★☆★ ACY§ACヨシノ ゼファ−最上位獲得!5月19日20日ツクバサ−キットテイスト・オブ・ツクバ #16松本選手モンEVOクラス 当店は原付修理/新車・中古車の販売を行う業務とZEPHYR1100に特化したエンジンチュ−ン&車体セットアップを得意としています ■◇■ KAWASAKI・ZEPHYR1100用JBパワ−製の80mmピストンキットにて1258ccへのボアアップを専門的に承っております ■◇■ エンジンオイルはYACCO/WAKO`S/といった油膜の非常に強いものノミを仕入れ使用取扱いにて皆様のエンジンを守ります ■◇■ 近郊にお住いの方々の原付スクーターのパンク修理からオイル交換・バッテリー交換・タイヤ交換各種は常時在庫を備えてます ★☆SP競侫襯僖錙櫂ット装着〜セッティングOK ★FCR販売〜メンテナンス〜セッティングOK ★FCCクラッチKit販売〜取付けOK ■ お休み:毎週火曜日午後/毎週水曜日/祝祭日 他は超集中作業日 出張日 配達/引取り時 レ−ス開催日 サ−キット走行日 ■ お問い合わせ・ご依頼・パ−ツご注文等は注文フォ-ムをご利用ください 作業に集中している場合がおおくありますので御願いします ■ 店舗対応時間:10:30〜17:00まで 以外は誠に恐縮となりますがエンジン集中作業・出張等・他昼間できない事を行っております
メインメニュー
2010-05-18

美酒

勝利の美酒



そこに携わった者のみが味わえる



やるべき事をただやる・・・

結果が生まれる



・・・ただやる・・・

これが非常に難しいのですよね


レ−スは人生そのものと思います

悔いなく事を全力でこなし

最良の結果を得る


人生・・・と同じです

永遠のテ−マです

Posted at 2010年05月18日 18時25分23秒  /  コメント( 1 )

DE耐 当日 表編

青玉虫からの当日の御報告です

さぁー、ACYに4時。

DE耐の1日が、始まりだぁ。

天気はラッキーな事に晴れそう、びっくりするのは常磐道を走ってるともう日が昇るのね。

6時にはモテギに。

荷物を下ろして設営開始。





そして給油の為の車両保管。

全車3Lの義務給油です。



その間に作戦会議。



私、監督のニワトリ程度の脳から搾り出した



ライダー交代、役割分担をみてもらい、最終チェック。



そしてブリ−フィングを本コ−ス上で行い

当日の流れ 注意点を説明受けました



練習走行は吉野社長、MAXさんでタイヤの皮むき、



本番エンジンの様子を確かめて貰います。



ちょっと気になるのは、今回45パドックという場所、

最終ビクトリーコーナー寄りの.1番端っこなんです。

あの恐怖の切り返しのあとすぐにサインボードを見る余裕があるのか?

走行が近付くにつれ、いろんな事が不安に感じてきます。

その前に・・・壊れてしまってからでは・・・パシャ。。。





・・・皆さん緊張。。。



そうこうするうち練習走行が始まりコースイン!

ピットの上に上がり見ているとストレート案外速い。

さすが、吉野社長の入魂のエンジン。

そしてMAXさんへチェンジ





試走した感想を伝えてもらうと、



前の公開練習のマシンイメージは忘れてたほうがいい。

つまりパワフルになっちゃって別物ってことらしい。

いよいよスタートの10時も近づいて83番グリッドに列びます。



まだ余裕のあるうちにAPE☆芋☆様にパシャパシャ記念写真を。

第1ライダーはMAXさん、ルマン式スタートも経験済み!頼もしい限りです。

1グループスタート。

いよいよ僕ら2グループ。

日章旗が振られマシンに駆け寄りナイススタート。

5周の予定で給油、交代の予定です。

すると八十様がお子様と一緒に応援に来て下さいました、差し入れまで頂いて本当に有り難うございます。

MAXさんの走りをモニターで順位・タイムを見ていると20位、2分51秒とか出てる、

気合い入ってるなぁMAXさん。

あっと言うまに周回し1回目の給油です。




給油部隊担当してくれたのはホンダ魂な2人、ロスマンズさんと侍Gさん。

給油5点セットを持ち給油を終了、有り難うございます。

ピットに戻ったMAXさんによると、エンジンが廻り過ぎる、

壊れる、ファイナルをロングにしょう!



