CB750(RC42)&CBX750(RC17)専用設計FCRキャブレタ−の限定販売〜取り付け〜調整&オ−バ−ホ−ル等をお任せ下さい! その他車種においてもFCR&CRキャブレタ−の販売〜セッティング出しまで行っていますので不調等のご相談も承らせて頂いています ★CB750(RC42)&CBX750(RC17)専用ウオタニSP競侫襯僖錙櫂ット販売〜取付け〜セッティングまで全て承りさせて頂きます ★原付スクーターのオイル交換/バッテリー交換/タイヤ交換等 各種は常時在庫を備えてパンク修理まで御力にならせていただきます ■ 依頼開始:10:30〜 ■ JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩2分 ■ スポ−ツバイク作業承りは日程の御予約を御願いしております ■ お休み:火曜日(午後若しくは終日)&水曜日(終日) H30年12末まで土・日・祭日も御休み有り・事前にフォ−ムからご確認ください
メインメニュー
2012-11

【明日へのの速さを得...


【明日へのの速さを得るためのマシン造り・・・・▲僖-ウエイトレシオ】

エンジンが同じパフォ-マンスの場合は

軽量されたマシン&ライダ−パッケ―ジングが

ものをいいます!

これも明日の為の速さのは重要なファクタ−です

そうですね『パワ-ウエイトレシオ』の追求はモノをいいます

軽くなればなるほど

運動性能は上がります

高速・高荷重状態なら尚更マシンがいう事を聞かなくなって行きますから

小さな入力で変化を生み出せるマシンは

とても楽ですしアドバンテ-ジを構築できます

回転物となるタイヤ&ホイ−ルを軽量化すれば

きっとライディングが上達したと思います

マシンがいう事を聞いてくれるようになった事を

そう感じるのですが

大きな一歩と為るのは間違い無い事実です

いう事を聞く様になったもう一つの理由は

サスペンションの追従時間が短縮された事の証明が速さにつながるからです

重いものと軽いもの・・・その差5Kgとしましょう

地面から双方を真上に持ち上げる場合

絶対的に軽いもの方が速く高く持ち上げられますよね

それがバネ下重量軽減といわれる事です

重いものはタイムロスもありワンテンポもツ−テンポも

ライダ−の意思とは反して遅れ殺がれます

サスは『時間の管理』というのは そういった事にも現れているんです

だから軽量化されたタイヤ&ホイ-ルは全体に大きな影響を与えながら

『速さ』を確実に生み出すのです

ボルトオン部品で確実に速さを生むのは

軽量化されたタイヤ&ホイ-ルなのです

そして高速・高荷重が大きくなれば為るほど

圧倒的な『差』を産み実力を発揮するのが

マルケジ−ニ・ホイ-ルなのです

オ-トバイという乗り物は

加速・減速・バンクなどという地上の重力との戦いが

とても多く関わります

重力に打ち勝つには軽量化されたタイヤ&ホイ-ルがモノをいいます

そして『趣味』という捉えで部品を買っていくのなら

『軽くて丈夫な部品』に目を向けてください

同じお金を『趣味に使う』のならば

パフォ-マンスが確実に上がり長持ちするものを選んでください

グラム単位のものを寄せ集めれば

ちりも積もれば・・・となって結果大きな軽量化が達成できるのですから

ノ-マルより重い見てくれ部品は敬遠すべきと感じます


次回は

【明日への速さを得るためのマシン造り・・・・ファイナル・セッティング】

になります

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ZEPHYR1100 エンジン・オーバーホール

★★ZEPHYR1100・THE・BRUSH・UP・ENGIN★★

http://cplus.if-n.biz/5002051/article/0333756.html ←Go!クリック

★★シ−ズンOFF到来 整備ご予約順次受付中で御座います★★

シ−ズンOFF間近です!マシンリフレッシュは如何?

長く相棒として戦ってくれてきた愛機に対しての御礼を この辺でとお考えの方々! 

エンジンオ−バ−ホ−ル・各部のメンテナンス・大きな改造等をご予定中の方!

