★☆★ ACY§ACヨシノ ゼファ−最上位獲得!5月19日20日ツクバサ−キットテイスト・オブ・ツクバ #16松本選手モンEVOクラス 当店は原付修理/新車・中古車の販売を行う業務とZEPHYR1100に特化したエンジンチュ−ン&車体セットアップを得意としています ■◇■ KAWASAKI・ZEPHYR1100用JBパワ−製の80mmピストンキットにて1258ccへのボアアップを専門的に承っております ■◇■ エンジンオイルはYACCO/WAKO`S/といった油膜の非常に強いものノミを仕入れ使用取扱いにて皆様のエンジンを守ります ■◇■ 近郊にお住いの方々の原付スクーターのパンク修理からオイル交換・バッテリー交換・タイヤ交換各種は常時在庫を備えてます ★☆SP競侫襯僖錙櫂ット装着〜セッティングOK ★FCR販売〜メンテナンス〜セッティングOK ★FCCクラッチKit販売〜取付けOK ■ お休み:毎週火曜日午後/毎週水曜日/祝祭日 他は超集中作業日 出張日 配達/引取り時 レ−ス開催日 サ−キット走行日 ■ お問い合わせ・ご依頼・パ−ツご注文等は注文フォ-ムをご利用ください 作業に集中している場合がおおくありますので御願いします ■ 店舗対応時間:10:30〜17:00まで 以外は誠に恐縮となりますがエンジン集中作業・出張等・他昼間できない事を行っております
メインメニュー
2011-05-07

ZEPHYR本気モー...

MF45?時代は今OHLINSだろ・・・? じゃ・・・いいんじゃない!OHLINSで
でも 俺はMORIWAKIが生んだMF45!で行くぜ! 粋じゃんか!

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
カッコイイが良いじゃん!空冷2バルブ!水なんか必要ない!
時代遅れ? 決めるのは自分! 

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

今回の記事は 

ACY独自の発想です

賛否分かれると思われますが 

当時1999仕様ZEP・レ−サ−も含め この仕様のZEPHYR1100を

ストリ−ト車に置き換えて実際に走らせて実践した内容です

吉野自身も 同じ仕様で先日まで走っていましたし

今造りなおしている愛車も 今回の内容を施します

吉野自身がZEP1100は こうすれば良く走ると実感している内容文となりますので

ある一つの 方法論としてお受け止め下さい

この乗り味が 大好きだから 今回新たにステムを製作しました

MORIWAKIファンやMORIWAKI信者の方以外には 

受け入れ難い内容文かも知れませんので

参考程度と為れば良いという想いです。。。


『フロントフォークスパン』

とは?フォーク左右の幅のことです




大方 市販されているステムKitはボルトオンじゃないと拡販に繋がらない為 

右へ倣え オフセット変更を皆様に刷り込んでいます

オフセットを変えると云々・・・いい事あるぞ〜っと。。。


もっと安定感を素直に出す為には

アクスル径を上げるとか フォーク左右の幅を広げる事はとても有効です

ワークスマシン達を良く見てください

とっても広いんですよね。。。

なにもボルトオンを求めなくても・・・っと考えるから

ACYは『普通とは違う』とよく言われます・・・でも そう思うんですよ

普通に売られているステムKitでは 

MORIWAKIさんの様にGP直系ってないじゃないですか?

極限のレ−シングモ−ドで実践開発 テスト 確認 販売ってスタイルは・・・

2010MORIWAKI・ZEPHYR1100の開発最終段階の時

『レ−スに出て確認してから販売したい!』って緑ちゃんは言いました

ホント! モリワキイズムは生きていますよ! MORIWAKI製品には!

それを・・・昨日出てきたような輩様がトヤカク言ったって追いつけませよ・・・

本当に。。。


ZEPHYR1100は フロントフォークが沈み込んで行ったとき

普通のマシン達よりも大きくフロントに荷重がのっかて来ますよね?

サーキットや峠で下りコーナーに侵入しフルバンクに持っていった時

フロントタイヤが小刻みに左右に揺れる事があります

これは姿勢が悪く 尚且つフロントに荷重が入り過ぎて

フルバンク手前からバランスを崩しているのが原因の一つです

この荷重の入り方が狙い通りに行われないと

物凄く怖い乗り味になります

だからACY・フォークスプリングを考え出しました

沈み込むスピードが速くっても遅くっても怖くなる・・・

ZEPHYR750&1100で この点は凄く気になりますよね?