即座に作業です。・・・がFスプロケ16丁が見当たらない。

しまったぁー。ファイナルの事を見逃していたぁ。

痛恨のミス!しかたないRスプロケットを交換しかない。



予定外の作業タイヤを外しスプロケット交換と、

予定の作業シフトペダルを正→逆にチェンジ。



二手に別れ同時進行です。

完了して第2ライダー砂Pーさんを送り出したときには順位は120位

・・・最下位。。。

正に天国から地獄!くぅー!





でも砂Pーさんも気合いの走り、

周回ごとに自己ベストを更新3分〇秒に入れてきます。

順位100位まで上げてる。

こそ練(5月3日の公開練習も走り込みしてます)の成果が。

有り難いことに砂Pーさんの応援にお友達が奥様と

モテギまで駆け付けてくれました、有り難うございます。



52分を走り終え2回目の給油です、





ロスマンズさん侍Gさん有り難うございます。

そしてピットイン。



第3ライダースエさんに交代です。





スエさんぐんぐんタイムを上げて2分51秒がでてます。

しかもコンスタントに安定したハイラップ、

順位も90位着実に上がってます。

応援にお兄様もお友達を連れて来て下さり有り難うございます。

52分を走り3回目の給油です、ホンダ魂な2人様有り難うごさいます。

そしてピットイン。第4ライダー吉野社長に交代。







だいぶ気温もあがりライダーの体力消耗が激しい時間帯です、頑張って下さい吉野社長!

オイルも頑張れモチュール!

13時30分。やっと折り返しの中間点。

順位70位、2分55秒までタイムを縮める気合いの走りで50分を周回中・・・

なんと!コントロ−ルタワ−通過直後ガス欠症状発生

スロ−走行に切り替え予定外のピットインを告げるべく給油には向かわず

もう一周を覚悟しピットにライダ−側からサインを出す

慌てて給油の段取りに!!

何とか誤魔化しながら給油ピットイン!



4回目の給油へロスマンズさん侍Gさんお願いします。



この給油タイミングで次のライダ−に報告をします

と!ここでフルコ−ス・コ−ション!ペ−スカ−導入!

ラッキ−です!給油中にペ−スカ−が入ったので大きく順位も変わらず復帰できます。



そしてピットイン。



ここでシフトペダル正→逆チェンジに。





第5ライダーダーウチ(ウッチー)に交代。

ところがアレレ?まだ来ない・・・もしや?

心配するユリちゃん様。と「来たぁー!」とりあえずホッとしました。

マシンも大丈夫みたいだし何かな?と見守っているとグングンタイムが上がって

3分フラット、気合いの走り。



14時40分 順位60位 持ち時間52分を走り5回目の給油へ。





そしてピットイン、第6ライダー監督(青玉虫)に交代です。


ウッチー情報によると速いけど回転落とすと立ち上がりが遅いから注意!

了解!コースイン。

吉野社長入魂のエンジン速いたしかに。

だからかスビードがあがった分コーナーは暴れる、前より恐ーい。

苦手な5コーナー、90度コーナー、ビクトリーの切り返し、

みんなのアドバイスを思い浮かべながら走って自己ベストの2分58秒!

やったぁー!

サインボードにPPP。

6回目の給油、待っててくれたのはロスマンズさん、侍Gさん。



転ばず戻って来れて2人を確認出来た時はホッとしましたぁ。

あとはピットに戻り最終の第7最終ライダーMAXさんに交代。

MAXさんと吉野社長が密談状態をしていたという情報が・・・



MAXさんは最後にアタックさせて欲しいと吉野社長に直訴

45秒をどうしても狙いたい・・・ということでした

吉野社長とMAXさんは旧知の仲・・・手の内はお見通しの間柄

男の意地がこんな場面で炸裂です。。。

吉野社長は交代後の3周でアタックし出なかったら

55秒に落として行けと指示を出します

エンジンもくたびれて来たようでMAXさんは早々に無理と判断

2分55秒抑え気味のペースで完走重視。

まさに〇リバリ伝説のヒデヨシ玄人です。

ああ、残り時間もわずか5分、何も起こらないでぇ、祈るしかありません!っと、

言ったそばからMAXさんピットイン!えぇぇっ!何が!どうしたの?

