地域密着を重んじています!原付スクーターのパンク修理からオイル交換・バッテリー交換・タイヤ交換等各種は常時在庫を備えてます 量販店様やカスタムショプ様とも一味違う生粋の修理屋として皆様のオ―トバイの整備・修理・復元を行う事を本業/業務としております 皆様の所有されてるオ―トバイが壊れている・調子が悪くて困っている・乗っていて怖く感じて危険な状態の時にお力添えさせて頂きます ★☆車検・点検・新車販売・中古車販売・厳選カスタムパ−ツ販売 というように一般的な業務とDEEPな業務を並行して運営しています ★☆SP競侫襯僖錙櫂ット装着〜セッティングOK ★FCR販売〜メンテナンス〜セッティングOK ★FCCクラッチKit販売〜取付けOK   ■ 依頼開始:10:30〜 ■ JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩2分 ■ スポ−ツバイク作業承りは日程の御予約を御願いしております ■ お休み:火・水曜日以外も暫し不定休 他急用時等も店舗対応をお休みさせて頂きます(恐縮ですが告知無い場合もあります) 
メインメニュー
2010-09-11 の記事

OILに思うこと

これは吉野の独り言です

このブログは 業界の方も拝見くださっていますが

あくまでも 独り言ですので スル−してください



OILには 0w30 5w40 10w40 15w50

いろいろありますね。。。


皆さんも御存知と思いますが

科学合成100%OILって

ベ−スOIL&添加剤で形成されていますよね

例えば 2Km以上のサ−キットで 全開走行をしたとします

3〜4周で 添加剤は 吹っ飛びますよね・・・

その後は ベ−スOILの威力の勝負!!



コレを 十分理解しないと 

いけません。。。。 惑わされては・・・いけませ。。。


純レ−ス用OILが ハイレスポンス で 素晴らしいのは

そのレ−スディスタンス のみが保ってくれれば良い!

という真実を理解していかないと・・・使ってはいけませんよね。。。


粘度表示 を鵜呑みにせず

摩擦係数も ちゃんと認識しないと。。。

たかがOIL されどOIL

あっちが出れば こっちが引っ込む

これがOILの性格です


120度以上の 動粘度 や 油圧能力 は

5w40 10w40 15w50 もさほど変わりませんよね

だって・・・油温計の上昇スピ−ドを見ればハッキリ分かりますもの。。。

油膜が欲しいのか?? それは何故か?

を ハッキリ定めなければ いけません

スッカンスッカン の クリアランス・ENG であるもの

きつめの クリアランス・ENG であるもの

それぞれ 高温時で 望まれるものは 違います・・・よね?

あくまで・・・独り言です。。。


Posted at 2010年09月11日 22時17分56秒  /  コメント( 0 )

最近・・・変じゃない...

世の中景気が悪いからかなんか知りませんが・・・


最近 金を払わず知恵だけ頂こうとする風習が

今の日本にあるような気がします。。。

コピ−して 売りさばく・・・


それならそれで 別にイイとも思いますが・・・


その道の筋の人が通って来たキャリアには到底適わないだろうから・・・です

先ず同じ事をしても 同レベルは得られないだろうから。。。

それを 知ったかぶっちゃって 『ハイ!私出来ます』

淋しくないんでしょうか??



情報でも 人を使って 頼んで 得た利益に対しては

キッチリ代価は支払うべきだとは思うのです


例えば ・・・ 職業的な話で申し訳ありませんが・・・

『取れないネジが一つ有り困っている 』

それを 取れる人に頼んだなら 

それは立派に仕事依頼になりませんか??

仕事を頼んだ事 に為りませんか??


それを・・・たかがネジ一つ取るのに金取りやがって・・・

と 他人様に言いふらすのはどうなんでしょうか?? 

別に結構ですが  ・・・ 

でも 依頼した主は誰?って事を忘れないで欲しいって事ですよ。。。


困っていたのは誰? って事です。。。

困っていたことを ぱっと忘れちゃうんですよね。。。


取る側は困っているだろうから 精一杯の努力で励みます。。。

仕事を請け負ったと認識して!

そして 成功に対しての 報酬を頂く


元来 お仕事って 行って得たその報酬を お給料という形で評価して頂く。。。

働くって こうゆうこと ですよね??

どの社会人様でも このル−ル で回っていますよね?


ちゃんと考えなおして欲しいと思います・・・・

世の中 チョット間違いがありますよ?


仕事をお願いされた という事を

自身に置き換えたなら  

当然 利益が産まれる ・・・ って考えますよね?

そういったことが 認められない会社に居るから 転職するんですよね??

それを なんで自分自身に置き換えないで

他人様には 横柄な態度で迫るんでしょうか??


お願いをして その請負人が 仕事を全うしたなら

『幸 と 喜び』 が得られたんですよね??

なら ガタガタ 言っちゃったら・・・おかしくないですか??


腹減って ラ−メン屋行って ラ−メン食べて 

腹ごしらえできました 味はどうあれ。。。 

好みに合わなかったとしても ・・・ 代価は お支払いしますよね??

払わなかったら 食い逃げ呼ばわりですよ・・・

自分が 『ラ−メン』 って頼んだんだから ・・・

自分が 『此処でラ−メン食うか!』って選んだ店なんだから・・・

不味くっても 金を支払う これ当然ですよ。。。

不味かったら 次は行かなければ良いんだから・・・

勉強代です よね??


