★★ ACY§ACヨシノ ★オ−トバイ職業はHONDAサ-ビス 【エンジン】メカニックに始まり 既に30年以上バイク整備を続けてきてます 地域密着を重んじています!原付スクーターのパンク修理からオイル交換・バッテリー交換・タイヤ交換等各種は常時在庫を備えてます ★☆★ ACY車検¥49,800〜 承りさせて頂きます ★☆ エンジン・チュ−ニング承ります ★☆ サスペンション・チュ−ニング承ります ★皆様の好み通りに塗り上げるカスタム・ペイント承りいたします ★キズ直しや凹みも修理OK!純正補修塗装/板金修理承りいたします ★車検・点検・新車販売・中古車販売・各種カスタムパ−ツ販売 というように一般的な業務とチュ−ニング業務を並行して運営しています ■ 日常の業務は街の皆様の原付バイクの修理を中心としながら スポ−ツバイクのハイレベルチュ−ニングを行う純粋なバイクSHOP  ■ お休み:出張日 配達/引取り時 レ−ス日 サ−キット走行日 ■ 営業時間:11:00〜 ■ JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩2分
メインメニュー
2011-05-13 の記事

攻め込めるマシン造り...

只今 大好評を頂いております!

5/9〜5/14の期間 ACY・スペシャルSALE開催!

EK・ドライブチェ−ン 
限定商品 3D・Black&Goldチェ−ン 530−120L
20%OFF

期間限定の今だけ手に入る SALE商品となりますので お早めに!
もちろん!全国通販対応させていただきますので お気軽にお問い合わせ下さい!
TEL 04-7174-0336    メ−ル問い合わせ t-yoshino@acy-samurai.co.jp
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


攻め込めるマシン造り

ACYなりの手順・・・ エンジンパワー特性



ブレーキが思うように コントロールが効く事が解ったら

キャブを仕上げます

ZEPHYR1100は ノーマルエンジンでも

キャブをFCRに交換し 調教を施すと 十分なパワー感が得られます

そして重要なのは マフラーですね

マフラ−の種類によっても上品な乗り味は確保されます

このマフラーが 最終的にパワー特性を支配します

キャブレ−タ−も『攻め込めるマシン造り』には大きな貢献をします 

キャブレ−タ−は 先ずはトップエンド付近のオパワ感がどれくらい大きいかが

攻め込めるマシンの条件となります

ノ−マルキャブレ−タ−でエアクリ−ナ−を残せば

パワ−アップの手法は御座います

ダイノジェットKitなどのインナ−Kitに頼る事無く

ちょっとしたことで パワ−&ドライバビリティ− は向上できます

FCRだけが全てではありません

ACYはFCRに力を入れてはいますが ノ−マルキャブを否定は致しません

十分な可能性を引き出す仕事もさせて頂きます


キャブレ−タ−が与える低速高負荷状況でのドライバビリティ−はとても大切です

そしてアイドリングが出来る・・・これは当たり前なのですが

本当にとっても重要ですよね

とにかく キャブレ−タ−内の構成部品が 全ての領域でオ−バ−ラップしながら

作用していく事が絶対に乗り易いマシンとなりますから

結果『攻め込めるマシン』と為ります

以上の内容を求めた 更なるパワ−獲得方法が

ACYオリジナルセッティング済みFCR・39mm&41mm な訳です

どの領域からも フラットに溢れ出るようにトルクが出れば

ライダ−の意思通りにマシンは走ります

ACYが求めるドライバビリティ−は 『乗り易い』ですから

こんな感じのパワ−特性が得られるように作業を施します


ブレ−キ → キャブ → エンジン特性 が決まると

直線でアクセルを大きく開ける事に不安がなくなります

そして オ−トバイってこんなに素晴らしい乗り物なんだ!という実感も得られます

とにかく攻め込める状態というのは 恐くない が大前提となります

ブレ−キがちゃんと効く

思いの通り バイクが前に進む

パワ−がよどみなく盛り上がってくる

こういった事が シッカリと成されていれば 恐くありません

エンジンのパワ−は字の如くメインジェット・・・本筋の通路を通るガソリン流量で決まります

その流量が『エサの食わせ方の方法の違い』でパワ−特性を変化させていきます

空気と理論上の比率で混ざり合いながら完全燃焼に向けてアジャスティングさせていき

到達点は一緒でも そこに行き着く道は一つではなく様々あり

これが 乗り味の味付けになるんですね



その先に 燃焼室内で どのくらいの位置に最高燃焼圧力点があるのか? とか

排出される排気スピ−ドはどのくらいなのか? 大気に開放されるまでの距離はどのくらいか?

といった燃えてからの状態も 乗り味には大きく関わってきますので

望まれるところが満たされるような排気管は絶対条件になってきます

ここまでくれば 『攻め込めるマシン』のベ−スは十分と為ります

あとは 『コ−ナ−』でも恐くないマシンへと味付けを開始します。。。

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
ACYでは 『オ−トバイって本当はこうなんだ』という事を提案します
突っ込んだ本当の事をブログ記事にしています
商売というのはこういう事だと思います

安全を手に入れる事がチュ−ニングだったりもします
カスタムによる多くの『ディ・チュ−ン』に対する本当の回答を記事にしています

Come On Fighter ! Stand Up Fighter ! 
やるなら 今しかない!
熱き執念 ほとばしる情熱 それだけを信じて突き進みます!

AC-YOSHINO-SMR  JAPANESE・STANDARD・


Posted at 2011年05月13日 21時08分06秒  /  コメント( 0 )