現在ACYでは順次作業のご予約を受け付けさせて頂いております

ACYまでメ−ル→t-yoshino@acy-samurai.co.jp 若しくは 御電話→04-7174-0336 を下さい

クレジットも御用意させて頂いておりますので御気軽にお問い合わせ下さい

Posted at 2012年11月16日 11時03分10秒  /  コメント( 0 )

【明日への速さを得る...


【明日への速さを得るためのマシン造り・・・・ 

この

『明日への速さを得るためのマシン造り』 の連載記事は

この章を含め4話で構成されています

少々辛口な部分もありますが

侍ブログは 本質をえぐった内容が良いと判断いたしました

最近弊社にご質問いただきます内容として多いのが

そういった表にあまり出ない本当の事を知りたいという種が多く御座います

レ−スを戦うまでは行かないが趣味であるオ−トバイを真剣に考えたい

これと決めたマシンを大切にし 長く付き合って行きたい

という方々からお寄せいただくご質問を総括し

大まかな内容になりますが記事を書かせていただきます

※もっとZEPHYRシリ-ズの深みを真剣に知りたい もっとCB750(RC42)の深みを知りたい

というお客様は直接御連絡下さい

メ−ルアドレス t-yoshino@acy-samurai.co.jp

電話 04―7174―0336 心より御待ちいたしております


人様それぞれの思いを ACYは受け止めています

誰がどう思うという事は あまり関係なくお読み下さい

今後ACYは こういったハ−ドな路線を中心になって行きます

実際・・・無理なモノは無理という道理をを突き詰めた結果選んだ道になります

オ−トバイに 速さ を求める方々が賛同してくださり

今日の自分より 明日の自分が速くなりたい

そう願うライダ−方々 走りを本当に楽しむ方々 

そういった方々がACYを後押しいただける事を願い書かせていただきます

では興味が御座います方々は お立ち寄り下さい


いつの世も 

エンジンが強く・エンジンが速いマシンが有利に事を進めるんです

コ−ナ−でやっつけたとしても

次に控えるストレ−トであっさりと抜く

『競う』という話の中なら当然の事柄です

コレは事実この上無い事ですし

本当の速さを得るというのはエンジン自体でパワ−を獲得する

そうでなければ為らないのです

それを勘違いして

良からぬ部品でパワ−を『搾り出す』為の装着をして行くのは

エンジン自体にダメ-ジを与え結局遠回りです

エンジン自体にチカラを付ける事が本質です

巷に色々ありますよね?何馬力UPします的な部品。。。

ノ-マルエンジンはメ−カ−が徹底的に開発費用を掛けた

部品の集合体です

そのバランスを崩すことになり兼ねないという事を覚えておいてください

結果耐久性を下げる形になる事も冷静に考えれば解ると思います

ならば エンジン内部をバランスよく偏りなくチュ−ニングすることで

耐久性は上がっていきます

よどみ無く溢れ出るエンジンパワ−・・・そんなマシンはタマリマセンよ!

時にある人は『卑怯』と感じ発言するかもしれません

でも速さを産む根源はエンジンというのは事実なのです

エンジンが速いマシンはストレ-トが速いマシンなのです

排気量が大きいものが速いのです

カムリフト量が多いエンジンが速いのです

それが本質的に有利なのです

これは多くの皆様が痛感している事実ですよね?ちゃんと事実を受け入れてください

そうしないとエンジンが 良からぬ補機類によって壊れるのですから

大きなパワ−アップを望む前に

FCRを装着されるのも

とても有効な手段です

パ−シャル馬力(エンジンが最大トルク発生の準備をしている瞬間馬力)で10馬力UPです

そりゃ楽しいマシンに変貌いたします

先ずは有利に立つ

それは 更なるパワ−をエンジン自体で獲得するのが

本筋なのです


次回は 

【明日へのの速さを得るためのマシン造り・・・・▲僖-ウエイトレシオ】

になります


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ZEPHYR1100 エンジン・オーバーホール

★★ZEPHYR1100・THE・BRUSH・UP・ENGIN★★

http://cplus.if-n.biz/5002051/article/0333756.html ←Go!クリック

★★シ−ズンOFF到来 整備ご予約順次受付中で御座います★★

シ−ズンOFF間近です!マシンリフレッシュは如何?

