CB750(RC42)&CBX750(RC17)専用設計FCRキャブレタ−の限定販売〜取り付け〜調整&オ−バ−ホ−ル等をお任せ下さい! その他車種においてもFCR&CRキャブレタ−の販売〜セッティング出しまで行っていますので不調等のご相談も承らせて頂いています ★CB750(RC42)&CBX750(RC17)専用ウオタニSP競侫襯僖錙櫂ット販売〜取付け〜セッティングまで全て承りさせて頂きます ★原付スクーターのオイル交換/バッテリー交換/タイヤ交換等 各種は常時在庫を備えてパンク修理まで御力にならせていただきます ■ 依頼開始:10:30〜 ■ JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩2分 ■ スポ−ツバイク作業承りは日程の御予約を御願いしております ■ お休み:火曜日(午後若しくは終日)&水曜日(終日) H30年12末まで土・日・祭日も御休み有り・事前にフォ−ムからご確認ください
メインメニュー
2011-04-21

ZEPHYR1100/...


ZEPHYR1100 カッコいいじゃん!
空冷・2バルブ その潔さが男らしいじゃん!
手に入れた者にしか解らない その素晴らしさ ジャパニ−ズ・スタンダ−ド・マシン!

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
とにかく・・・乗り易いです!!
ACY オリジナルセッティングZEPHYR1100用
39mmFCRキャブレ−タ−


http://cplus.if-n.biz/5002051/article/0244434.html ← こちらをクリック

記事をどうぞ御確認下さい
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


ZEPHYR1100 A-1



今回 ACYオリジナル・セッティングFCR39mm を御購入頂き

本日Set-Up完了致しましたので

セッティング作業を繰り返し 煮詰め完了致しました

車体は マルケジ−ニホイ−ル & BT-016Pro

ACY/OHLINSフォ−クスプリングSet

サンスタ−DISK & FERODO・XRパッド

そして 旧タイプWPリヤサスペンション という構成で御座います

・・・実は・・・

この鈴木様のマシン 凄く良いんですよ!



フルチュ−ン・シャ−シって訳じゃないのですが

吉野&内田 的に・・・『最高に楽しい!』って盛り上がっています!

三橋においても『乗りやすくてタマラナイ!』という感想です

話はそれますが ・・・

ACYでは 勿論御客様にお断りをしたうえで試乗させていただいております

そして吉野自身の判断で 吉野のみが乗らせていただく場合も御座います

今回の様に 誰にでも情報ナシで 乗りこなせるか?どうか?をTRYする場合

経験値の違う3人の意見を 自然の受け止めでインプレッションします

勿論最終的に判断を出すのは吉野自身となりますが

内田は 動物的に素直に感じ 言葉に出して 直球で印象を伝えることが得意ですから

先入観ナシの ありのままを情報として得ることが出来ます

そして 自身はMORIWAKI80mmピストン仕様のZEP11に乗っていますから

速さに関しても 敏感に察することが出来ます

決して速く走る事が出来ない三橋ですが ツ−リングというシチュエ−ションにおいては

吉野を上回るテクニックを持っています

そして私吉野は ありとあらゆる状況を想定し マシンを苛め抜きテストします

時にはユックリ 時にはガッツリ 全てを確かめます

そして 御客様が こう使われるであろうと思う 全ての走行パタ−ンを

一気にテストします


お話を戻します・・・


今回のZEP11は ACY/FCRによって得られたパワ−特性のおかげで

サスペンションも十分働くようになったのも効いているのですね。。。

今日はこのマシンに乗ってタバコを買いに行きました

そのフレキシブルさの御かげで そんな思いつきまでさせてくれるマシンとなっています

方や バッキンバッキン にかっ飛ばすことも出来る

最高のZEPHYR1100へと仕上がりました


実際 この仕様に近いマシンは 多く存在します

きちんと 調教すれば 相応な戦闘力は 導き出せるという提案車的なマシンです

こういったノリのマシンは ACYの御客様所有車に多く見られます

見てくれは 二の次! 中身で勝負的な!

そして腕を磨き上げる! といった輩様も多いのが事実です



最近 WP製・リヤサスペンション装着のマシンを多く見させて頂いておりますが

ACY/OHLINSフォ−クスプリングとの相性が とっても良いと思います

『嘘くせぇ〜』って思われるかもですが・・・

我ながらACY/OHLINSフォ−クスプリングとは合っていますよ!

