地域密着を重んじています!原付スクーターのパンク修理からオイル交換・バッテリー交換・タイヤ交換等各種は常時在庫を備えてます 量販店様やカスタムショプ様とも一味違う生粋の修理屋として皆様のオ―トバイの整備・修理・復元を行う事を本業/業務としております 皆様の所有されてるオ―トバイが壊れている・調子が悪くて困っている・乗っていて怖く感じて危険な状態の時にお力添えさせて頂きます ★☆車検・点検・新車販売・中古車販売・厳選カスタムパ−ツ販売 というように一般的な業務とDEEPな業務を並行して運営しています ★☆SP競侫襯僖錙櫂ット装着〜セッティングOK ★FCR販売〜メンテナンス〜セッティングOK ★FCCクラッチKit販売〜取付けOK   ■ 依頼開始:10:30〜 ■ JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩2分 ■ スポ−ツバイク作業承りは日程の御予約を御願いしております ■ お休み:火・水曜日以外も暫し不定休 他急用時等も店舗対応をお休みさせて頂きます(恐縮ですが告知無い場合もあります) 
メインメニュー
2012-03-08 の記事

全国の熱い鉄馬乗りに...


全国の熱い鉄馬乗りに届かせたい思いの具現化です!!

マルケジーニ・ホイールのバックボーンは 世界GPになります


その昔 本田宗一郎先生は言いました

それはHONDAが初めて世界にレース参戦を開始した時です

第一回目の時 一周も回れ無い・・・

タイヤはボロボロになって曲がっちゃう エンジンは焼き付く

でも世界のオートバイ達は凄い勢いで走っている

本田宗一郎先生はこう言います 『こんなもんじゃ世界一になれない!』と・・・

目の前で格の違いを見せつけられた訳です

この屈辱があったから 鈴鹿サーキットを建設する事にもなります

世界の名門メーカーの 優秀な一般市販車両たちは『レースに育てられた』と

その屈辱を浴びた時 その効用術に着眼します

そして

『世界の大舞台でレースをやっていない国のオートバイや車は 三流だ』

自国・自社に向かい そう言われたそうです

レースを通じ大衆の使用される車両は生活と密接に繋がり 

技術の進歩があるという関係を厳しく説いていました

『そういった歴史が日本には無い』

これが 現在の日本の自動車産業の基礎となったのは事実です

ヨーロッパとは そういった背景に支えられて自動車・オートバイメーカーは

今も進歩しています

モータースポーツは それがどこまで生活の中に取り込まれて来たか

長い生活の歴史によって勝負がつくという事です

多くの車両メーカーのホームページを拝見すると

レースと密接な関係にある事を綴っています

コンストラクターも同じです OILメーカーも タイヤメーカーも 同じ

すなわち 皆様が乗っているマシンや 装着されているパーツやタイヤは

本田宗一郎先生が言う事を 重ね合わせれば

レースがルーツにあるメーカーのモノが 本物になります

マルケジーニは 本田宗一郎先生が言う 本場ヨーロッパのレースで産まれ育っています

厳しい世界でトップを張り続けている訳ですから

商品に間違いが有るわけが御座いません

では・・・何故こういったルーツのないメーカーのモノが持て囃されるのか?

それは『手頃』だからという事他なりません

とすると極限を極めていないで生まれて来た商品は

本田宗一郎先生が当時感じた

『こんなものでは・・・』に近いと思えてしまうんです

吉野が 世界の一級品を 皆様にお勧めしている理由がココに行き着くのです

ヨーロッパでは 生活の一部として成り立つほど認知されているのです

オートバイ文化は ヨーロッパに敵いません

この差は いつの時代も縮まりはしても 圧倒的に追い越すのは厳しいと実感しています

ピンポイント製品で追い抜いても 量産品では中々難しいと感じます

バックボーンが違いすぎるのですから・・・

ACYはこういった思いで マルケジーニ・ホイールを販売しています

この思いが 多くの皆様に届く事を願い 

少しでもお求め易い方法を具現化致しました




マルケジ−ニは 歴史が違います  

マルケジーニは 文化背景が日本と大きく違います

そしてマルケジーニ・ホイールは 他車様ホイールと

強度が違います 精度が格違いです 直進安定性も並外れています

それは 世界GPでの支持率が証明しています

そして

ブレ−キ性能が上ります 

マシンの押し歩きも変わります 

寝かせ込みが楽になります

仕上げが 芸術品の如く美しいです

それは 装着された皆様が実感し 感想として述べてくださっています

JBパワー・マグタンも 設計・製造においては テクノマグネシオ という

ヨーロッパ老舗ブランドがバックボーンにあるから

世界GP最高峰クラスにも使用されたのだと確信しています

ヨーロッパのオートバイ文化に習う事も必要な時もあるんですよね。。。。

それを肌身で感じ 教えてくださった本田宗一郎先生のお言葉を噛み締め

ACYはマルケジーニを取り扱うという事も覚えて頂ければ幸いで御座います

『こんなんじゃ・・・勝てない』 といった悔しさを忘れたくないです

そして『名門はレースに育てられている』も・・・忘れる事は出来ません

やはり・・・真似では無く 完全オリジナルに拘るという本田宗一郎先生の信念

これもマルケジーニにも息づいています

そういえば HONDAが最初にロータスと近づきましたよね・・・60年代に

本格的自動車レースに参入する時ヨーロッパを勉強したかったんですよ

マルケジーニは ヨーロッパはイタリヤ製です

ジャパニーズ・スタンダード ともいえる4気筒も それが産まれる前に

MVアグスタ4気筒が ヨーロッパには既に存在していましたからね。。。




★ ACY・マルケジーニ・オリジナル販売システム ★

 

【Aコ−ス】 【Bコ−ス】と販売方法は別れます

両者共に 何れもお買求めやすく設定させて頂きました 是非ご検討下さい

http://cplus.if-n.biz/5002051/article/0256284.html ←こちらを

クリック頂きますと 詳しい販売方法ご説明記事をお確かめ下さい

きっと ご満足頂ける販売方法だと 

自信を持ってご提案させて頂きます!



