CB750(RC42)&CBX750(RC17)専用設計FCRキャブレタ−の限定販売〜取り付け〜調整&オ−バ−ホ−ル等をお任せ下さい! その他車種においてもFCR&CRキャブレタ−の販売〜セッティング出しまで行っていますので不調等のご相談も承らせて頂いています ★CB750(RC42)&CBX750(RC17)専用ウオタニSP競侫襯僖錙櫂ット販売〜取付け〜セッティングまで全て承りさせて頂きます ★原付スクーターのオイル交換/バッテリー交換/タイヤ交換等 各種は常時在庫を備えてパンク修理まで御力にならせていただきます ■ 依頼開始:10:30〜 ■ JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩2分 ■ スポ−ツバイク作業承りは日程の御予約を御願いしております ■ お休み:火曜日(午後若しくは終日)&水曜日(終日) H30年12末まで土・日・祭日も御休み有り・事前にフォ−ムからご確認ください
メインメニュー
2011-03-08

CB750(RC42...

Come On!リターンライダ−の方々へ!
ACYはリタ−ンライダ−を応援します!!ACYにお任せ下さい!!
何が良くって 何が悪いのか
一緒に 笑いながら 楽しく パ−ツ吟味いたしましょうよ!

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

ACYにて

『ACY・侍サイレンサ−』
『ACY/OHLINS フロントフォ−クスプリングKit』
『ACY/OHLINS フルアジャスタブル・リヤショックアブソ−バ−』

ACYのオリジナル商品 主力部を取り付けいただきました

『菊池様』 より

お手紙を頂きましたので ご紹介させていただきます

ここに書かれている事は 本当にオ−ナ−様が心で感じてくださって

ご自身の意思の元ACYへメ−ルを下さった内容で御座います

最後のほうに 私 吉野自身がこの内容を読みとり

思う事を今回は書かせて頂きます



吉野社長、内田さん。

ご無沙汰しております、RC42でお世話になっている菊池です。

今回の問合せの前に、現時点のインプレを報告させていただきます。

作業を終えて約500キロほど走行(ほとんど近所の街乗りですが…)してますが、

とても印象的なのがフロントタイヤの接地感が比較にならない位向上したことです。

その恩恵か、少しだけ近所の山へ遊びに行ったときも、

いつもはビビリまくりの下りも安心感がありゆとりのライディングができました。

ブレーキングからマシンをバンクさせる動作中の動きがすごくスムーズになったと思います。

高速走行時の安定感も抜群で走行時のゆとりが生まれました。

オマケとして、自宅への進入路が砂利道なのですが、

この砂利道走行時のフロントの接地感が劇的に向上し驚きました。

次に侍サイレンサーですが、まわりの仲間に埋没しがちだったマシンの音も

ひときわ存在感を増しニヤッとしているところです。

性能に関しても、確かに低回転域ではトルクが痩せましたが

(今までの装着品が、かなり低回転重視でしたので)

それを補って余りあるほどの中高回転域の変化にとても感激しています。

とにかく、今までの様なフン詰まり感が消え気持ちよく回転が伸び上がります。

近所の高速道で渋滞の名所になる長く緩い上り坂があるのですが、

以前の仕様では1××キロに到達するのがやっとだったのに対し、

現在の仕様だとリ○ッターに当たるどころかまだまだ加速する勢いが衰えない感じです。

吉野社長が仰ったとおり「スポーティーなマシン」へ変貌してくれました。

全体を通してマシンが乗りやすくなり結果ゆとりが生まれ

視野が今までより広くなった感じがします。

まさしくプロの仕事を我が愛機で実感できることをとてもうれしく思います。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::

これら商品の目的は

先ず吉野自身が CB750に乗って

『ここをこうすれば 安心感が必ず増す』

『眠っているパワ−を呼び出し カッコイイサウンドを奏で空冷を満喫したい』

でした

フロントフォ−クは 高い位置から その持っているストロ−ク全てを有効に使い切る事で

安全と快適と運動性能を得る事が出来ます

ストロ−クが沢山増えればブレ−キの許容も増加し恐さは無くなって行きます

ノ−マルのリヤサスにも十分対応できるべく開発をしましたが

『フルアジャスタブル・リヤショック』が欲しいというお声が非常に多く

それが手に入れば格段に乗り易く・タイヤが滑り出す時期を遠くへ追いやる事も

容易に想像できました

CBに乗られる方は峠も視野に入れておられる方が非常に多いのも事実でした

そこで 自社で先ずはクアンタムを装着しました

その制御によりものの見事にCBは気持ちよく走ってくれました

その性能を商品化すべきOHLINS様に提案し製作を依頼いたしました

今回の菊池様のお言葉通り下り坂で安心感が増えるというのは

安定成分が多くなった証拠です

にも拘わらずコ−ナ−での踏ん張り感も向上する事実を含め

良く作動するシステムという証になります

侍サイレンサ−においても 体感できることは

先ずは『音』です

その音の追求には時間を相当掛けました

オ−トバイは『音』を楽しむという基本を先ずは抑える事を前提に

その所有感をも満たすべく『質感・性能』を両立させてきました

性能に関しては MotoGP&全日本の世界で養われた技術を全てフィ−ドバック!