ガス欠症状が出た為不安だから1周パスしてチェッカー受けに行く決断。

これはMAXさんと吉野社長の綿密な打合せの下敢行した作戦でした!

との事、冷静です。

最後みんなで送り出しチェッカーフラッグ!ゴール。



17時無事完走。安堵感、達成感、連帯感、満足感





いろいろ混ざって心地いい。

堪んないっす。



皆さんお疲れ様でした そして応援いただきましたACYのお客様方々

本当に有り難うございます。



何もかにも感謝です。





さぁー撤収して打ち上げ行っちゃいますかぁ?



もう、最高の1日でした。



RT・AC・YOSHINO・侍

予選83番 第2グル−プグリッドスタ−ト

決勝正式順位 18位 

By RT・AC・YOSHINO・侍監督 青玉虫


御協賛

ラボ・カロッツェリア様(OHLINS)

ス−パ−ラッシュ様(MOTUL)

テクノイル・ジャポンKK様(MOTUL)

MORIWAKI・ENG様

本当に有難う御座いました

Posted at 2010年05月18日 16時13分06秒  /  コメント( 2 )

DE耐に向けての回想...



DE耐に向けての回想録 DE耐ウイ−ク突入!

レース2日前、5月14日金曜DE耐公式受付、公式車検。

うーむ、なぜ平日!でも、これを済ませないかぎり出場できません。

夜勤明けの私監督、そして何とか仕事を調整してくれたMAXさん。

2人でマシーンとライダー全員のヘルメットをつんでモテギに向かいます。

レースとなると、レース用の車検があるんですね。

速く走る為に改造します、エンジンまわります、パワーが出ます、

振動がふえます、ボルト・ネジがゆるみます、

外れたら部品が落ちます・オイルを撒き散らします、転倒します、

自分だけなら未だしも後続者も巻き添えに。

危険っす。

だからワイヤリングをしたりして防ぐんですが、

ちゃんとしてあるかこの車検で点検を受けるです。

ヘルメットも点検を受けるんですね。バイクは身体むきだし。

転倒すればダメージは直接からだです。

だから革ツナギ、脊髄パット、グローブ、ブーツみんな点検を受けるんです。

身体を守ってくれる物がこれだけですから、傷、穴、劣化などを見るんです。

昼過ぎ、モテギに到着。

そこでは、前日公開練習もやっていて、他のチームは走っていました。

僕らは、受付を済ませ、車検。

ドキドキでしたが、毎週のように集まり整備したおかげで1発クリアー。

ヘルメットもオーケー。

これで正式に出場出来る事になりました。


もう一つ、重要な任務が。エンジンの慣らしです。

8千回転ぐらいで押さえ軽く1時間ほど走り、帰ることにしました。

乗った感じから、「速そうだな、レースが楽しみ!」話しながら。


しかし・・・ある事をすっかり、見逃していたぼくら。

レース前日、5月15日土曜、もうー、泣いても笑っても今日だけです。

メンバー、ピットクルー集まれだけ集まって貰い、

明日使う工具、予備部品、椅子、テーブルなどなどリストアップ。

クルマの割り振り、集合時間。

すべてを決めて、前夜祭をやりたいところをこらえ早めに、解散。

うれしい事に朝から同行してヘルパーを名乗り出てくれた

侍Gさん、ユリちゃんさん本当に有り難うございます。

早く寝床に入っても目を閉じるとダウンヒルから90度コーナーの景色が

・・・うー寝付けない。

うとうとしたと思ったら、もう、スエさんが迎えに来てくれる時間。

By 青玉虫

Posted at 2010年05月18日 14時36分14秒  /  コメント( 0 )

Nomad 様からの御質問...

Nomad 様からの御質問へのお答え

『 たびたびすみません。

ゼファー1100モリワキワンピースマフラーが非常に気になってます。

しかしセンタースタンド不可、、、

リターンはしたもののバイクには月一回乗れるかどうか、、、

キャブの中のガソリンは気になるし、サスペンションやタイヤへの影響は、、、?

