地域密着を重んじています!原付スクーターのパンク修理からオイル交換・バッテリー交換・タイヤ交換等各種は常時在庫を備えてます 量販店様やカスタムショプ様とも一味違う生粋の修理屋として皆様のオ―トバイの整備・修理・復元を行う事を本業/業務としております 皆様の所有されてるオ―トバイが壊れている・調子が悪くて困っている・乗っていて怖く感じて危険な状態の時にお力添えさせて頂きます ★☆車検・点検・新車販売・中古車販売・厳選カスタムパ−ツ販売 というように一般的な業務とDEEPな業務を並行して運営しています ★☆SP競侫襯僖錙櫂ット装着〜セッティングOK ★FCR販売〜メンテナンス〜セッティングOK ★FCCクラッチKit販売〜取付けOK   ■ 依頼開始:10:30〜 ■ JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩2分 ■ スポ−ツバイク作業承りは日程の御予約を御願いしております ■ お休み:火・水曜日以外も暫し不定休 他急用時等も店舗対応をお休みさせて頂きます(恐縮ですが告知無い場合もあります) 
メインメニュー
2010-03-25 の記事

第37回 東京モ−タ−...

AC YOSHINO SMR samurai
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

第37回 東京モ−タ−サイクルショ−

3/26〜3/28 東京ビッグサイト 西1・2ホ−ル


AC・ヨシノは今年も車両出品致します

今回の車両は

『MORIWAKI MR497 公道仕様』

HONDA CB400SF カムギヤ−トレイン仕様


今発売の『カスタムピ−プル誌』

テクニカル・エキスパ−ト・マシン・インプレッション

に掲載されているマシンを

『カスタムギャラリ−・コ−ナ−』へ展示出品させて頂きます




今回は中型車両を選出いたしますが

これには理由が御座います

若い方たちはイキナリ大型車を手に入れて振り回すなどは

やはり無理ですよね?まして・・・アルバイトで買ったとしても

その大きさに慣れる前に挫折してしまうかもしれない

国内メ−カ−は中型のラインナップを削減してきています

魅了的なマシンを新車で購入できません

悲しい実情に思います

若い方たちがオ−トバイ離れをしているのは

国内メ−カ−並びにオ−トバイ屋さん自体に大きな問題があると思います

身近にドキドキする様な現実味があるマシンが無い・・・

手の届かない大型マシンばかりを取り上げている現実・・・

ならば ! 中型車両でもやりようによっては

こんなにカッコよく! 速くなっちゃうんです!

という提案をしたかったんですよ。。。

そうです! オートバイにもっと興味を持って欲しい一心です



実際・・・吉野位の世代の方々はCB400F Z400FX RZ250/350

GSX400E CBX/CBR400F RG250γ と来て

次世代のNSR250R VFR400R CBR400RR ZXR400R

FZR400RR GSXR400R 等など・・・

その次はゼファ−400 CB400SF インパルス XJR400

といったカウルは無いが高性能なマシンでのレ−スが盛んになっていきました


こういったレ−スで活躍していたマシンを乗り継いで

大人になってから大型車へスイッチしました

雑誌のテスタ−や試乗インプレをしていらっしゃる方々も

『イキナリ大型免許を取って次の日にBIGバイクを買うのはどうかと・・・』

『もっと修行をしてもいいんじゃないのか』

と今日のオ−トバイを取り巻く世界に疑問を持ってらっしゃいます

当時なんてったって750cc以上のマシンは逆輸入車でしたから

ハンパ無い高額だったわけです・・・おいそれと買えませんでしたよ

ものの大切さや夢を持たせるという環境がちゃんとあった時代でした

国内メ−カ−もちゃんと考えていましたよ・・・あの頃は。。。

何時の日か国内メ−カ−は海外市場に潤いを発見し

海外ばかりに目を向けるようになって行き・・・

気が付いた頃には日本国内市場は冷え切ってしまった。。。

流行るとなればメ−カ−は文化を飛び越え世論の注目ばかり欲しがっていきました


真のオ−トバイ馬鹿達をナメるのもいい加減にして欲しいですよね?