菊池様をはじめ 装着いただいた方々全てが『高回転の伸びが良い』という

感想に対してACYの目標は達成されているという実感が御座います

十人が十人 違う感性を持っているにもかかわらず

同じ感覚を得ている事実が証明となります


自社のブログですから吉野自身が書いています

『良い事ばかり書いてる』と受け止められるのなら それで構いません

こういった 御客様の声をいただける事実が存在するだけで幸せです

私共は 御客様が喜びを得ることに集中しています

目的を達成することに集中します

必要となったときに ACYを御利用頂ければと思っております

星の数ほど SHOP様は御座います

御客様が『門をた叩く』時 今の世の中は情報を先ずHP等では収集します

確かな情報は店側の発信だけではなく 『御客様のお声にある』と信じています


チュ−ニングは各々の楽しみを全うすべき事です

感性にあった商品を 星の数ほどあるSHOP様から自由に選んで頂きたく思います

私共は 『機能パ−ツ』 に重きを置くSHOPで御座います

シンプルで 研ぎ澄まされた刃物の様なレスポンス

これがACYの求めることで御座います

菊池様 本当に喜んで頂けてよかったです

有難う御座います

ACY 吉野富三郎


☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

ACY・CB750(RC42)用 OHLINSフォ−クスプリングKit
http://acy-samurai.co.jp/pvd/index.html
↑ こちらに商品記事が御座いますので どうぞクリックで移動ください

ACY・CB750・RC42用 OHLINS フルアジャスタブル・リヤショック
http://cplus.if-n.biz/5002051/article/0193766.html
↑ こちらに商品記事が御座いますので どうぞクリックで移動ください

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
AC-YOSHINO-SMR  JAPANESE・STANDARD・侍

65・Imayakamicyou・Kashiwa・Chiba・Japan
t-yoshino@acy-samurai.co.jp
tel:04-7174-0336

代表取締役社長   吉野富三郎

Posted at 2011年03月08日 11時52分42秒  /  コメント( 0 )

頂戴しているメ−ルへの...

ご紹介はしきれませんが

頂戴していますメ−ル全てに御客様の声の真剣さがあります

今までと 変更後の違いや 

私共と接し始めてからとの違いを 肌で感じてくださって居るのです

それを『本当か?』などと疑う輩様がいらっしゃいますが

本当に そのご自身の感覚や体や心で『違い』を感じた事を

書き込んで下さっているのですよね・・・オ−ナ−様は

『紛れも無い真実』をお伝え下さっていると思います

『ブレ−キが効く様になった』 『レスポンスが上がった』 『速くなった』 

『寝かせやすくなった』『シャ−プになった』・・・など等。。。

オ−ナ−でしか解らない感触を表現し提示くださっています

それはオ−ナ−様自体の感覚です

本当に 有難うございます

メ−ルを頂戴しています 皆様には この場をお借りして心からお礼申し上げます



ACYは原付スク−タ−にのられる女性ライダ-にも

カブに乗られる御老人にも

乗り易くするには『こう考えると良いと思いますよ』と噛み砕いて

他に例えて御話させていただきます


我々は お金を代価として扱うプロです

人の言葉を疑い始めたらキリがないですし 淋しく無いでしょうか?

良いと言って下されば それがオ−ナ−様の喜びに繋がったんだと疑いなく信じます

信じれることを愛するのではなく 愛してくださる事実を信じたほうが幸せです

良い所もあれば 良くなかった(自分には合わなかった)と提示くださる御意見ならば

もっと大切に為ります

商品の幅が狭くては意味がありませんから

そく対応策を提案し始めマイナ−チェンジをします


でもそれが 個人のピンポイント的な御意見だったならば 

構成される その他の部分も手を加えなければ為らないのも

事実だとシッカリ認識いただきたいのです

各々の自分の感性と他人様の感性を比較してはいけませんよね

ピンポイントで不満が出てしまったら

それをベ−スに格上げするか ばっさりと仕様変更しなければなりません


ACYは確かに平均値の物や事を望みません

平均値の塊が一般市販車です

その平均値をより扱いやすく人間の5感を刺激できるように

チュ−ニングを施して行きたいです

チュ−ニングとは そのオ−ナ−だけに合わせる作業です

だから十人十色を 心に刻んでチュ−ニングの道を行って欲しいと思います

横の芝生の色など気にしている暇があれば 自分の芝を手入れする方が良いと思うのです

人それぞれ楽しみ方は違います

一括りになど しようとするのが大間違いです

ACYは お一人お一人に 対応します

最終的には『心の会話』です

良いものを造り上げる基本でしょう



昔 ・・・ ある年上の同業の先輩に言われました

オ−トバイが透けて見えてこそ本物だと

そして・・・エンジンが組めない奴の言う事は信用するな

エンジンも組めない奴に何が分かる??

