CB750(RC42)&CBX750(RC17)専用設計FCRキャブレタ−の限定販売〜取り付け〜調整&オ−バ−ホ−ル等をお任せ下さい! その他車種においてもFCR&CRキャブレタ−の販売〜セッティング出しまで行っていますので不調等のご相談も承らせて頂いています ★CB750(RC42)&CBX750(RC17)専用ウオタニSP競侫襯僖錙櫂ット販売〜取付け〜セッティングまで全て承りさせて頂きます ★原付スクーターのオイル交換/バッテリー交換/タイヤ交換等 各種は常時在庫を備えてパンク修理まで御力にならせていただきます ■ 依頼開始:10:30〜 ■ JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩2分 ■ スポ−ツバイク作業承りは日程の御予約を御願いしております ■ お休み:火曜日(午後若しくは終日)&水曜日(終日) H30年12末まで土・日・祭日も御休み有り・事前にフォ−ムからご確認ください
メインメニュー
2012-01-19

Pure・The・SPE...

Pure・The・SPEED

【摩耗】


サーキットにある 所謂『ホームストレート』や『バックストレート』

ストレートの長さが1・6Kmあったとします

腕に覚えのあるライダーならばストレートエンドで270Km/h出るとします

もう少し長い2Kmあったとすれば 

腕に覚えのないライダーだったとしても『全開』にさえしていれば

同じスピードに達するはずです

しかし 実際の話『高速道路』では ここまでスピードを乗せて維持する事は

様々な障害があり難しいです


ところが サーキットではこれが毎週のように繰り返されます

レースや練習ならば サーキットで真剣にタイムを削る行為を行うと

ストレート以外も まさしく全開の連続です

峠を ものの見事に走るライダーも 

全開の連続とは行かなくても そこに近い走りをします

サーキットでは よく『アベレージスピード=平均時速』というモノサシがあります

アベレージスピードが160Km/hにも達する場合があります

そうなると・・・一般公道で7〜8000Kmもつタイヤが

サーキットに持ち込むと 美味しい所は2〜3時間で使いもにならなくなります

それが・・・何を意味しているかというと

機械である以上 各部は『摩耗』をします

そうですね! エンジン内部も同じなのですが

『そんなことはない』という考えが大きのか

エンジンのメンテナンスには目を向けられない事が非常に寂しいです

確かに『目に見えない箇所にお金を使う事』は非常に勇気が居るのだと感じます

こういった理由を打破したいが為に

ACYでは DLC(ダイヤモンド・ライク・コーティング)

プラトーホーニング加工 WPC加工 MOS加工 などの各種コーティングを行い

組み直したエンジンが より長く本調子を持続できるよう致します

オートバイは『モノ』や『道具』という思いで接するよりも

『宝』や『生活の一部・・・生きていく糧』という方が多くいらっしゃいます

『持っている』 という事に非常に高い『価値観』を抱いておられます

特にACYが惚れ込んでいる

ZEPHYR や CB(RC42) という2台の空冷マシンは

所有される皆様の『ステータス』なのだと実感しています

この時代に 環境適応がなされていない設計が施された空冷マシン2台を

ACYは『モノ』ではなく『ステータス』と思っています

所有する方にしか解らない事が 様々ある 空冷ZEPHYR&CB(RC42)

この二方 を真剣に捕らえています

その『ステータス』を 大切に長くお付き合い頂きたく思う事は

『摩耗を理解しマシンと一緒に歩んで頂きたい』

です

これこそが 本年ACYがメインに掲げる

『Pure・The・SPEED』

で御座います

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ACY はオートバイが心底好きなSHOPで御座います
創業50年の意地をかけた AC・YOSHINOスピリットをお確かめ下さい

Hiding Power & Pure The SPEED 
AC-YOSHINO-SMR  JAPANESE・STANDARD・侍

Posted at 2012年01月19日 09時51分13秒  /  コメント( 0 )