★★ ACY§ACヨシノ ★オ−トバイ職業はHONDAサ-ビス 【エンジン】メカニックに始まり 既に30年以上バイク整備を続けてきてます RC42のチュ−ニング承ります RC42上質中古車お探しします RC42ならお任せ下さい RC42を乗り続ける方のお手伝いを致します ★車検・点検・新車販売・中古車販売・各種カスタムパ−ツ販売 というように一般的な業務とチュ−ニング業務を並行して運営しています  ■ 定休日:火・水曜日 レ−ス日 サ−キット走行日 ■ 営業時間:11:00〜 ■ JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩2分
メインメニュー
2011-05-08 の記事

どちらをとるか?

どちらを取るか


そのパーツの固体が持っている内容をモディファイして行くのか

それとも そのパーツに何かを足す形で効果を上げるか?

これは 永遠の問題です

パワーがあり 高速ステージでマシンをコントロールする際

前者を取ります

しかし マッタリと景色を楽しみながら 本当に法定速度内で楽しむのなら

後者になります

ココが大きな分かれ目だという事を自覚しマシンを作って行かなければ

絶対に 後悔する

後者を優先するのなら ハイカム はいりませんよね?

もっと燃費を上げる事に力を注いだほうが絶対イイです

前者の場合

捨てることも出てきます

何処でも何時でも 高速ステージ!って訳には行きませんから・・・

だから・・・レーサーとは違ってストリートマシンは 

本当に難しいんです

そして 後者の様なモディファイを重ねて行くと

思わぬトラブルが出る可能性が非常に高くなります

よく巷にある レイダウンKitや車高調整Kitがそれです

サス本体にモディファイを施せば 剛性は下がりませんが

後付のパーツ達は 殆どがボルト等で固定を加えます

それらが精度を狂わしバイブレーションを引き起こし

マシンが振れ始めて行く・・・

確かにレイダウンKitはサスの動きを良くいしますが

本来 バネレートを上げなければ腰砕けになります

最後で踏ん張りが利かない。。。

プレートを介すため強度が下がり始める。。。

モノサスのリンク変更による車高長も気を付けなければ

リンク比が大きく変り 突っ張る場合があります

足が付くようになった・・・でもオートバイ本来の動きからかけ離れて行く

難しい問題が いろいろあります

もっと真髄を突き詰め 割り切る勇気が無ければ

ならないということですかね?

奥が深いです・・・答え探しが深いです

だから この仕事は大好きです

真剣に考えれば 考えただけ 疑問は増え奥へ奥へと進める」

解決したら 経験になっていく

本物のを目指すことが大好きになって行く

オートバイを 仕事に出来て幸せです  本当に。。。 


☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
地上に舞い降りた戦闘機を操り
撃墜王の如くアスファルトを駆け抜けようとする猛者方々
オ−トバイをマシンと言い切る方々 応援させていただきます


Hiding Power Specialist

Japanese standard  ACY


千葉県柏市今谷上町65 Tel04−7174−0336 Fax04−71714−0336
毎週水曜日定休  AM10:00〜PM6:00


Posted at 2011年05月08日 23時12分23秒  /  コメント( 0 )

ZEPHYR本気モー...

KAWASAKI ZEPHYR1100
最高に 
イカした マシンです! 

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

吉野自身が 

吉野所有ZEPHYR1100の マシンを造る方向性を書きます




先ず フロントフォークが大きく運動できるようにセットアップします

しかし不要なピッチングモーションが嫌いですので

リヤサスペンションに 大きなコダワリがあります

次にコントロール自在なブレーキシステムを望みます

ロック限界が高く レバーを引いた直後から

タイムラグ無しに入り込むフォークセッティングを施します

奥の奥まで ブレーキがは破錠しない事を望みます

此処に行き着くにはタイヤの選択は非常に密接な関係がありますから

タイヤはハイグリップを選択します ・・・ブレーキが効きますからね。。。

サスペンションを有効且つ意のままに動かすには

キャブレーションがシッカリ調教されている事が前提になりますので

ファンネル長 や スロットルの遊び等 細かく調教します

此処までが大まか出来ていれば『戦えるマシン』になります

そうなのです・・・実際秘密めいたこと等無く

オートバイが求める普通の状態を突き詰めるだけなのです

ZEPHYRは750も1100も・・・400でも

これさえ出来ていれば水冷車並みのパフォーマンスを十分発揮致します

そして エンジンは しっかりそこそこ速いことです



じゃあ〜 ・・・ パーツは?となりますね

此処からは 個人的な趣向ですからあまり深く気にせずでお願い致します

WPサスペンションを真剣に取り扱う前

MORIWAKI・SHOWAのサスをズット使って来ました

今思えば リッターマシンを所有し始めてからはOHLINS製は

自身のマシンには装着していません

MORIWAKI様の出されてきたパーツを自身のマシンに

装着することが好きでしたので しょうがありませんね・・・


此処に来て タイヤパフォーマンスがかなり向上しましたよね?