ガタガタ能書きをスペックとして詩って貰っても

魂は絶対に震えませんよ

だから・・・70・80年代のマシン達が今も生き残り

大人たちが元気に走らせていますよね?

海外メ−カ−の右へ習えでは無く

バシッと日本独自のオ−トバイを造ってもらいたいと願うし

大人たちが新車を欲しがるマシンをドンドン開発・販売して欲しいと

考えている今日この頃です。。。

400ccに新たな未来を期待して今回の出品を決意いたしました

400ccは侮れませんよ!実際!

このCB400SFも走り出すと・・・凄いんですから!!

よそ様は・・・Bigマシンをそろえてくるはずでしょうが

AC・YOSHINOが中型車を出品する真の想いを

このブログを見て頂いてる方々に伝わるだけで我々は幸せです

最近・・・他のSHOP様に言われました

その方は大型車のカスタムSHOP様です・・・

『ヨシノさんは中型ばかり力を入れてますよね??』

・・・それが何か??

言いたい人には言わせておけばいいんですよね?

本当の我々の気持ちが自然に分かって貰えるまで

沈黙です・・・沈黙。。。

例えば・・・例えばですよ・・・

だらしなく振舞って静に牙を磨くのも・・・一つの手段だったりします

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
all MOTORCYCLE
sale&repair

all ZEPHYR
sale & repair & service & tuning

ENGINE
complete equipment
service & tuning

FCR
setting & repair

SUSPENSION SYSTEM
setting & repair

MORIWAKI brand
AII sale&repair

AC YOSHINO SMR samurai
Japanese standard 侍
04-7174-0336


Posted at 2010年03月25日 14時03分00秒  /  コメント( 1 )

FCRジェットニードル

FCRジェットニードル

数百通りのジェットニードル・マジック




様々なエキゾーストマフラーに対して

FCRのセッティングは微妙に変化がある事をご存知ですよね?

このZEP1100吉野号は

テスト的な要素もありますが殆ど直管な為

皆様のジェットニードルとは『切り上がり』と『クリップ段数』が

相当違うものとなっております

吉野号はハイカムも装着されておりますので

『切り上がり』を変更してありますしストレート径も通常のものとは違います

ハイカムのみでMORIWAKI80mmピストン装着のマシンに

どの位肉迫できるかを試しています

しかし・・・ボアアップはチューニングの王道ですからね!

一筋縄ではなかなか行かないのは知っています・・・が・・・・

諦めたら終わりですから・・・必ず答えを出してみます!
   

4−2−1 4−1 抜け具合 テールパイプ長 フロントパイプ角度

フロントパイプ径 集合部の構造 集合部の仕上げ度合い 

サイレンサーパンチング構造(これがかなり曲者)

サイレンサー開口構造(これもかなり曲者)

など等でジェットニードルは変わります

大まかな基本設定はやはり重要です

それを信用することも凄く大切です

そこから何処をどう?変更することで

どういった効果や変化が生まれるのかを頭の中で描ければ

セッティングはほぼ完了です

後は BOSH燃調計を使用し微調整を施し実走し判断して行きます

燃焼室内で最大燃焼圧力が最良のクランク角度で発生するように

キャブレーターも設定して行きます

キャブレーターセッティングといっても

キャブレーターだけにとらわれる事なくトータルの機能を考え作業する事が

FCRには特に必要となってきます

FCRセッッティングが外れると・・・簡単にブロー・・・破滅しますよ!

FCRセッティングは熟練の専門職の方にお任せが得策です

それも・・・

ストリートなら間違ってもレース屋さんにお願いしないことです

スロー系統から振り絞りの全開固定域までしっかり

ストリートで必要な事柄を熟知している方にお願いすることが

近道ですから!!


Posted at 2010年03月25日 00時07分06秒  /  コメント( 6 )