地域密着を重んじています!原付スクーターのパンク修理からオイル交換・バッテリー交換・タイヤ交換等各種は常時在庫を備えてます ★☆SP競侫襯僖錙櫂ット装着〜セッティングOK ★FCR販売〜メンテナンス〜セッティングOK ★FCCクラッチKit販売〜取付けOK ★☆★ ACY車検¥45,100〜 承りさせて頂きます ★☆ エンジン・チュ−ニング承ります ★☆ サスペンション・チュ−ニング承ります ★車検・点検・新車販売・中古車販売・厳選カスタムパ−ツ販売 というように一般的な業務とチュ−ニング業務を並行して運営しています ■ 日常の業務は街の皆様の原付バイクの修理を中心としながら スポ−ツバイクのハイレベルチュ−ニングを行う純粋のバイクSHOP  ■ お休み:毎週火曜日午後/毎週水曜日/祝祭日 他は超集中作業日 出張日 配達/引取り時 レ−ス開催日 サ−キット走行日   ■ 火曜日午後は主に登録/車検関連の仕事の為店舗はお休みとなります 水曜日はBDSオ−クションへの参加がほぼ毎週となります ■ 依頼開始:10:30〜 ■ JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩2分 ■ スポ−ツバイク作業承りは日程の御予約を御願いしております
メインメニュー
2010-03-18 の記事

チュ−ナ−と内燃機屋さ...

AC YOSHINO SMR
Japanese standard 侍

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

チュ−ナ−と内燃機屋さん・・・そしてOIL



エンジンをチュ−ニングする作業者と

その加工を請け負う内燃機加工を請け負う方

双方の理念が合致し同じ目的に向かっていれば

最高のエンジンが完成します

ここで『エンジン・オイル』と呼ばれている潤滑油も

大きな役割を果たしてきます

その使われるOILに全てを最後は託すわけですが・・・


正直 この世に万能の潤滑性能を持つOILは存在しないと考えています


乗り手の方が『このOILはイイよ!』という感覚と

エンジンを組み上げる側の『このOILはイイよ!』は

正直違うのだとも認識しております


しかし・・・日本の市場をリサ−チし 何が求められていて

どうすれば『ウケ』がイイのかを知っているメ−カ−も有ります

そして・・・それは『スペシャル』と名の得った物として

デリバリ−されているの事も事実でしょう


裏を返すと・・・『スペシャル』という名の物でないと勝負が出来ない

という事にも為ってきます・・・かね・・・


かなり突っ込んだお話をしますと

国内でも4メ−カ−があり今までに製造された車両達は

星の数ほど御座います

今は2010年・・・30年前のマシン、20年前のマシン・・・

様々な年代のマシン達に一つのシリ−ズのOILが

全てにマッチングするはずは無いと言い切れると思います


通常の道路交通法内で使用すれば

そこに問題など起こらないのも事実でしょう・・・が・・・

このブログを御覧の皆様には

ちょっと違った話にもなってくると思います


ハ−ドに走りこむ・・・となればOILがマッチングしなくなるという

事も想像して頂きたいんです


ではどうするか??というと

30・20年はては現行車でもOILにエンジンをマッチングさせるような工夫が

必要だと行き着くわけです


そこで『チュ−ニング』や『内燃機加工』を施せば

普通に売られているOILでも十分保てるという事になります


そこで・・・スペシャルなOILを作って貰えば安上がりでは?