WPサスを取り扱います日本代理店の(株)MC・インタ−ナショナル様からは

WP・フォ−クスプリングも・・・どうでしょうか??的に御勧め頂きますが・・・

ぶっちゃけ『ACYではシングルレ−トがあっています』っとお答えしております


後日 ACYはWP製リヤショックが何故??という内容は御説明いたしますので

お待ちください


でも・・・少し触れさせていただきますね。。。

ACYの車体造りに関して 拘るある一つの法則が御座います

フロントフォ−クは十分動かし 大きくストロ−クを確保し

そのピッチング・モ−ションや車体の安定能力を リヤサスで制御する

というセッティング理論を持っています

なので リヤには高性能を求めているのが事実で御座います

ACYは とくにレ−スをやっている訳でもない 大したSHOPではありません

が・・・一般公道では とにかく 『気持ちよく走る』 という所では


全日本チャンピオンチ−ムのショップ様にも 

絶対に負けたくありません! 


ここだけは 引き下がる訳にはいかない覚悟をも 決めています!

覚悟を決めていますから 求めるものが手に入るまでは 絶対妥協は致しません!

なので メ−カ−様がやってくれないのら 自分達がやる!

いたって単純な理念や信念で オ−トバイと接しています


そして ストリ−ト・ライディングにおいては如何なる場面でも

決して乗り味を損なわないモノを求めてセットアップいたします

故に 待ち乗り使用のマシンで ひとたび峠道に持ち込んだ場合でも

ユ−ザ−は『気持ちよくコ−ナ−を駆け抜ける』ことも求めます

そこで 絶対に恐さが出ぬようセットアップする事がACYの仕事になります

その我が儘な御注文を 一気に網羅出来るのは

WP製リヤショック & ACY/OHLLINSフォ−クスプリングSet

だというのが 数台のこのSETを作ってみてハッキリと為りました

誰もが 街中&峠 を元気良く走りこみたい! とは為りませんよね

ですので よりスポ−ツ能力を求められるライダ−には

WP製リヤショックユニットは きっと ズッポリとはまるアイテムだと

最近確信いたしました

『つるし』のまま装着した場合 多くのアドバンテ−ジを高いアベレ−ジで満足できるのは

OHLINS製 よりも WP製 だと 吉野的には思っております

他のSHOP様は 『違うよ・・・吉野』 と言われるかもしれません

でも ACYが行っている作業の上がり部分が求める『乗り味』は

OHLINS製 よりも WP製 だということです

これは・・・あくまで!『つるし=標準』 での場合です

御客様がご用意して頂く最初の金額で得られるであろう喜びが

ACYの作るもので賄えるとするのなら という場合です

OHLINS製は 『つるし』でも より多くの様々なライダ−を

確実に取り込み納得させられる商品であるのは間違いありません

WP製は その会社方針が ハッキリと商品に現れています

『どっちつかず』では無いという商品です

その昔 80年〜90年初頭に日本のライダ−達を夢中にした

『レ−サ−レプリカ』といわれたマシン達! 

NSR・TZR・RG-γ・KR-1・CBR・VFR・FZR・GSK-R・ZXR

という『もっとアクセルを開けろ!』とマシンから要求してきたノリ!

そう! 領域を上げろ! 世界はもっと違う所にあるぞ! と

マシン側から訴えてきた あのノリが WP製サスペンションにはあるんです!

『つるし=標準』で・・・それがあるんです!!


☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
SALE

 ACYサスペンションKit・前後セット販売 
http://cplus.if-n.biz/5002051/article/0262061.html ←こちらをクリック

ご説明の記事に移動いたします お得なACY商品のSet販売です
お気軽にお問い合わせ下さい ご説明をさせて頂きます
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
Japanese standard 侍 ACY
Hiding Power Specialist
AC・YOSHINO・SMR

http://www.acy-samurai.co.jp/  ←クリックでACY・HPへ
移動いたしますので 是非お立ち寄り下さい!

千葉県柏市今谷上町65 Tel04−7174−0336 Fax04−71714−0336
毎週水曜日定休  AM10:00〜PM6:00

Posted at 2011年04月21日 21時39分45秒  /  コメント( 0 )

とにかく安全性が第一!

とにかく安全性が第一。。。



一頃の流れと違って

今 チュ−ニングマシン達を乗っている方々の年齢層は

多くが35〜50才位の方々が多いですよね

というのも・・・下が居ない!育ってこない!

典型的な大人の『モノ』に為りつつありますが・・・ここではちょっとスル−しますね。。。

皆様お若い頃より乗り続けている方も多くいらっしゃいますし

返り咲いた方々もいらっしゃいます

と言う事は 長い歴史の中で『酸いも甘いも』それなりに体では感じてきていますよね

そして・・・ここへ来てACYが 大きく感じる事は

皆様『安全性』を物凄く重要視している事です



これは当然なのですが

若かりし頃は 反射神経や運動能力もバツグンだったから

その勢いでカバ−できていた・・・んですよね?

皆がアスリ−トなわけじゃないから

言葉は悪くて申し訳ありませんが『臆病』になってきて正解に感じます

吉野自信も乗るときは・・・特に目が付いてこなく為ったことが一番感じるので

防衛は張りますよね。。。



この『Dr伊藤様』のZEPHYR1100は

ACYが送り出す 『リヤブレ−キKit』 と 『ACY・WP4014』 が

チョイスされています

商品のクオリティ−は勿論必要なのですが

『イザ』って時に力を発揮できず ・・・ ではね・・・困るじゃないですか?

