地域密着を重んじています!原付スクーターのパンク修理からオイル交換・バッテリー交換・タイヤ交換等各種は常時在庫を備えてます 量販店様やカスタムショプ様とも一味違う生粋の修理屋として皆様のオ―トバイの整備・修理・復元を行う事を本業/業務としております 皆様の所有されてるオ―トバイが壊れている・調子が悪くて困っている・乗っていて怖く感じて危険な状態の時にお力添えさせて頂きます ★☆車検・点検・新車販売・中古車販売・厳選カスタムパ−ツ販売 というように一般的な業務とDEEPな業務を並行して運営しています ★☆SP競侫襯僖錙櫂ット装着〜セッティングOK ★FCR販売〜メンテナンス〜セッティングOK ★FCCクラッチKit販売〜取付けOK   ■ 依頼開始:10:30〜 ■ JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩2分 ■ スポ−ツバイク作業承りは日程の御予約を御願いしております ■ お休み:火・水曜日以外も暫し不定休 他急用時等も店舗対応をお休みさせて頂きます(恐縮ですが告知無い場合もあります) 
メインメニュー
2010-03-24 の記事

ゼファー1100が吉...

MORIWAKI・MONSTAR・ZEPHYR1100

が吉野富三郎に教えてくれたもの




今まで広告を何回かいれさせていただきましたが

この広告が一番大好きなんです

なぜかというと

能書きではなく・・・この画像がたまらなく好きなのです

実はこのMORIWAKI・MONSTARの画像は

走り終えたままの姿だからです

この『やれ具合』・・・たまらないんです・・・吉野は

磨き上げられたマシンよりも

傷だらけで・・・やっと立っていられるようなこの姿が

可愛く思えてしかたがないんです。。。


このマシンを授かったあの瞬間が無ければ・・・人生も違うものだったと・・・

皆さんにもありますよね??

『ターニング・ポイント』となる瞬間が。。。


このマシンで本当のレースというものの厳しさも教わりました

このマシンのおかげで仲間の絆も深まりました

このマシンのおかげで知り合いも増えました

このマシンのおかげでKAWASAKI関係の方々に優しさを沢山頂きました

それは・・・

ある日・・・モテギサーキットでのモテ耐の公開練習に我々は居ました

前年までズッとHONDAでレースをして来たため

自然とPITはHONDA系の場所に入っていました

しかし・・・このマシンは・・・誰が見てもMORIWAKI&KAWASAKI

いつものようなHONDA系列のPITには行かず

PITレーンの始まりの方(最終コーナー側)のKAWASAKI系列に向かいました

淡々と作業をこなし走行に備えていると

『がんばってください』

『空冷応援してるぞ』

『困ったことが有ったら何でも言ってくれ』

・・・もうビックリでした!

初めて顔を合わせた方々ですし声を掛けて頂いたのは

KAWASAKI系列の大御所の方々ばかり!

HONDA時代には全く無い感動でした

なんてフレンドリーなんだろうKAWASAKIは!!

が本音でした。。。

とにかく空冷・KAWASAKIがモテ耐に来たという事実が

皆様嬉しいと口々に仰られていましたし

MORIWAKIのマシンがKAWASAKIに帰ってきた事実が

たまらないと言われていました。。。。


逆に・・・前年まで仲間意識が強かったHONDA陣営からは・・・

なんと バッシングを受けるという事実が勃発

寂しくなりましたね・・・これ程までに変わるものかと。。。

車検を受ける時にHONDAサテライトチームと一緒になってしまったのですが

コテンパンにやられました・・・

こうなることは・・・MORIWAKIさんの奥様に前振りを頂いておりましたし

バッシングにはいちいち腹を立てずに堪えてくれとも言われていたので

苦しかったですね。。。今でこそ言っちゃいますが。。。


KAWASAKIの方々は他メイカーの方々に

胸を借りるというか・・・謙虚というか・・・

挑戦者の心意気なのに

何故か?HONDAの方々は・・・上から目線なんですよね

HONDAが一番 KAWASAKIと一緒にするな!てきな

寂しさを味わう事となったわけです

去年まではなんだったのか?みたいな。。。


確かにレースですからしかたが無いですよね


このマシンにはこういった事が幾つも詰まっています


このマシンでレースするのに鈴鹿から取って来たわけですが・・・

朝鈴鹿に向かい 鈴鹿をその日の夜に出て 次の朝には寝ないで筑波サーキット入り

そのままレースに挑んだのです!

そう! ぶっつけ本番! 練習は一回もなし!

セッティング?する暇有りません! サスも キャブも 何もかも

予選がセッティング出し!

今思えば・・・狂ってますね。。。

でもそれが当たり前のような事と思いえる時期・・・そう燃えていた時期でした・・・

最高の時期だったかも知れませんね

そして・・・なんと・・・

セルモーター無しときましたから!

モリワキさん曰く・・・『当然!セル?いるわけないでしょっ!』

しかし・・・モンスターEVOクラスで押し掛けしているのは

TEAM・AC・YOSHINOのマシンだけでした・・・

潔さにも程がある・・・ですね。。。


そのときのライダー『大久保さん』が相当がんばってくれましたからね・・・

国際ライダー相手に国内ライダーただ一人奮闘してくれました

勿論・・・MORIWAKIカラーのまんまですから・・・

ライダーも私も・・・相当なプレッシャーですよ

その予選が終わったら・・・サス キャブ 何もかもパドックでバラバラですよ

鈴鹿でバッチリと言われても・・・中々そのままは走らないんですよね。。。

サスは前後共にフル分解・・・そんな事してるから黒山の人・・・人・・・人・・・


本当にこのマシンがレースの『レ』の字から

とことん教え直して行ってくれたわけです


本当の『熱ダレ』って皆様には想像できないと思うのですが

本物の『熱ダレ』を教えてくれたのも・・・このマシンでした


本当にタマンナイっすよ! 

MORIWAKI・モンスター・ゼファー1100って!


Posted at 2010年03月24日 22時21分49秒  /  コメント( 1 )