長く相棒として戦ってくれてきた愛機に対しての御礼を この辺でとお考えの方々! 

エンジンオ−バ−ホ−ル・各部のメンテナンス・大きな改造等をご予定中の方!

現在ACYでは順次作業のご予約を受け付けさせて頂いております

ACYまでメ−ル→t-yoshino@acy-samurai.co.jp 若しくは 御電話→04-7174-0336 を下さい

クレジットも御用意させて頂いておりますので御気軽にお問い合わせ下さい

Posted at 2012年11月15日 23時39分59秒  /  コメント( 1 )

ウイスキー&ウォッカ


【ウイスキー&ウォッカ】

24時間マーケット(店)じゃ眠れない連中が

ニュースを話にやってくる

ニュースを聞きにやってくる

ダスティンホフマンみたいな英会話の先生は

ウイスキーを飲みながら ウイスキーを自慢してる

でっかい赤毛の野郎がウォッカを片手に入ってくると

話は暫く途切れちまった 話は暫くシラケちまった

そのうち2人は口(くち)ゲンカ

些細な事でつかみ合う

最後にゃドンパチ始まった 大慌て

レジの男はチャイニーズで 昔からの友達さ

何時もは静かなアイツも 何時もと顔色変えていた

ますます騒ぎは広まって 国中あげての睨みあい

アメリカ・ソ連に中国が

火を吹いた!

Posted at 2012年11月14日 20時17分40秒  /  コメント( 0 )

一括り


まぁ 何が欲しいかが問題でしょうか?

オ−トバイを乗る上で一番欲しいのは カッコ良さなのです

皆さん そうですよね?

カッコ良さが必要だと思います

自分自身の 超自惚れに浸りカッコイイな俺!や・・・

カッコイイっすね!と感じてもらいたい・・・など

子供の頃 『カッコいい』 ものが単純明快に好きであったわけで

それからオ-トバイに入ったのは事実でしょうし

自分のマシンをカッコよくしたい!

これが無ければ始まらないので! 

マルケジ−ニ 履いたら 『カッコいいぜ!それが何か?』的です。。。

先がありますので『カッコ良さ』はさておき・・・


速さを求める場合に何を欲しがるか?

パ−ツのチカラを借りて 速さを上げていく

逆は

己が速くなった事に対し不足する部分を補うためにパ−ツのチカラを欲しくなる

ハッキリと言えることは双方は絶対に交わる考えには無い

ということでしょう

しかし・・・双方が『速さを求める』という目的は一緒なので

いずれ ある領域に双方が到達した場合 折り合いはつくと思われますが・・・


問題は 

速さを求める者と そうでない者が

同じ快楽を得られるか?になると そうは簡単にはいきません

オ−トバイ乗りは決して『一括り』にはなれない

という現実がハッキリと有ります

それは自然なことでしょう

だって『自由』がオ-トバイにあるから 乗ると決めたと思われます


AC・YOSHINOのル−ツはサ−キットにあるのは事実です

18歳の頃 右も左も解らぬままスペンサ−を知ってしまい 

『なんてカッコいいんだ!』という憧れ一つで

レ−スを始めてしまいました 完全なアホです

憧れですから そうはなれるはずもなく・・・

でも憧れって大切に思うんですよ

オ-トバイの原点がサ−キットを走るというモノになったのですが

ストリ−トもまともに走れない状態でサ-キットですから

大馬鹿野郎なんです

そして HONDAといえばレ−スをする為に働く会社的なノリがありましたから

そりゃ ずっぽり嵌っていくわけです

仲間とツ−リングとなれば レ−スさながらでした

最高に楽しかった!・・・楽しいって中々難しいですよ!