Dr伊藤様の様に ACYが考える事と 安全性を必要と考えた時

上手く合致されれば こういう質実剛健的なものになるのでは無いでしょうか?

人間の感覚にビンビン反応するパ−ツと

それらを 上手にセッティングすることは 非常に重要です

ヤッパリ公道では ごまかしを効かしていれば事故に繋がります

OHLINSよりも こういった長く乗られて来た方々にもシッカリ受け入れられ

リヤショックを新品の状態からチュ−ニングマシン対応として

目的をカバ−しやすい WP・サスペンションはある種安全だと思います

リヤブレ−キも GPマシンとは違い

公道ではリヤの制動力が大きく求められるのは事実です

危険回避時にリヤが効かなかったら・・・フロントロックを誘発します

オ−トバイは 不安定な乗り物です

これを絶妙なバランスを保たせ走らせる醍醐味に取りつかれた

ライダ−達でも 安全 はとっても重要視されています

レ−スだって 思いっきり気持ちの良い走りをするには

至ってフラットな仕上がりのマシンでなくては出来ません


ACYは『安全に楽しく楽に速く』走れるという いたってシンプルな

マシン造りを テ−マとして続けてきました

その結果が 今多くの方々に理解され始めています

これからも力抜く事無く 進化し続けます

今取り組んでいるのは ACY/FCRKitの更なる追い込みです

もっと乗りやすく もっと速く!もっとパワフルに! がテ−マです!

満足する事無く 『まだ上は必ずある!』 と自身に疑いをかけ続け

前に進みます!


自分に合った 乗りやすく 安全なマシン

これが チュ−ニングマシン じゃないでしょうか?

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
ACYでは 『オ−トバイって本当はこうなんだ』という事を提案します
突っ込んだ本当の事をブログ記事にしています
商売というのはこういう事だと思います

安全を手に入れる事がチュ−ニングだったりもします
カスタムによる多くの『ディ・チュ−ン』に対する本当の回答を記事にしています

Come On Fighter ! Stand Up Fighter ! 
やるなら 今しかない!
熱き執念 ほとばしる情熱 それだけを信じて突き進め!

AC-YOSHINO-SMR  JAPANESE・STANDARD・

Posted at 2011年04月21日 13時55分47秒  /  コメント( 0 )

「社会人になってから...

東日本大震災地震に見舞われた皆様へ心からお見舞い申し上げます。

今回の震災で大切なバイクを失った方も大勢いらっしゃると思いますが、

何時か必ずライダー復帰が出来ることを心から願っております。



「社会人になってからバイクからの離脱編」





会社に入社した90年の11月から海外出張、

一度海外に出ると1年〜1年半は、帰国出来ない状況が続き、

一時帰国も2週間という限られた日数の中、単車を乗り続けることが

非常に困難に成っていた当時、バイクは大学時代の友人に預けていたが、

その友人も出張が多くなりGSX-R1100半年以上エンジンに火が入らない状況でした。

そんな中、私の弟が限定解除をしたことからGSX-R1100を譲り渡し乗って貰う

という考えがというより殆ど押し付けでしたけど。。。(笑)

当然中型免許しか持っていなかった弟は、

バイク経歴としてはNSR250しか乗ったことが無く

行き成り最高速仕様のバイクを与えた日には、

「風と共に去りぬ」如くバイクと共りかねないという不安もありました。。。(苦笑)


丁度車検もあったのでそれをきっかけにノーマルに戻し

兄弟ということもありバイクの名義も変更、

自分の好きなように何でもやってOKと言った手前もありますが、

ここから一気にバイク人生から離れることになりました。

結局、私自身日本が生活拠点になったのは入社してから15年以上たった頃、

実家との連絡も数年も取ってなかったこともありバイクも処分され、

その間私の人生も大きく変化があり再びバイクに乗ることはありませんでした。


バイクから離れて18年以上経ち、車に乗っていてライダーを見かけると

季節毎に春秋には気持ち良さそうとか、

夏であれば暑そうだなとか、

冬であれば寒そうなんて客観的に見てたのですが、

やはり根はバイク大好き!

段々、見るだけじゃ我慢出来なくなります。

そして一大決心を「バイク人生復帰」するぜ!

以前にも日記で書きましたが即断即決の性格、

最新バイクには今一心が惹かれずやはり買うなら

80年代のバイクとそして始めたのがヤフオクでのバイク検索です。。。

To be continue


次回は「番外編 80年代後半 峠ファッションシリーズ」です。


By 関口

Posted at 2011年04月21日 13時55分11秒  /  コメント( 0 )