頂きます】 ◆

http://cplus.if-n.biz/5002051/partysub/25770

◆ ACYでは 【シャ−シの無料診断をさせて頂きます】 ◆

http://cplus.if-n.biz/5002051/article/0340463.html

◆ ACYへ 【相談事 & 交渉事】をお気軽にメール・御電話でお寄せ下さい】 ◆

http://cplus.if-n.biz/5002051/partysub/25490


AC・YOSHINO・SMR (有限会社オ−トサイクル・ヨシノ)

◆ 代表取締役 吉野富三郎
国家2級ガソリンエンジン整備士資格保有
国家2級ジーゼルエンジン整備士資格保有
HONDA2輪1級サービスエンジニア資格保有
MORIWAKI・ENG テクニカルサポ−トSHOP

◆ メカニカル・スタッフ 内田健太
国家3級二輪整備士資格保有

本物の国家資格整備士が御客様方々の愛するマシンを調律いたします

Hiding Power & Pure The SPEED 
AC-YOSHINO-SMR  JAPANESE・STANDARD・侍






Posted at 2012年05月23日 23時40分21秒  /  コメント( 0 )