そして フォークの左右幅が広く取れると どんな時でも安定します

ガッチリしますし ZEPHYR1100にはとっても有効な手段ですよね

1999ステムは そういった設計になっていました。。。

しかし単純にスパンだけ広げても

ステム下部から ボトムケース上部 アクスルシャフト部間での距離の問題や 

ボトムケース自体の剛性が重要な関係性が出てきます・・・

なのでACYが お気に入りなのが

MF45やCBR900RRベースのACY−45フォークの正立フォークです

1999仕様は 本当に贅沢な仕様だったんですよね。。。

MF45やCBR900RRベースのACY−45フォークの正立フォークは 

ボトムケースがツーピース構造となっていますから

倒立フォ−クに近い下部剛性を誇ります

アクスル廻りが ばたつかないんですよね。。。

アクスル部は非常に強く メタル支持部も強く 以外は肉抜きが凝っていて

ダンパーも伸び側のクリックが圧側を支配しにくくなっていますし

その『フォークスパンを広げる』ことに貢献できる 

45mm というインナーチューブ径・・・

これが非常に軽量ですが45mmという口径が意味するように

バランスが非常に良く造られています

ノーマルのフォークでフォークスパンを広げても

上記の構成上の問題は出てしまいます

ZEP1100は アクスル径が細いんですよね



此処もMF45やCBR900RRベースのACY−45フォークは

アクスル径を20mm 工夫すれば22mm まで上げられます

これは非常にZEPHYR1100には有利なチューニングですよ

軽量化も行えますし・・・

バランス・・・そうなんですよ

構成される全てをバランスさせることが 非常に重要ですね

これに絡めて フロント3.75インチ幅のマグホイ−ルを履かせると

タマラナイ安定感が出ます ・・・ ACY流ですが・・・あくまでも。。。

ちなみに・・・1999・MORIWAKI・モンスタ−・ゼファ−1100レ−サ−の

最終仕様は Fr3.75 Rr6.00 でした

そして バンク角を必要最低限確保しながらケツ下がりの設定でした

1999の直前までMORIWAKI様は全日本をVTR1000Fで戦っていました

そこで得たノウハウをZEPHYR1100に投入しました

ここで鉄フレ−ムに帰り 先を見据えた訳です

その先には 数年後に叶うMotoGP MD211V スチ−ルフレ−ムに

たどり着くという長いスパンの計画だったのです

パ−クス仕様も・・・実は ガッチリとケツ下がり仕様を走らせていました

まあ〜 ドリフト大魔王でしたから・・・異次元なので全く参考にはなりませんが

でもファクトリ−以外で 一番近くにいたのはACYです

なんといっても 同じマシンを実際に走らせたのは私共だけですから。。。

その立場から得られる事はとっても多くありました!

この経験を活かし 皆様に本当の造りこみが伝えられればと考えます。。。


☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

お知らせ

ACYでは MORIWAKI・MF45のレプリカとして

弊社でも数台のZEP11で実績がございます ACY−45 を製作致します

ご希望の方は お問い合わせ下さい



お知らせ 2

ACY−45 装着に必要なステムKit の追加製造も考えております



前回製作のACY・45mm・ステムKit を追加ご所望いただける方々を

募集させていただきます 数がまとまれば製作かのうです!

記事の通り 効果は抜群です

OHLINS正立フォークよりも セッティング幅が広いのがACYは魅力に感じます

乗り味も 人間の五感をシッカリ刺激し 感性にあっています

MORIWAKI・モンスター・ゼファー1100レーサーを熟知した知識を

120%完全フィードバックさせていただきます

ご希望の方は お問い合わせ下さい
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

SALE

 ACYサスペンションKit・前後セット販売 
http://cplus.if-n.biz/5002051/article/0262061.html ←こちらをクリック

ご説明の記事に移動いたします お得なACY商品のSet販売です
お気軽にお問い合わせ下さい ご説明をさせて頂きます

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

Japanese standard 侍 ACY
Hiding Power Specialist
AC・YOSHINO・SMR

http://www.acy-samurai.co.jp/  ←クリックでACY・HPへ
移動いたしますので 是非お立ち寄り下さい!

千葉県柏市今谷上町65 Tel04−7174−0336 Fax04−71714−0336
毎週水曜日定休  AM10:00〜PM6:00

Posted at 2011年05月07日 00時03分48秒  /  コメント( 1 )