どのような所に注意すればよろしいでしょうか?』


★吉野的のお答えです


月一回乗れるか乗れないか・・・というのは所有する事とは

あまり関連付けない方がストレスにならないので良いかと考えます

お仕事や御家族の事等が多く絡み合うのは当然と察します

それよりも夢のマシンを手に入れた事にドキドキ・ワクワク

しながら起こるであろう未来を想像されながら過ごすと

人生にも活力が沸くと吉野は思っております

乗る事もとても大切なのですが

なによりマシンに触れることが大切だと感じます

跨ったり・レバ−を操作したり・ペダルを操作したり・・・

マシンに気持ちを近づけることが良いですよね?


その先にオ−トバイ=機械 という図式に入っていけば良いと思います


キャブの中のガソリンはやはり使っていなければ腐りますし

フュ−エルタンク内のガソリンも腐ります

しかし・・・腐るからといってタンク内にガソリンを入れておかなければ

内壁が錆びてしまう恐れもありますね


エンジンを掛けていなければ

シリンダ−内壁 バルブ ピストンリング・・・等などが

錆びてしまう事もあります

様々な心配事が次から次えと浮かびますよね


タイヤも地面に一定の位置に固定されていれば

その部分だけが凹む事態が起きますし

保管状態の差で使っていないのに紫外線の影響で

表面がひび割れを起こしてしまいます


では・・・どうすれば??