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
Come On!リターンライダ−の方々へ!

ACYではライダ-に優しい乗り味のマシンを造って行きたく思います
マシンを真剣にチュ-ニング(調律)して乗り易い設定にします
先ずは扱いやすいマシンで楽しく乗って頂く
コレを目標にACYはオリジナル商品を開発・販売・そして作業をしています

ACYはリタ−ンライダ−を応援します!!ACYにお任せ下さい!!
何が良くって 何が悪いのか
一緒に 笑いながら 楽しく パ−ツ吟味いたしましょうよ!

カッコイイが良いじゃん! ですよね!
渋い 粋な 安全なマシンを 造りませんか?

Hiding Power & Pure The  SPEED 

AC-YOSHINO-SMR  JAPANESE・STANDARD・侍


Posted at 2012年03月08日 08時47分40秒  /  コメント( 0 )

ACY・SLEEPE...


◆ACYへ【相談事 & 交渉事】をお気軽にメール・御電話でお寄せ下さい◆

望まれるカタチ 望まれるスタイル 望まれる商品 
個々のご相談にACYは乗らせて頂きます! 望みを叶えたく思っております!
走って善し 眺めて善し それこそ心地よいマシン ・・・ それを皆様が望まれていると思います

http://cplus.if-n.biz/5002051/article/0327274.html
【相談事 & 交渉事】 詳しくは上記↑↑URLに移動頂き 御説明を御読み下さい
皆様のお力添えができれば 私どもは光栄で御座います
記事を御読み頂き 『これなら安心だ 聞いてみよう!』と感じましたら
t-yoshino@acy-samurai.co.jp ← こちらへ お気軽にメールを送信下さい
0471−74−0336 ← こちらへ ご遠慮なく御電話を御掛け下さい

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ACY・SLEEPER・チュ−ンドマシン




SLEEPER ・・・ アメリカドラッグ界での俗語です

それが スト−トに降りてきて SLEEPER`S・MACHINE と呼ばれる

チュ−ンド達がいます

SLEEPER ・・・ 直訳なら【眠る】ですが 

スラングとなると 【眠り潜んでいるパワ−】となります

見た目穏やかこの上ない普通のマシンなのですが

走り出すと とてつもない速さやパフォ−マンスを見せるマシン達を

SLEEPER`S・MACHINE と表します

ACYは こういったスタイルだと 皆様に言われます

勿論狙っているところも 少なからずあります

20歳そこそこ・・・今から25年も前になりますが

MORIWAKI製の F3マシンのエンジンを開けた瞬間から

それは体内に宿って行きました

走りに拘る部分は徹底的にモディファイ! 

必要性の無い箇所は徹底的にノ−マルをチュ−ンナップ!

これが SLEEPER`S・MACHINE なのです

その後 数台のMORIWAKI製の

コンプリ−トマシンや ファクトリ−マシンを走らせて

自分自身のスタイルが 【やっぱり此処にある】 と確信して行きます

それは車体を構成する部品に 考えが現れます

走りに直結しない 走りに大きく必要とならない 交換の必要性が感じられない

そういった箇所は MORIWAKI様はノ−マル部品を使います

ときに・・・ノ−マル部品の方が耐久力がある場合もあるんです

しかし・・・とてつもなく速いマシンを造れるという事を立証しています

それらMORIWAKI製ファクトリ−マシンを 多く触ってくれば

考え方やスタイルは決まって行きます

現在 御客様の中にもこういったスタンスの方が多くいらっしゃいます




SLEEPER`S・MACHINE

とっても粋じゃありませんか!

機能最優先 軽量化 フリクションと戦う 

速さを求めれば 【削ぐ】 に至ります

削ぐ・・・フリクション 熱 摩擦 重量

削げば 【安全】 も自ずと手に入ります

これが ACYチュ−ンドと為ります

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

全国の熱い鉄馬乗りに届かせたい思いの具現化です!!

★★ NEW ACY・マルケジーニ・オリジナル販売システム ★★




マルケジ−ニは 強度が違います 精度が格違いです 直進安定性も並外れています

ブレ−キ性能が上ります マシンの押し歩きも変わります 寝かせ込みが楽になります

ACY・マルケジーニ・オリジナル販売システムは

【Aコ−ス】 【Bコ−ス】と販売方法は別れます

両者共に 何れもお買求めやすく設定させて頂きました 是非ご検討下さい

http://cplus.if-n.biz/5002051/article/0256284.html ←こちらを
クリック頂き 詳しいご説明記事をお確かめ下さい

きっと ご満足頂ける販売方法だと 自信を持ってご提案させて頂きます!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

AC・YOSHINO・SMR (有限会社オ−トサイクル・ヨシノ)
代表取締役 吉野富三郎

国家2級ガソリンエンジン整備士資格保有
国家2級ジーゼルエンジン整備士資格保有
HONDA2輪1級サービスエンジニア資格保有
MORIWAKI・ENG テクニカルサポ−トSHOP
本物の国家資格整備士が御客様方々の愛するマシンを調律いたします

Hiding Power & Pure The SPEED 
AC-YOSHINO-SMR  JAPANESE・STANDARD・侍


Posted at 2012年03月08日 08時46分04秒  /  コメント( 0 )