一瞬でも ラ−メン食べて 欲望 を満たせたなら 。。。



自分で選んで入ったラ−メン屋を 他人様に トヤカク言うのは どうかと・・・

どの業界の インプレッションは 信用できませんよ。。。

たまたま 自分の好みに合わなかっただけじゃないですか??



そういった 事で 日本が動いている実情が 悲しいです。。。


そういうんじゃ・・・ 無いんじゃないですか?

ね・・・?


ラ−メンが 『美味しい』 って思わなかったら

『これは?どういった事なの?いったい?』って店主に聞けば??

じゃないですか??

頼む前に 『何が良いかな??』って聞けば良いじゃないですか?

んで・・・答えが 予想に反していたなら やめる。。。


会話が無いから 変な方向へ行ってしまい

権力のあるものから 支配を喰らう・・・

フェア じゃないですよ!!


わが国 日本 はどうしちまったんでしょうか??

情け 信頼 情熱 薄れないで欲しいです!




 


Posted at 2010年09月11日 21時52分30秒  /  コメント( 0 )

侍&忍者

侍 & 忍者



侍 と 忍び



この間柄も ジャパニ−ズ・スタンダ−ド

ですね。。。



GPZ900R とは 何ぞや??

という事を 徹底的に 検証できたマシンが この『チャカマキ号』 です

今回 熟成領域 に達したので御紹介いたします。。。

今回 足回り&キャブ&点火を 一新して

『チャカマキ様』 が求める GPZ900R らしさの延長上を

ACY が オ−ナ−様の要望を 具現化できました

・・・一通り作業を終え 試乗開始!

とにかく 試乗というのは ある種『命を』掛けて

出向かなければならないものと 思っています。。。

『こんなもんだろ・・・』

コレじゃ あかん のです・・・

フルスロットル をカマせ!

コ−ナ−も そこそこ やらねば!

御客様の領域に達せませんから ・・・。

で ・・・ 『チャカマキ様』 は 実は 吉野の高校の後輩でもあります

んな訳で 絶対の信頼関係もある訳で・・・

やらせて頂きました。。。

点火Kitに 今回TG・NAKAGAWA様の ユニット を装着した訳ですが・・・

FCR39 の と共に 潜在能力を フルに出し切りました!

ある下り 〜 登り右高速コ−ナ− での事 ・・・

下りでフルスロットルをあてながら 進入して行きます・・・何時ものように・・・ 

下りきった所で切り替えし 右に全開で上りながら 駆け抜ける

車体と キャブ・レスポンスを試す場所でもあるわけですが・・・

むぅ〜・・・ 

下りで 2速パワ−リフト してしまい・・・・

吉野は 『どうすればいいのっ!』 状態に陥りました。。。

そのまま 行ける訳は無い ・・・ この一瞬思うわけですよ・・・

SSなどでは ざらな事なのですが ・・・

忍者は 鉄フレ−ム・・・『暴れる!』 って予感しますよね。。。  当然!

しかし この900R ってば 

そのまま アクセルONで 『楽勝っすよ!』 張りに 応えてくれました!

・・・ 至福の瞬間でした。。。


スイングア−ム の貢献度の立証の瞬間でした。。。


この900Rは 巷の モンスタ−忍者 のような

フレ−ム・モディファイ は一切行っておりません!

しかし エンジンハンガ−・ボルト類には 拘りをイッパイ詰め込みました!

ハイパ−・レスポンス! 官能レスポンス! ハイ・バランス! 

に十分仕上がっています。。。


その後オ−ナ−曰く ・・・ 『忍者乗りに 是非味わって頂きたい』

と コメントされました。。。


ACY は 空冷 や ツインサス ばかりだと思われがちですが・・・

んな事無いですからっ!

道理にかなった正攻法で 真っ向勝負で挑みます!

2輪車の基本を熟知している 覚悟が御座います!



GPZ900R にお乗りの 方々!

GPZ900R らしい チュ−ニング をさせて下さい!

悟った 技術を 惜しみなく 完全還元 させていただきます!


☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
AC YOSHINO SMR
Japanese standard 侍
魂を震わす楽しいサスペンションに仕上げます
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

AC-YOSHINO-SMR  JAPANESE・STANDARD・侍

●ご連絡先●
電話:04-7174-0336
FAX:04-7174-0332
メールでのお問い合わせ
t-yoshino@acy-samurai.co.jp

●営業時間●
10時から18時まで
営業時間外及び定休日の御電話の対応は出来ません
弊社留守番電話へ伝言をお預け下さい

●定休日●
毎週水曜日

●お願い 
メ−ルお問い合わせへのご返信は必ずさせて頂きます
ご返信にお時間が掛かる場合も御座います 
お急ぎの方は御電話を御利用頂ければ幸いで御座います

●お願い◆
大変申し訳御座いません 弊社は本当に小さなSHOPで御座います
作業全般に関しましても作業者が限られています
チュ−ング関連に関しましては大変恐縮で申し訳御座いませんが
完全予約制をとらせて頂きまして1台づつ真剣に心を込めて

御予約さえ頂けましたなら

御客様の望まれますよう納得の作業をさせて頂きます
どうか御理解・御了承下さいますようお願い申し上げます


Posted at 2010年09月11日 21時04分21秒  /  コメント( 1 )