先ずはオ−トバイのエンジンはモ−タ−サイクルという名の如く

モ−タ−です

モ−タ−はある程度回った物の方が調子は良いです

ですのでエンジンは掛けた方が良いと思います

掛けただけですとエンジン自体が発熱を起こしますので

これまた名の如く『風・空気』を当てた方が良いです

走行しないでも掛けていれば大丈夫という方もいらっしゃいますが

吉野はエンジンを掛けて少し・・・ほんの少し走って頂いた方が

マシンの為にも良いと思います

エンジンを始動するスタ−タ−モ−タ−はオ−トバイ部品の中で

一番電力を消費いたしますので

使った分の電力をオ−トバイ自体の発電にて補ってあげる必要があります

ですので・・・夜お仕事終えた後にでも町内一周15分位

走行して頂くとバッテリ−への負担も軽減できます

逆を言いますと15分は走っていただかないとバッテリ−が消耗します

なら・・・空ぶかしで良いじゃないか??となりますが

やはり・・・オ−トバイは乗るための物ですし

走行風を当てないと熱歪みを起こし最悪は焼きつきを起こします

少し・・・ほんの少し乗っていただければマシンとの距離も

グッと近づいて可愛く思う気持ちも増していくと思います

走ればキャブレ−タ−も機能し始めますので

ガソリンの様々な通路も液体が通ることで馴染みます

走ればサスペンションも機能し始めますから

ブッシュやシ−ル類もコナレテ行きます

走れば電装品も全て機能し始めますので

通電癖がつき硬化しにくくなります

走ればブレ−キも『熱エネルギ−を制動エネルギ−に変換する』という

最大の目的を達成いたしますのでイザ本気で走るよって時にも

最良のパフォ−マンスが出せる用意をし始めます

走ればタイヤも全体に熱が発生しますから良い状態になります


シリンダ−内壁の錆びに対してはMOTULのような

エステル系のものを使用すれば一定期間は内壁にへばり付いてくれますから

イキナリ回して油膜切れでピストンが壊れる・・・ということも防げますし

トランスミッション・クランクシャフト・クラッチ等も

錆から守ってくれると思います


保管場所や状況でマシンの個体差が生まれるのは当然です

屋内保管と野外保管でも

空気の温度差や湿気の差がありますから未来の状態の差は生まれます

屋外でもボディ−カバ−とマシンの間に大き目の毛布をかぶすだけでも

変わりますし

人工芝やじゅうたん敷くのも有効で御座います

タイヤをいたわる目的で前後スタンドで上げて置くのも有効な手段です


皆様個々に事情を抱えているのは事実で御座います

でも・・・・オ−トバイは高価です

折角選んだ趣味ですからトコトン楽しまないと・・・損得で言えば損になります


やはり『常に触れる』『少しでも良いから走らせる』・・・

これに尽きます

触り・走れば・・・愛着は一層増すことは確かです


先ずは所有した喜びを沢山感じてください

沢山感じた先は触ってください

触れば・・・乗りたくなるのが性です

乗りたくなったら・・・15分位一回りしてください

折角手に入れたマシンの為にお時間を作っていただき

乗ってあげてください

夜がダメなら朝 朝がダメなら昼 昼がダメなら夜・・・

いずれかを少々お時間取れる工夫を愛車の為に

チョットだけ譲って頂けたらと思います


Nomad 様 今回は本当に失礼な言い回しの数々で申し訳御座いません

お会いしたことも御座いませんし 人生を語れるほどの男でもないのに

失礼の数々本当に申し訳御座いません

吉野も不動車というものを多く見てまいりました

それらは・・・とても可哀相な状態です・・・

復活させるのも労力と金銭は大変なものとなってしまいますし

不動車だったものは すぐには本調子になりません

本調子に戻るまでに・・・走り出している最中

マイナ−トラブルが出るという事が多いです


オ−トバイは機械の塊ですので

動いていないと駄目な鉄の馬です


同じZEPHYR乗りとして一緒に楽しく過ごす為に応援させて頂きたく

書かせて頂きました

お許し下さい


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

AC-YOSHINO-SMR  JAPANESE・STANDARD・侍


65・Imayakamicyou・Kashiwa・Chiba・Japan
t-yoshino@acy-samurai.co.jp
tel:04-7174-0336

代表取締役社長   吉野富三郎

JAPANESE・STANDARD・侍・AC・YOSHINO(ACY)のホ-ムペ-ジは

http://www.acy-samurai.co.jp/ ←こちらを クリックすると移動します

Posted at 2010年05月18日 13時49分07秒  /  コメント( 1 )

リヤ・サスペンション...

リヤ・サスペンションのメンテナンス

の御紹介です



チョット忘れがちな箇所・・・

OHLINSショックユニットの上部取付け部の

ラバ−ブッシュが砕けています

本来は ↓



この様になっております

単体の画像は ↓



この様になっております



ココはショックユニットが受ける荷重をフレ−ムへ逃がす部位です

ココが裂けたり破損していれば

ガタは産まれますし 衝撃を吸収しきれなくなりますので

走行中に異常な挙動が発生して

マシンが振れだす事が予測できますよね??

取り付けボルト&ワッシャ−に隠れてしまいますから

通常は見えないんですよね・・・なので!

数年使用されているショックユニットなら

確認!!してみて下さい!!

これだけ破損していたら・・・走行中に外れてしまう自体がおきます!

部品代は → ¥630-(税込)/1個

ですし 交換技術料は今回のようなラバ−タイプなら

2個で ¥3,150- です

安価で安全が買えるわけですから・・・定期的に交換される事を推奨いたします

些細なことでバランスを崩し・・・大事故にもなりかねませんからね

御気軽に点検をお申し出頂ければ幸いです

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
★フロントフォ−クオイル&ブレ−キフル−ド交換・バリュ−パック

フォークオイル&ブレ−キフル−ド交換&技術料全て込みの
お得なバリュ−パック価格です
意外と忘れがちなメンテナンスメニュ−ですが
とっても重要なですので御利用下さい

フォ−クオイルはMOTUL/OHLINSを選択頂き使用
ブレ−キフル−ドはelf/MOTULを選択頂き使用

フリ−ピストン型(ZEP1100等)の場合・・・¥15750-(税込)
カ−トリッジ型の場合(CBR1000RR等)・・・¥21000-(税込)

作業には時間を要しますので御予約をお願い致します
OHLINS・フロントフォ−ク装着車両は弊社に直接お電話でお問い合わせ下さい
http://cplus.if-n.biz/5002051/article/0168064.html  ←こちらをクリックすると
ACY バリュ−パックの記事に移動できます

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
SUSPENSION SYSTEM
setting & repair

AC YOSHINO SMR samurai
Japanese standard 侍
04-7174-0336

Posted at 2010年05月18日 12時09分03秒  /  コメント( 1 )