★☆★ ACY§ACヨシノ ゼファ−最上位獲得!5月19日20日ツクバサ−キットテイスト・オブ・ツクバ #16松本選手モンEVOクラス 当店は原付修理/新車・中古車の販売を行う業務とZEPHYR1100に特化したエンジンチュ−ン&車体セットアップを得意としています ■◇■ KAWASAKI・ZEPHYR1100用JBパワ−製の80mmピストンキットにて1258ccへのボアアップを専門的に承っております ■◇■ エンジンオイルはYACCO/WAKO`S/といった油膜の非常に強いものノミを仕入れ使用取扱いにて皆様のエンジンを守ります ■◇■ 近郊にお住いの方々の原付スクーターのパンク修理からオイル交換・バッテリー交換・タイヤ交換各種は常時在庫を備えてます ★☆SP競侫襯僖錙櫂ット装着〜セッティングOK ★FCR販売〜メンテナンス〜セッティングOK ★FCCクラッチKit販売〜取付けOK ■ お休み:毎週火曜日午後/毎週水曜日/祝祭日 他は超集中作業日 出張日 配達/引取り時 レ−ス開催日 サ−キット走行日 ■ お問い合わせ・ご依頼・パ−ツご注文等は注文フォ-ムをご利用ください 作業に集中している場合がおおくありますので御願いします ■ 店舗対応時間:10:30〜17:00まで 以外は誠に恐縮となりますがエンジン集中作業・出張等・他昼間できない事を行っております
メインメニュー
2010-09-22

ハイバランス・徹底主義

計測機械などをあてにせず

人間の感性を信じ

高い位置で 先ずはバランスを取ると

乗りやすい 楽しめるマシンは 出来上がります


そうして

そのマシンの本来の特性を掴むという

この作業が とっても重要です


そして・・・

その先に 乗りやすくて 速く走らせる事の

出来るマシンが

生まれてきます




この ・・・ 乗りやすいマシンを造る!という事に

着眼できた事が とても幸せです


オ-トバイっていう乗り物は

人間が操る機械ですよね?

操られていては 自分のものになりません ・・・ 一生。。。

高いお金を出して 憧れのマシンを購入したのに

いざ走り出すと ・・・ 『疲れる』『怖い』 って体験ないですか?

吉野は結構あったんですよ!そういう事が。。。

オ-トバイっていう 乗り物は大好きだったんですが

走り出すと 手に負えない ・・・ 怖い ・・・

って思う時期がありました


ある時期 『怖さをどうにか 取り払えないか?』と考え始めました

安定感があれば 怖くないだろう というところに行き着きました

それは 元YAMAHAワ-クスでメカをされていた

友人と数年レ-スを一緒に戦った時の事です

タイムが頭打ちになった ある時の会話にヒントがありました

『GPライダ−でもスランプはあるんだよ』 ・・・ お〜っ!なるほど!

『ケニ−は タイムが伸び悩むと 車高を下げ 安定感を上げ

怖さを取り払って感を取り戻すよ

タイムが上がって来たら レコ−ド・セッティングに戻すよ』


・・・これは目から鱗でした


タイヤも Bタイヤにしたり ダンパ−を抜きぬきにしたり

何しろ 人間に優しくなるようにSETしなおすそうです


あのケニ−ロバ−ツでさえ ・・・


乗りやすいマシンを造る! = 怖くないマシンを造る!

に至ったわけですよ



その上の速さを必要としたするなら

そこから初めて

バランスを必要分だけ崩して行き

攻めの車体を作る事が順序であり大切です

そして 又バランスを取る!

常にバランスを保つことは 忘れてはいけないと肝に銘じています


速くなったなら ブレ−キもグレ−ドアップ 

速くなったなら ダンパ−も締めないと

速くなったなら バンク角も確保しないと

速くなったなら レバ−の位置も変えないと


・・・仕様が変わって行くと 新しい世界が見えてきます

そして 又バランスを取る!



速さを求めるって事は 

気合や 根性では 追いつかない所があります

でも・・・速くなるには 気合や 根性が必要なのも事実なんです


もっと速くなってくると マシンがダダを捏ね始めます

そこで ・・・ 捨てるもの と 活かすもの

を明確にしないと 

THE END 。。。 楽しめなくなっちゃいます!


サ−キットでの タイムってバロメ−タ−ですよね

タイムが全て ・・・??

?? 吉野はやはり 平均スピ−ドの方が重要な気がしますし

区間タイムは もっと重要だと感じます

125cc と 1000cc では一周のタイムは比べ物になりませんよね?

でも平均スピ−ドを見たなら 排気量やチュ−ニング具合での

しっかりとした バロメ−タ−が得られますよね?

区間スピ−ドなら 

インフィ−ルドは速いけど 

バックスストレ−トからコントロ−ルラインまでが遅いとなれば

馬の数 が足らないのがハッキリと分かるじゃないですか??

ライダ−は頑張ってるけどマシンがパワ−が無いんだと。。。

その逆なら ライダ−が怠けているな!って具合ですね。。。


どの世界も 結果が全てと 申されますが

その過程には ドラマはありますよ・・・

だから 勝手にタイムのみの尺度を使うのは 嫌いです


ベストタイムって 引っ張られて出たりしませんか??

それより 平均スピ−ドを測ったほうが 自力かどうかも判定効きますよね?


公道では タイム?競う? これは無いですが

自身との戦いは ありますよね??

公道 も サ-キット も ライン取りは

大きな 差を作ってしまいます

この事に早く気が付くと ポンと 次のステ−ジに行っちゃいますからね。。。

そして 脱出回転数 ・・・ これも大切ですよね?


奥が深いですね。。。

だから 興味が尽きません。。。

本気になれますね。。。

オ−トバイって!!

Posted at 2010年09月22日 00時07分12秒  /  コメント( 0 )