それは 同じ価値観があったからですね 仲間の間に

連れそう場合には価値観はとても重要なファクタ−です


現在 商売をする中で様々なライダ−が居ると感じます

しかし ハッキリとしたスタンスを持つ方もいらっしゃるのは事実です

それが私たち(造り手)に解れば(伝われば)

ユ−ザ−は高い位置で満足を得てくださいます

俺はファッショナブルにオ−トバイと接したい

俺はカッチョ良いマシンを造りたい

俺はとにかく速く走れるマシンが欲しい

・・・といった具合に目的がシンプルで明確なものを持っていて

ブレがないのは素晴らしい事です


例えば・・・速くなりたいという目的に対して

ライディングを磨き上げることに専念するタイプのライダ−がいます

そのライダ−はマシンの限界点を自らの身体に使命を与え達成しようとします

そういったライダ−はパ−ツを交換する必要性が迫った時にのみ

グレ−ドを上げるべきパ−ツ交換をします

これは とてもストイックな考えですから大いに賛成いたします

もう一方は

ライディングを勉強する為には 先ずは安全を構築しようとします

それは情報をパ-ツのチカラで得て そうする事によって上手くなれると決断します

こちらも 吉野は大いに賛成です

商売抜きに考えても 大の大人ですからお金は持っていて当然です

そのお金を『自らが選んだ趣味に注ぎ込む』のですから

トヤカク言える筋合いなど 他の人はありません

そんな暇があったら 自分のことを考えた方が幸せになれます

しかし落とし穴は 

パ−ツ任せで走ってしまうと本来の基本動作が疎かになってしまいます

安全=無理が効いてしまう

という図式が成り立つので 

私としてはパ-ツを交換したならば感覚に頼り走らず

せっかく高い代価で手に入れるのですから考えて納得していきながら行く事に

価値を見出して頂きたいと思います

そこについては 真剣身があればACYはご協力いたします 

事実 ACY/OHLINS・ZEPHYR1100用・正立フォ−ク改は

そういった 安全=無理が効いてしまう という内容を基本に置いています

もっとライダ−に情報が入るようにモディファイを行い

誰もが 安全を感じやすく 速く走れる工夫を凝らした商品です

つるしのOHLINS・正立フォ-クを 

『これはとても良い』と正確に判断できるライダ−は

ほんの一握りだと思います

ある種ハイレベルでもあり ある種的外れ・・・という双方のとり方が出来るモノですから

この世に出回る部品の殆どが二面性を持っているんです

タ-ゲットがピンポイントの商品など売れない事をメ−カ−は知っていますから

平均点的なモノを造り ウケが良いものを造るのが 企業のやり方です

だから少量生産型のメ−カ−はとても良いモノを出してきます

WPに傾倒していく理由が 解らんでもないと気付いてください 

これが良いんです!を定番に位置づけている事を

なぜ?評論家まがいのうんちく詳しいライダ−達が

意見申さず進んでいるのかが不思議です

つるし状態でサスペンションを使う事自体 私は疑問があります

体重・マシンの仕様・地域・環境・・・全てイコ-ルなわけが無い!

なぜ?賢者の話もろくすっぽ聞かずの うんちく大好きなオ-トバイ乗り達が 

それに気付かないのかが不思議です

前後作動時間の管理はサスペンションにおいては重要です

それを右へ習えでは上手くいくはずがありません

右向け右 圧倒的カリスマと言われる人がたまたま良いと言っただけで

同じ人間ではないのに 何故?その仕様が良いと判断できるのか解らないです

怖さは 人によって様々なはずです

怖いと言える人は もの凄く勇気のある人です 私は尊敬いたします

右向け右 日本独特の風習から早く脱出していただかないと

またもや 可笑しな世界になります


道は違えど 

到達点が『速さ』と決めているライダ−には心から接していきたく思います

では?速さは何をもってして決まるのか?ですが

速さの尺度も様々です

あいつより速く 昨日より速く サ−キットでのタイム向上 色々です

大切なのは 自分自身との戦いでの速さにあると思うんです

あいつより速く・・・即ち相手がライバルという関係が成立していればOKですよね?

