地域密着を重んじています!原付スクーターのパンク修理からオイル交換・バッテリー交換・タイヤ交換等各種は常時在庫を備えてます 量販店様やカスタムショプ様とも一味違う生粋の修理屋として皆様のオ―トバイの整備・修理・復元を行う事を本業/業務としております 皆様の所有されてるオ―トバイが壊れている・調子が悪くて困っている・乗っていて怖く感じて危険な状態の時にお力添えさせて頂きます ★☆車検・点検・新車販売・中古車販売・厳選カスタムパ−ツ販売 というように一般的な業務とDEEPな業務を並行して運営しています ★☆SP競侫襯僖錙櫂ット装着〜セッティングOK ★FCR販売〜メンテナンス〜セッティングOK ★FCCクラッチKit販売〜取付けOK   ■ 依頼開始:10:30〜 ■ JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩2分 ■ スポ−ツバイク作業承りは日程の御予約を御願いしております ■ お休み:火・水曜日以外も暫し不定休 他急用時等も店舗対応をお休みさせて頂きます(恐縮ですが告知無い場合もあります) 
メインメニュー
2012-01-10 の記事

YACCOからのメッセージ




YACCO OIL (ヤッコ−)

昔 ミハラスペシャリティー様に勧められ使い始めた経緯があります

T・O・F(テイスト・オブ・フリーランス 現T・O・T)にて

後半バックストレートの速度が落ち込む事が起き始めたとき

筑波サーキットに丁度三原さんがいらっしゃって 

後日 YACCO・GALAXIEを紹介されました



結果 驚くことにレースディスタンスでの熱ダレはスパッと解消されました

ミハラスペシャリティー様といえば 『パワー追求型チューナー』でも有名でした

当時は戸田氏もミハラスペシャリティーXJR1200チューンドレーサーに乗り

コ-スレコ-ドを更新していましたね。。。

そして YACCO・OILを使って走っていましたね。。。

他には ツキギレーシング様が KAWASAKIエンジン使用時に 使われていました

鈴鹿8耐にZEPHYR750レーサーにも使用し

YACCO OILの実力を実証していました

ACYもBELRAYと共にYACCOは 以前レースでは使用していました

ここでYACCOというブランドを御紹介したく思います

YACCOは 関西圏と九州地方では特に有名です

関東圏で メインに扱うSHOP様は少ないのが現状ですが

多くの情報をシッカリ頂けますので ACYは原点に戻り

熱くSPEEDを求めていた あの我武者羅の時代に戻ります

以下は YACCO OIL からの皆さまへのメッセージ文です

御紹介致します

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

YACCOは、

フランスで90年の歴史を持つオイル専門メーカーです

各メーカー販売量でフランス国内No.1の実力を持ち

日本でもプロ整備士や リピーターにより“究極のオイル”として圧倒的支持を得ています

ネームバリューよりも絶対的なパフォーマンスを徹底して追求する

数少ない実力志向のブランドであり

1931年には、

オイル無交換走行30万kmの世界記録を樹立した

結果、その“性能型オイル”の実力を、世界が認めました

パリ・ダカ―ルラリーやWRCなど過酷な状況で常に真価を発揮し

ドライバーやライダーの情熱とチューナーの

魂を「勝利」へと導く高性能オイル

一般車からコンペティション・ユースまで

誇りを持ってお勧め出来る、実力派のモーターオイルです

100%化学合成オイルの商品は、YACCOには2種類存在します

■ 【A】 100% SYNTHETIC (100%化学合成油)

一般的に 100%化学合成油と呼ばれ、機能面、コスト面ともに

最高品質を誇る高性能オイルを指す主原料にエステルを用いていますが

そのエステルの種類も各メーカー 各商品によって様々です

合成油素材のエステルは、オイルシールを膨潤させる特性があるために

PAOを加味してシール・カウンターの構成を持ち

非常に高い粘度指数と耐熱安定性および酸化安定性があります

■ 【B】 (FULL) SYNTHETIC (化学合成油)

同じく100%化学合成油。主原料にPAOをベースとして化学合成油を生産するため

A に比べて、ややコスト面で有利な製造展開が可能になります

化学合成オイルの最初期に出現した100%化学合成油は このBタイプです

合成油素材のPAOはオイルシールを収縮させる特性があるために

エステルを加味してシール・カウンターの構成を持ち

昨今は更にVHVIを添加あるいはPAOの代替として用い

Aとの区別表記としてSYNTHETIC とします

A,B ともに日本語での表記では いずれも「100%化学合成オイル」です

但し正確な表現としては素材による緻密な分化が必要であり

このあたりは世界的に統一された定義方法が存在しません

よって大雑把な解釈とすれば鉱物油を1%も用いていないオイルは

全て100%合成油という事になります

どのような表現方法を用いて記載するのかは各メーカー解釈のオプションとなっていて

YACCOはこの特異点をできるだけ正確にユーザーへアピールする為に

素材構成による表現を正しく明示する事に注力しています

(正規レギュラー生産品について)


この事は数あるオイルメーカーの中でも異例中の異例で

エンジンオイルについて言及すれば

GALAXIE や MVX/COMPETITION-4T 及び MVX100 などの100%化学合成油は




Aタイプの100% SYNTHETICであり そのベースとなるエステルには

コンプレックス・エステルその他が緻密にセッティングされている

VX-600やVX-1703等はBタイプであり(FULL) SYNTHETICです

通常は一般的にFULLは表記していない

原料の素材にPAOやVHVIも用いられその特性を高める為に

コストは掛かるがいわゆるDIパッケージと呼ばれる添加剤ではなく

「コンポーネント」原料により強化処方がされている

エステル部分にはYACCO独自の特殊ポリオールエステルその他も使用されている


■ MOTO ENGINE OILS "MVX"


MVX1000【100%化学合成 (エステル・ベース)】  
¥3,675-  1L(税込み)

最近のスポーツバイクエンジンの進歩は驚くばかり高度化されています

ヤッコーモーターオイルは

合成ベースオイルに高品質なコンポーネント添加剤を100%融合させ

高級・高性能モーターオイルとして送り出し、常に最先端の技術開発をおこなっています

コンペティションから一般車まで誇りを持ってお薦め出来る

プロ御用達のOILが"MVX"シリーズです



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ACYが選ぶオイル紹介  

『AC・YOSHINO・SMR OIL-LINE・UP』


http://cplus.if-n.biz/5002051/party/23748 ← こちらをクリック下さい

ACY在庫品が一覧できますので お立ち寄り下さい

Pure・The・SPEED By AC・YOSHINO・SMR



Posted at 2012年01月10日 12時58分07秒  /  コメント( 2 )