となりますが・・・

その『スペシャル』なお付き合いが何時まで持続できるか??・・・が

大きな不安となってきます


今 MOTULの日本最上位販売実績の牙城を崩すことに

躍起になっているメ−カ−様方々は

特殊な『ブレンド』でといいます

このブレンドがくせ者で・・・添加剤を変更若しくは調合を変えて

性質から変更してくれる『スペシャル』ならまだしも

『粘度』をあわせるような小手先ブレンドで『スペシャル』と言われても

困るのが事実です


ならばMOTUL300Vを信じきり

内燃機を300Vにあわせるべくチュ−ニングしてしまった方が

得策と判断も出来ます


実際タイヤもOILもそうですが

ロットロットで同一商品でも微妙に進化変更されています

品質の向上を図るわけですよね


たまたまマッチングが悪かった時に

このOILは『ダメだ』ではなく

OILのせいにせず他の不具合箇所を見抜くことが必要なのだとも感じます


確かに弊社が取扱うYACCOやelfはバツグンの性能を誇ります

勿論お客様にも自身が使って見極めましたから

自信を持ってお勧めしています

しかし・・・

長年付き合ったMOTUL・300Vにも素晴らしい部分がいっぱいあります

組み上げた直後のエンジンに今でも何の疑いも無く注入するのは

MOTUL・300Vです


マッチング=フィーリングが良い

と為りますよね? それはお客様個々の感性を大いに刺激している表れだと思います

それに間違いは無いと思います

elf・HTXは本当にミッションの具合が良くなりますし

YACCOも発熱スピ−ドを殺すことが出来ます

フィーリングが良いと速く走れます


しかし・・・エンジンチュ−ニングを弊社で行ったマシン達は

MOTUL・300Vで行きます


それはMORIWAKIの社長様が言うように

お金を出してでも使うべきOILだという事実を

様々な経験私も知っているからです

しかし・・・時として

弊社が走らせてきたレ−サ−の場合に合わないチュ−ニングをしてしまった時は

破滅してしまいます

その時・・・

吉野自身の判断ミス以外の何者でもないと思い

代償を払い一からやり直します

その積み重ねで『MOTUL・300V』の本質を知ったのも事実です


MOTUL・300Vをどう扱えば良いのかを理解していれば

『SPL』などいりませんし

他社様の様に『SPL』というものを一切デリバリ−しない

その中に隠されたMOTULの自信を信じ

組んだ直後のエンジンに300Vを注入するわけです


MOTUL・300Vをフルに活かせる『チュ−ニング方法』や『加工』を

模索し苦しんで得た実績がやはり必要ですよね


ACヨシノは常にこういった事柄を考えてお仕事させて頂いております

油温を安定させるにはどうしたらいいのか?

T/Mをスム−ズに機能させれにはどうすればいいのか?

クラッチを痛めないようにするにはどうしたらいいのか?

色々考えてます


数千とある機種に全てマッチングする魔法のOILは存在しませんし

それで諦めてしまうのも・・・本物ではないなと思います


疑わず 信じて信じて使い込むことで未来があるんじゃないかと

思っていますし

マッチングがイイという事を見極める目も養わなければ為らないんです


弊社が得意とする車種には

ノ−マルエンジンなら何が合う

チュ−ニングエンジンには何で合わせる

このOILを使う前提でエンジンをチュ−ニングする

という事を十分把握して皆様に適切なOILを御紹介させて頂いております


DLC(ダイヤモンド・ライク・コ−ティング)

WPC・モリブデンショット・テフロン処理

・・・様々なコ−ティングや加工は

300Vの性能を120%以上発揮させる為の必需品と考えています

やはり・・・エンジンは金属の集合体です

この金属同士の摩擦が発熱を生むわけですから・・・

摩擦を減らす=フリクション低減

ココに着目しない限り『フルチュ−ニング』の場合どんなOILを使用しても

良い結果は生まれないとも感じています


しかし・・・MOTUL300Vは

オイルパン下部で160℃をふってもエンジンが壊れなかったという

素晴らしいOILという事は真実です

このときは・・・加工・コ−ティング一切なし!でした

こういった事実は中々体験できません

が・・・『徹底的なメンテンナンスはあった』という事を付け加えておきます


今後はMOTUL・レ−シング・Kit・・・300Vの上のOILの

バリエ−ション増加に期待したいですよね

なにせ・・・次世代OILとして開発コ−ド付きOILな訳ですから

近い将来空冷にも使えるMOTUL・レ−シング・Kitが

登場すればいいなと勝手に妄想しております

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
all MOTORCYCLE
sale&repair

all ZEPHYR
sale & repair & service & tuning

ENGINE
complete equipment
service & tuning

FCR
setting & repair

SUSPENSION SYSTEM
setting & repair

MORIWAKI brand
AII sale&repair

AC YOSHINO SMR samurai
Japanese standard 侍
04-7174-0336


Posted at 2010年03月18日 19時32分34秒  /  コメント( 0 )