言動が気に入らないから あいつより速く・・・これもレ−ス界でもザラな話です

よくTVでライダ−やF1ドライバ−は言っていますよね

でも それは実力が近寄っているから成立しますよね?

トップランカ−が予選落ちする者に対しては言いませんよね

競技という中で 清い戦いの中でなら成立する『速さ』での言い回しです


オ−トバイは非常に精神的な部分が支配します

朝 家族と言い合いになってツ−リングに出向くと ろくな走りになりません

何か 不安な要素があると上手く乗れません

二輪という きわどい乗り物ですから。。。


多くの皆様が社会に貢献しながら仕事をして

別の世界を持つためにオ−トバイという『趣味』を選んでいると思います

それは生き甲斐という言葉で表現される時も多く有ります

結局 『乗りたいから乗る』 につきる訳です

その乗りたい中に 訳を求めたり 理由を掲げる必要は無いんですよね?

詰まるところ 気持ちよくなりたい訳です

究極の自己満足です

せんずりするのに理由もへったくれも御座いません


速さを求める者と そうでない者が

同じ快楽を得られるか?になると 簡単にはいきません

オ−トバイ乗りは決して一括りにはなれない

という現実がハッキリと有りますから・・・ならば!

『俺はこうだよ』を走りで表現していけば良いと思います

交わるなんて無理ですから

思うがままに 走りで表現するのが一番です

言葉少なに

そして その『まっとうな走りの表現者』を攻撃したり 責めたてたりは  

つまんない事になっていきます

良い所もあれば ダメなところもあるのが人間ですが

『表現』を精一杯する走りに対して トヤカク言うのは筋違いです

『正直な走りの表現ですから』

楽しさとは何か?を考えると非常に難しいんですがね・・・


要するに 『同じ狢』 に収まるように世の中は出来ているのでは?と思います

無理すること等一切ないんでしょう

同じ向きにいる・・・同じ走りが出来る 同じ感性で走れる

それが適えば言うことないんですから

それを大切にすれば良いのでは?とも思います


速さにも色々です

今日の自分より 明日の自分が速くなりたい

これで良いと思います

私もそうです・・・が・・・

あいつには負けたくないというライダ−が何人か居ます・・・

それは・・・『それが何か?』でお許しを。。。

速さを得るがために部品のチカラを借りたいなら それはまともな理由だと思います

部品のチカラを借りないでも速く走れる人は 努力を重ねたんです 時を重ねたんです

それが速い理由です

若しくは 天性の素質があり開花したのです

それぞれが 全く別の種類の考えを持つライダ−なのですから


一括りは 絶対に無理です

オ−トバイ乗りは

いいじゃないですか? 『趣味』 ですよ!

仕事じゃないんだから 好きにやれば良いと思います

好きなマシンに乗る 好きな走りをする 好きに走る

ル−ル以上に マナ−が保たれれば 

それでいいと思うんですよ

だいたい・・・面倒くさいことが嫌いだから

一人好き勝手に 一人自由に走れる 乗り物を選んだのですから!

チャリンコより 遠くへ行けるぜ! 最高だぜ!

200Km/h!!・・・空飛んじゃったらどうしよう?ってガキの頃思ったはずです

それが基本です

新幹線こだま号より速く走っちゃうかも? そんなオ-トバイが好きなだけです!

だから改造しちゃうんじゃないんですか?


逆を言えば 

周りがガタガタうるさくなったのなら

『上手くいったぜ!ざま〜みろ!』

って思えば楽になりますよ。。。




※ この記事に対しての文句は一切御受けいたしません 

従いまして 申し訳ありませんが 文句に対し返答しろなどのご意見は

スル―させて頂きます



Posted at 2012年11月12日 20時55分52秒  /  コメント( 0 )

マグラ製195ラジア...



NEW・アイテム

【マグラ製195ラジアルポンプ・マスタ−シリンダ−Set(ドイツ)】

ZEPHYR1100にも ネイキッド車にも ベストマッチングな外見です!