もし組めない奴が偉そうに語るのなら それは実践で得た事でなく本で得た如何様だ

オ−トバイを語ることとは実践のみ 体験していない事を口に出せば足元をすくわれる

感覚と 理論と 数字から語れ

世の 人生の先輩方を甘くみるな

井の中の蛙に終わらない為には 頭を低く 口は少なく 我を通さず 目を高く持て

技術者は 理 数

根性や 気合はもちろん必要だが それは己の心を磨く手段

人と対する会話では 決して有効には働かない

オ−トバイを職として 心するならエンジン

エンジンが組めて 初めてオ−トバイを語れ

耳をかすな エンジンも組めない奴がオ−トバイを語ったならば


これは厳しい話でしたが

現在の自分を支えているのは この話になります

そうですよね・・・逆を言ったらその通りです

エンジンも組めない人にチュ−ニングは任せないですよね・・・

オ−トバイに乗らない店主に 相談などしないですよね?


あのチュ−ナ−は良い

あのチュ−ナ−はダメだ

自分には関係の無いことです

自分とだけ戦っていれば 前に進みます 必ず



もしかすると・・・お客様は・・・

どれだけ 楽しんでいるかを 見て判断しているんじゃないかって思うんですよ

だって店主がパワ−無かったら お客様も楽しめないじゃないですか?

パワ−が無いって事は 楽しめていない・・・ですよね。。。


どんなエンジンでも開けるたびに ゾクゾクします

『これが出来上がったら たまんねぇ〜じゃん!』って!

この前 永いお付き合いのお客様で

HONDAのTodayといスク−タ−の方が『力が無く 調子悪い』と

修理のご依頼を受けました

見積もりは 『エンジンオ−バ−ホ−ルで回復します』と提案

お客様は買うより安いから・・・とGOを頂きました

ヘッドを見た瞬間・・・『ポ−ト研磨すれば・・・良い感じに絶対なる』と

もう・・・いっちょやったるか!ってモ−ドに勝手になってしまい

黙ってポ−トを加工して納得の行く上がりだったので

請求無しでお渡ししてしまいました

『力を上げておきました』と添えて。。。

今も元気にバリバリ通勤快速しております


自分でも分かっているんです

『吉野は金では動かない』と・・・

気持ちと気持ちのやり取りが 心を動かすんだと


数十年も店をやっていれば

お客様の流れは変わります

長いお付き合いの方々は 新しいお客様との関係にも気を使って下さっています

ある種・・・ファミリ−ですよね20年も付き合えば自分の子供より長いんだから。。。

店員さん状態です・・・本当にありがたい事です。。。

そんな方達と 長くお付き合いが出来たことは誇りですし

もちろん新しいお客様との出会いも ワクワクします

ここから どんな世界が始まるんだろって。。。


結局 楽しいが一番最高なのですよ

私共との大きな違いは 『皆様は趣味』 ですから

レ−スをしている方も お金を貰っていないのなら『趣味』ですよ

なら 自分のために楽しめばいいんです

でも なにかスポンサ−ドされたなら それは報酬ですから

『ある種プロに徹することになっちゃうんですよ』

商品協賛 技術協賛 ・・・ 一つでも協賛されたらプロに徹しないといけない

それがル−ルです

『楽しもう』が 協賛からまって商売入っちゃったら がんじがらめですよ ・・・ 

趣味じゃなくなっちゃう・・・仕事になっちゃいます

だから メ−カ−様も 最近はここを良く心得て下さってますよ

一時期の『ばら撒き』はもう無いですものね?


ACY自身もメ−カ−様とタイアップしたりしますから

プロ対プロの なぁなぁ事はご法度も実際あります

『やる』といったら『進路変更無し』ですよ

筋道蹴っ飛ばしたら そこでOUT

先の話など無いですよ


協賛や支援を貰うということは そういったシビアな問題が前提です


楽しむ 

この本当の意味を履き違えないように

オ−トバイに接していきたいという方々の声は

宝物なのです

喜んで頂ける商材や 技術を 磨きあげていきたく思います

皆様からの

『コメント』 『インプレッション』 『メ−ル』 

あるときは遠方からの御来社 や お電話

本当に宝物です

 
皆様これからも どうぞ宜しくお願いいたします

各々の表現で 全くかまいませんので 。。。心よりお待ちいたしておりますので。。。


ACY 代表 吉野富三郎



















Posted at 2011年03月08日 00時35分15秒  /  コメント( 2 )