そこにWP製のサスペンションは バッチリマッチングし始めたのが事実なのです

これは 感じる感性の問題ですので 異論はあると思いますが

一人のオートバイ乗りとして選択するのなら

ハイグリップタイヤを履き WP製4014を選択し

ノーマルフォークモディファイを行って FCRを好みに調教すれば 『良し!』

が本音です ・・・ 後は17インチ化というよりホイールの軽量化!

これを行ったほうが絶対いいです!

年間に使うお金を考えて ・・・ 余計なものをこつこつ買うのなら

バシッとマルケジーニを入れてしまった方が絶対いいです!

これは 商売抜きで言います!

マルケなら一生もん・・・とまでは言い過ぎですが

『なんでもっと早くやらなかったんだろう・・・』て絶対に思います!

マルケ買って失敗した なんて絶対聞きません。。。


そして 結構無理しながら峠を楽しみたい一面も自身はありますから

フロントフォークは やっぱりアジャストできるもので

その時その時のシチュエーションに対応が出来るものが好みです

長年使い続けてきたMF45ですね

OHLINS正立も最高です・・・しかし自分自身が楽しむには合わない・・・なのです

ZEPHYR1100の前のCB1000SFにも

ZEPHYR1100用の MF45でした・・・

そのBig−1で使用していたブレーキシステム

アルコン6Potキャリパー&NISSIN・ワークス315mmディスク

のブレーキコンビは未だかつて上を行くシステムに出会えません。。。

良かったですよ これは・・・

Big−1の巨体を意図も簡単に止めましたからね

でも Bremboレーシング・キャリパー&ディスクと

フェロードXRレーシングパッドかCPカーボンパッドで

この味を出そうと企画中です

MF45フォーク&ACY・ウイングステム

マルケジーニホイール&003orアンビートン

FCR&ST−2カム

WP4014リヤサスペンション

ACYスタンダード改スイングアーム

520コンバート・ドライブチェーン

後は MORIWAKI製の機能パーツ と

ハンドル&ステップポジションを好みに合わせて シートも合わせて

・・・そんなに特殊じゃ無い仕様なんですよね。。。

でも気持ちよく 楽しく走れますよ


そうですね・・・???なんか違うな〜??って感じる部品は

やっぱり個人の好みで造る自分のマシンでは納得できないですね。。。

此処一番って時に フロントフォークの好みは必要ですし

それを補ってくれるリヤサスペンションは 拘りますね

そして 何処までも伸びて行くようなエンジン

お客様のマシンの中で 渋いモディファイで 程よくバランスが取れていて

結構速く走れるマシンが 鈴木様のA1ですね



エンジンには手を入れていませんが 

これが本当に吉野自身でもマッチングが良いんですよね



とっても楽しく乗れる 見本のようなZEPHYR1100です

このまま方向性を見失わずモディファイされて行けば一生楽しめると思うんですよ

このマシンの延長上に 吉野のZEPHYRがあるんだと確信できる乗り味です

やっぱり・・・WP製リヤショックは いいんでしょうね?

この仕様で OHLINS製ニュージェネレーションだとしたら・・・

個人的ですよ! あくまでも! だめだったかもしれませんね。。。

多分・・・そのダンパー特性が 昔から来て覚えてきた走り方に中々馴染まないんでしょうね

WP製は 昔からノリが変っていなくって 

現在のタイヤとのマッチングが良くって 走り方にビンゴとなったとしか

考えられません。。。

OHLINS製品を 否定 では無く・・・

個人的好みが WPにある ・・・ こうでしょう。。。

では これ以降は

『攻め込めるマシン造り  ACYなりの手順』 の記事で

書かせていただきますね

もし・・・ こんな感じでお客様も造って行きたいと 感じましたなら

ACYに お気軽にお申し付け下さい

オーナー様 各々に合った 乗っていて楽しいマシンを

ご一緒に作り上げて行きましょう。。。



☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

お知らせ

ACYでは MORIWAKI・MF45のレプリカとして

弊社でも数台のZEP11で実績がございます ACY−45 を製作致します

ご希望の方は お問い合わせ下さい



お知らせ 2

ACY−45 装着に必要なステムKit の追加製造も考えております



前回政製作のACY・45mm・ステムKit をご所望いただける方々を

募集させていただきます

記事の通り 効果は抜群です

OHLINS正立フォークよりも セッティング幅が広いのがACYは魅力に感じます

乗り味も 人間の五感をシッカリ刺激し 感性にあっています

MORIWAKI・モンスター・ゼファー1100レーサーを熟知した知識を

120%完全フィードバックさせていただきます

ご希望の方は お問い合わせ下さい
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

SALE

 ACYサスペンションKit・前後セット販売 
http://cplus.if-n.biz/5002051/article/0262061.html ←こちらをクリック

ご説明の記事に移動いたします お得なACY商品のSet販売です
お気軽にお問い合わせ下さい ご説明をさせて頂きます

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

Japanese standard 侍 ACY
Hiding Power Specialist
AC・YOSHINO・SMR

http://www.acy-samurai.co.jp/  ←クリックでACY・HPへ
移動いたしますので 是非お立ち寄り下さい!

千葉県柏市今谷上町65 Tel04−7174−0336 Fax04−71714−0336
毎週水曜日定休  AM10:00〜PM6:00


Posted at 2011年05月08日 00時33分26秒  /  コメント( 0 )