シンプルで無骨なデザインとドイツ製鍛造品という安全性がACYを刺激します! 

そしてブレ−キSW&ミラ−ホルダ−が標準装備になり この価格は魅力的です




¥35,000- (税込み・ACY販売価格)


★NISSIN製ラジアルマスタ−御使用の方へ!★

NISSIN製ラジアルマスタ−は 非常に無効ストロ−クが多¥いですよね?

所謂『遊び』ですが・・・時に それは危険ですし 

走りのリズムが取りにくく思えてなりませんし 握りしろが非常に少な過ぎます!

それよりも鍛造の世界一級品を安価にご提案いたします

こちらの商品をお買い求めいただく場合 お手持ちのNISSIN製ラジアルマスタ−を

¥5,000-で下取りさせて頂きます

ACY・NISSIN製ラジアルマスタ−下取り含み価格 ¥30,000- 税込み



【マグラ製195ラジアルポンプ・マスタ−シリンダ−Set 概要】

◆ピストンサイズは2種類御座います 価格は同一です◆

20mm  ・・・ Wディスクのロードバイクで固いタッチを好む方 

16mm  ・・・ Wディスクのロードバイクのほとんどにマッチングいたします 

◆オ−バ−ホ−ル用のパ−ツも充実準備できております◆

メンテナンス用ピストンキットなどのスモールパーツもご安心下さい


シリンダーボディー・レバーなどの主要パーツは高品質鍛造アルミ品

世界一厳しい安全基準であるドイツのTUV規格に合格していますので

厳格な品質管理のもとで製造される優れた商品になります

ドイツ・マグラ社が開発したラジアルポンプ式ブレーキマスターシリンダーは

BMW・KTMの標準装備でも知られる産業大国ドイツの逸品です

195ラジアルポンプはシリンダー部に傾きをもたせることにより

ラジアルポンプとしては非常にコンパクトなデザインとなり

ステアリング周りのレイアウトの自由度を大きく保ちながら

ラジアルポンプならではの優れたブレーキコントロール性能を併せ持ちます

ブレーキマスターシリンダーはブレーキライトスイッチが標準装着され

ACY・Kitはリザ−バ−タンクを標準装備いたします(本来はオプション品)

Brembo製品全盛の中 SW&タンク付きでこの値段です!

そしてクイックリリ−ス仕様の レ−シングモ−ド満点の商品になります

★ クラッチマスタ−も準備中です ご期待下さい! ★


AC・YOSHINO・SMR (有限会社オ−トサイクル・ヨシノ)
●代表取締役 吉野富三郎
国家2級ガソリンエンジン整備士資格保有
国家2級ジーゼルエンジン整備士資格保有
HONDA2輪1級サービスエンジニア資格保有

●テクニカルスタッフ 内田健太
国家2輪3級整備士資格保有者

本物の国家資格整備士が御客様方々の愛するマシンを調律いたします
MORIWAKI・ENG テクニカルサポ−トSHOP
Hiding Power & Pure The SPEED 
AC-YOSHINO-SMR  JAPANESE・STANDARD・侍

Posted at 2012年11月10日 18時54分00秒  /  コメント( 0 )

AC・YOSHINO/...



【AC・YOSHINO・is・CB750/RC42】

The CB750/RC42 Of the shadow Specialist 

The CB750/RC42 Specialization & Concentration
(特化&集中)


 

AC・YOSHINOは 

かつてMORIWAKI・ENG様がレースで使用してきたエンジンの中で

水冷エンジン全盛の中 空冷エンジンで全日本チャンピオンを獲得したCBX750F

その同系列エンジン搭載の HONDA・CB750(RC42) が得意で御座います

『空冷』という意味でも 

ACYとしては 魅力を感じるマシンでもあります

HONDA・CB750(RC42)というマシンも 根強いファンが多く感じます

ACYは このマシンにも 特化した内容をご提供させて頂きます



この系統のエンジンはHONDA時代に多く作業を行いました

その経験を活かし 本当に必要とされるACYならば 

オ−ナ−様に対し熱いホンダ魂でお応えしていく次第で御座います

そして

ある種 弱点でもある フロントフォ−クとリヤサス

こちらを改善する商材も御用意しております

ACY/OHLINSフォ−クスプリングKitをはじめ



フォロントフォ−ク内部の油圧ダンパ−を

カ−トリッジ化にも成功しております



これによって 伸び側減衰力を調整できます

御購入希望の方は お早めにご連絡下さい 数に限りが御座います

そして

ノ−マルのリヤショックは 何故か??路面追従能力に乏しいですよね?腰高感もある・・・

WP4014SPIN ACY-Spl こちらを選択頂ければ世界はひっくり返ります

OHLINS製 リヤショックも勿論御用意できております



足回りをもっとカッチリ・しなやかに仕上げたい!

となれば こちら!



ACY/OVERレ−シング Splスイングア−ム

これらを組み合わせれば 最強のCB750/RC42 の完成になり

ワインディングも 最高に気持ちよく・安全に楽しめます



そして とどめは

ACY・侍リミテッド・チタンサイレンサ−&Nojima製スパイラルEX

この組み合わせは とても上品でパワフルこの上ないパワ−を獲得いたします

知る人ぞ知る 日本最強の CB750/RC42 を製作するのは

AC・YOSHINO・SMR で御座います




The person that ACY remodels CB750/RC42
We create only one ACY CB750/RC42 for each customer


The CB750/RC42 Of the shadow Specialist   
AC・YOSHINO・SMR


Posted at 2012年11月09日 00時02分35秒  /  コメント( 0 )

Specialization&Conce...


【AC・YOSHINO・is・ZEPHYR1100】



The ZEPHYR1100 Specialization & Concentration
(特化&集中)

ZEPHYR1100は 心から好きなオートバイです

自らも所有しています

このZEPHYR1100に こだわりを持ち 

チュ−ニングにおいては ZEPHYR1100に特化集中して行きたく考えました

今夏 吉野の家族の病気(両親ともガンとなりました)もあり

今後の業務に対して 永く深く真剣に考えました

この先 逆算した人生の中で 

現在の世の中をじっくり見てみると 

Z系がほぼクラッシクバイクとなった今

昔からZ系に絞込み得意とされて来たSHOP様に Z系のオーナー様は作業を持ち込みます

いずれZEPHYR1100も クラッシクになります

その時に ZEPHYR1100オーナーは 

『ZEPHYR1100に絞り込んだSHOP』 に向かうはずです

吉野自身も そろそろ年齢を考えれば

ZEPHYR1100に絞り込んでも良い時期になったと感じています

HONDA・CB750(RC42)は裏メニュ−的に御受けいたします ご安心下さい



The person that ACY remodels ZEPHYR1100
We create only one ACY ZEPHYR1100 for each customer


The ZEPHYR Specialist   
AC・YOSHINO・SMR


Posted at 2012年11月08日 22時09分41秒  /  コメント( 1 )

T・O・T/AC-YOSHINO・T...


【T・O・T/AC-YOSHINO・The・samurai・Attack】

The racing mode #8&#16



先ず最初に 今回お手伝いを頂きました 

TEAM・AC・YOSHINO・SMR のスタッフの方々

貴重な御時間を頂き お手伝いくださいました事

本当にありがとう御座いました 心から御礼申し上げます


当日パドックまで足を運んでくださいました 皆様へ

本当に嬉しい気持ちで一杯です

本当にありがとう御座いました


メ−ルやお電話で応援くださいました皆様

その応援を背に受け無事レ−スは怪我もなく終える事が出来ました

本当にありがとう御座いました


テクニカルサポ−トを頂戴いたしました

鈴鹿山崎ポ−ティング様 MORIWAKI・ENG様 WPサスペンション様

TSR様 リアルト様 HOTMAN様 Hiroko様

ブレイク様 MOTUL様 アドバンテ−ジ様 ブリヂストンMC様

皆様のおかげでレ−スを終えられました ありがとう御座いました


そして

AC・YOHINOの名で走ってくださいました

松本氏 相川氏

本当にありがとう御座いました

とても感謝いたしております

数多くの実践デ−タも採取できました

これら収穫した内容は ACYを訪れ頂くお客様に還元できます

お二人のおかげで御座います

実践で得たデ−タは 次への大きなステップになります

吉野自身 多くの反省点も御座います

次回 それらを克服し挑みたく思います

テクニカルサポ−トを頂いています皆様には 貴重な助言も頂きました

TEAMスタッフの皆様にも 多くの前向きの感じた事をお伺いできました

全て宝物です


次回 TEAMをはじめ 皆様が

ワクワクしてたまらないようなレ−スをしたく思っています


この度は ありがとう御座いました


次回への キーワードは

走りの本質を見極め

本物の走るマシンを造り

技術を更に磨き上げ 感性を更に磨き上げます

ご期待下さい

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

enjoy from the heart

The ZEPHYR Specialist   
AC・YOSHINO・SMR


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-





Posted at 2012年11月07日 19時21分10秒  /  コメント( 0 )

ACY・STYLE・...



【 ACY STYLE OF HONDA CB750・RC42 】



THIS ACY COMPLETE CB750

ACY BLACK-OUT・SPECIAL

THE Racing Beauty CB
 







ENGIN
★ACY/FCR33-DSF-BlackOut・Spl
★MEISTER3000AX

WHEEL
★marchesini M7RS
★BS BT016

Fr SUSPENTION
★ACY Tune Stock41mm rebound・ADJ-SHOWA & ACY OHLINS fork spring 
★ACY Titan-coating Inner & ACY BlackOut Outer

Rr SUSPENTION
★ WP4014 ACY-Spl & ACY/OVER・Racing swingarm

Breake
★Brembo GP Racing Kit Master・cylinder Set
★NISSIN 4Pot Front Brake・caliper Set
★ACY/TOKIKO 2Pot Rr Brake・caliper Set Ridid Mount
★FREN-TUBO Carbon・Brake・Line

EX
★ACY 侍Limited Titan Silencer Type-1B




Fight in this enough

ACY/OVER swingarm is an item with hope

WP4014/ACY/Spl is makes a grab at a road surface

The person that ACY remodels CB750

We create only one ACY CB750 for each customer




I sharpen all aluminum and the soup stock part is Black-Out !!

The machine which was made by a purpose to run!!

Power of the surging wave for a black take under cover of darkness!!




Impressive Perfomance

marcesini & Bridgestone

thank you




Posted at 2012年11月06日 12時31分19秒  /  コメント( 1 )

ほくそ笑む

とかく・・・世の中は目を奪われる造詣や派手さに

翻弄されます

でも・・・違う輩様も まだまだ多いのが嬉しく感じます

ス−ツの裏に隠された刺繍にほくそ笑むように

パッと見 ノ−マル然としたマシンでも

よく見れば見るほど手が入っていることが伺えるマシン

走り出せば ハッキリと『音の違い』が露出する

ライダ−はメットの中で『ニヤッ』と頷く

自分自身が そんなマシンが好きですから

自然と『輪』はそうなるのかもしれません

松本氏率いる 吉野組のマシン達は皆がそういった感じです

今回の 筑波T・O・Tでも それは表されます

ACY・ZEPHYR1100レ−サ−は

現在 ストレ−トでも起こるホイ−ルスピンに悩まされています

パッと見ノ−マルのマシンが

ホイ−ルスピンしちゃうなんて・・・かっこ良すぎませんか?

不利を承知のBSタイヤで奮闘しています

応援宜しく御願い致します



This is the machine which anyone can step on extremely commonly
And it is specifications I am really stimulating,
and to be able to enjoy from the heart


熱い!ZEPHYR1100乗りに届け!
The ZEPHYR Specialist   
AC・YOSHINO・SMR

Posted at 2012年11月03日 22時19分25秒  /  コメント( 0 )

前へ |  1  2  3  4  | 次へ